セキセイインコが頭をこすりつける3つの理由

セキセイインコが、止まり木や飼い主さんの指などに頭をこすりつける行動は、日常的によく見られる仕草です。この仕草には、いくつかの理由があります。

ある時期だけ頻繁に頭をこりつけることが、鳥類特有の理由で関係している場合もあります。

Sponsored Links

セキセイインコが頭をこすりつける理由

1. 羽根のお手入れのため

セキセイインコが頭をこすりつける理由については、痒いから頭をこすりつけて掻いていると解説している書物やネットの情報を目にしますが、必ずしも痒みがあることが理由で頭をこすりつけているわけではありません。

勿論、本当に痒みがあって頭をこすりつけていることもありますが、セキセイインコが頭をこすりつける本来の目的は、羽根のお手入れをして清潔に保つためです。いわゆる「羽づくろい」の習性です。

セキセイインコはクチバシを上手に使って、翼や背中、尾羽、胸など、体中を丁寧に羽づくろいしていきます。しかし、頭部だけはクチバシを使って羽づくろいすることができないので、止まり木などに頭をこすりつけて羽づくろいしているわけです。中には器用な子もいて、自分の翼に頭をこすりつけて羽づくろいをするセキセイインコもいます。

Sponsored Links

相性の良いインコ同士で羽づくろいをする

セキセイインコ,頭をこすりつける,理由 画像3複数のセキセイインコを飼育していると、相性の良いセキセイインコ同士で羽づくろいすることがあります。この場合は羽づくろいが、愛情表現やコミュニケーションの1つになっています。

しかし、力関係が同じくらいのインコ同士であれば、お互いに交換で羽づくろいし合いますが、複数で生活していると、どうしても気の弱いインコが自分よりも上位のインコに羽づくろいさせられるということが多くです。

そして、自分は羽づくろいしてもらえないことが理由で、気の弱い下位のインコは、自分で止まり木などに頭をこすりつけて済ませるということがあります。

飼い主さんの指にインコが頭をこすりつける理由

セキセイインコが、飼い主さんの指に自分の頭をこすりつけるのも、頭部の羽づくろいのためと言えます。時には飼い主さんの肩に止まったセキセイインコが、飼い主さんの首に自分の頭をこすりつけることもあります。

ただし、インコ同士の羽づくろいはコミュニケーションの意味もあるので、飼い主さんの指に頭をこすりつける時にも、セキセイインコが飼い主さんに甘えたい、かまってほしいという気持ちを表しているとも考えられます。

中にはセキセイインコの方から頭を下げて「撫でてよ」と言わんばかりに近づいてくることもあります。頭部から脊髄の周辺には神経が集中しているため、おそらく撫でられると気持ちが良いはずです。

Sponsored Links

2. 羽づくろいで気持ちを落ち着かせる

セキセイインコ,頭をこすりつける,理由 画像4セキセイインコが自分で羽づくろいをする時はリラックスしていたり、いつもの習慣を行うことで自分の気持ちを落ち着かせる意味ですることもあります。

たとえば、突然大きな音を聞いた直後に緊張をほぐすために羽づくろいをすることがあります。ですから、あまりにも頻繁に、止まり木に頭をこすりつけて羽づくろいをする場合は、セキセイインコが飼育環境でストレスに感じていることがないか、改めて確認する必要があります。

また、セキセイインコが頭をこすりつける本来の理由は、羽根のお手入れをするためなので、頬や後頭部、頭頂部など、頭部全体をこすりつけて羽づくろいするはずです。もし目の周辺だけなど、いつも部分的にこすりづけて終わってしまうようでしたら、その他に何らかの原因があるかもしれないので、心配な場合は獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

3. 換羽期は頻繁に頭をこすりつけることがある

セキセイインコには、定期的に羽根が生え換わる「換羽期」が訪れます。この時期には、羽根がむず痒くなるので、いつもよりも頻繁に頭をこすりつけることがあります。

セキセイインコの換羽期は、雛の換羽期は生後3ヶ月頃から、成鳥の換羽期は冬以外の季節に1年に1回あり、換羽期の期間は1~数ヵ月ほど続きます。ただし、換羽期の時期や期間の長さは個体差があり、飼育しているセキセイインコによって大きく異なることがあります。飼育環境や年齢によっても違います。

換羽期は、体内の栄養や体力をいつもより消費する時期なので、セキセイインコがイライラして怒りっぽくなったり、体調を崩しやすい期間でもあります。換羽期の栄養補給には、鳥類専用のビタミンが市販されているので利用してみると良いでしょう。

換羽期の栄養補給

パピエシー ネクトンBIO 35g NEKTON-BIO

Sponsored Links

おすすめの記事

セキセイインコとオカメインコの違い!一緒に同じケージで飼育していいの?

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?

シラサギとアオサギの違い!田んぼのサギは渡り鳥?

フクロモモンガのケージはアクリルがおすすめ!ヒーターでの保温方法を紹介!

文鳥の鳴き声の意味「キューキュー・ヒューヒュー・クルクル・ポポポ・キュッキュッ」種類別に紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

インコ 小鳥
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール