インコが背中に顔をうずめる!後ろ向いて寝る理由とは?

今回は、インコが背中に顔をうずめる理由について紹介します。インコのこの仕草は、昼よりも夜に見掛けることが多く、そのまま後ろ向いて寝ることがほとんどです。

Sponsored Links

インコが背中に顔をうずめる!後ろ向いて寝る理由とは?

インコの寝る姿勢

インコ,背中に顔をうずめる,後ろ向いて寝る,理由,画像1インコが背中に顔をうずめた状態で、そのまま後ろ向いて寝ることがあります。実はこの姿勢がインコが落ち着く寝姿です。

一見、無理な体勢のように見えますが、インコの首の骨は人間の首の骨よりも多いので、後ろ向いて寝る姿勢は辛くはないのです。人間など、ほとんどの哺乳類の頸椎(首の骨)の数は7個ですが、インコは12~13個(インコの種類によって異なる)もあるので、背中に顔をうずめることも簡単なのです。

昼間にインコが目を閉じて、ウトウトと居眠りをしている時は、後ろを向いて寝ることはあまりありません。個体よっては、昼間でも後ろ向きで寝る子はいますが、基本的には、インコは夜に熟睡する時に背中に顔をうずめる姿勢になることが多いです。

睡眠中のインコは、後ろを向いたり前を向く姿勢になったりと、まるで寝返りをうつように姿勢を変えながら寝ます。ですから、インコが後ろ向いて寝る理由は、それが基本の寝る姿勢だからというわけです。

Sponsored Links

インコは寒い時に背中に顔をうずめる

インコ,背中に顔をうずめる,後ろ向いて寝る,理由,画像2インコは、嘴と足に羽毛が無いので、寒い時はこの部分を羽毛の中にうずめる仕草をします。

インコが寒い時は、羽を膨らませて内部に暖かい空気を溜め込みます。そして、後ろを向いて背中に顔をうずめたり、足を折り畳んでできるだけ羽毛の中に入るようにしたりします。

ですから、昼間にインコがこのような姿勢を見せる時は、温度が正常であるかを確認する必要があります。インコが寒い場合は、背中に顔をうずめると同時に、羽を膨らませます。

Sponsored Links

寒さ以外に考えられる理由もあります。インコがウトウトと昼寝をすることはあっても、基本的には、インコが昼間に熟睡することはほとんどありません。にもかかわらず、インコが後ろを向いて熟睡する姿勢をとっている場合は、体調不良の可能性も考えられます。

特に羽の生え変わりの時期(換羽期)は、多くのエネルギーを消耗するので、ヘトヘトに疲れ切って昼間も後ろを向いた姿勢で寝ることがあります。

換羽期の疲労であれば一時的なものですが、その他の理由で体調不良が心配な場合は、専門の獣医さんに相談してみると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

インコのケージカバー!夏の夜はどうする?

コザクラインコとセキセイインコの相性や性格の違い

ハムスターが後ろ足で立つ理由!威嚇のポーズはどんな仕草?

犬のしつけはいつから?(トイレ・無駄吠え・噛み癖・散歩)やってはいけないしつけ方とは?

猫が蛇口から水を飲む理由と蛇口を舐める対策!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

インコ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール