文鳥の放鳥時間は?戻らない時のケージの戻し方を紹介!

今回は、文鳥の放鳥時間の目安や、放鳥終了後にケージに戻らない文鳥の戻し方などを紹介します。

放鳥時間やケージの戻し方は、基本的には、文鳥の性格と飼い主さんの生活リズムに合ったものを選ぶことが大切です。いろいろ試してみて、文鳥と飼い主さんの負担にならない方法を探っていきましょう。

Sponsored Links

文鳥の放鳥時間

放鳥時間の目安・・・15分~1時間程度

文鳥,放鳥,時間,戻らない,戻し方,画像1文鳥の放鳥時間は、毎日同じ時間帯に同じ時間だけ放鳥させてあげれば、たとえ朝夕15分ずつでも満足してくれます。

ただし、今まで1時間放鳥していたのに、急に放鳥時間を15分に減らすと、文鳥に負担がかかります。重要なことは、放鳥時間を毎日同じ時間にすることです。

文鳥は朝の時間帯で活発になるので、できれば朝に放鳥をしてあげると良いです。そして、飼い主さんが仕事から帰ってきた夕方にも放鳥してあげると良いでしょう。

放鳥時間の目安は、15分~1時間程度です。放鳥中は、文鳥に危険がないように、飼い主さんは常に見守ってあげる必要があります。放鳥時間があまりに長過ぎて、文鳥から目を離した隙に危険にさらしてしまうことがないように注意しましょう。

朝と夕方の放鳥時間が同じではなくても大丈夫です。朝は仕事に行く準備で忙しいという飼い主さんは、朝の放鳥時間を15分程度にして、仕事から帰った夕方の放鳥時間は1時間程度するという方法でも良いでしょう。

放鳥時間の大切なことは、同じサイクルで毎日繰り返すということです。

Sponsored Links

文鳥がケージに戻らない時の戻し方

文鳥,放鳥,時間,戻らない,戻し方,画像2放鳥時に文鳥がケージに戻らないことは、多くの飼い主さんを悩ませる問題です。

文鳥がケージに戻ってくれない原因は個体差がありますが、大抵の原因は、放鳥が楽しくて退屈なケージに戻りたくないということではないでしょうか。

文鳥の戻し方は、「おやつで誘う」「オモチャで誘う」「縄張り意識を利用する」「ケージの置き場所を変える」などがあります。いろいろ試してみて、文鳥に合った戻し方を繰り返し行うと良いでしょう。

「おやつで誘う」

普段から食べている餌ではなく、ケージから戻った時だけに与えるおやつを準備して、文鳥をケージに誘い込むと、おやつにつられて文鳥が戻ってくれることがあります。

文鳥は粟穂が好きな子が多くです。その他にも小松菜などの野菜や、果物を少しだけおやつ代わりに使うと良いでしょう。

放鳥時は、ケージの外で餌を与えてはいけません。ケージの中だけで文鳥に餌を与えることで、ケージ内は食事をする場所だと認識するようになります。すると、お腹が空いたら自然にケージに戻るようになります。

「オモチャで誘う」

文鳥は音が鳴るオモチャを好みます。鈴などが付いたオモチャをケージ内に入れておいて、放鳥終了時に鈴を鳴らします。

すると、その音が気になる文鳥は、ケージ内に様子を見に来るので、文鳥がケージに入ってくれます。

「縄張り意識を利用する」

文鳥は縄張り意識が強い鳥です。ケージ内にある餌や寝床を荒らされると、放っておけません。

飼い主さんが指先でケージ内の餌を触ったり、寝床を触ったりすると、縄張りを荒らされたと勘違いした文鳥は、ケージ内に帰ってきます。

Sponsored Links

「ケージの置き場所を変える」

文鳥がケージに戻らない原因の1つとして、ケージの置き場所が気に入らないということがあります。

文鳥は周りを見渡せる高い場所を好みます。ケージを置いてる場所が低すぎると、居心地が悪いので戻らないことがあります。

放鳥時に文鳥が気に入っている高い場所にケージを置いてあげると、意外と簡単にケージに戻ってくれることがあります。

「最終手段」

どうしても文鳥がケージに戻ってくれない場合は、厚手の手袋やタオルなどで文鳥を優しく捕まえてケージに戻す方法があります。

ただし、この方法はあくまで最終手段なので、できればやらないで済むようにしないといけません。毎回、手で捕まえてケージに戻していると、文鳥が飼い主さんの手を嫌いになってしまう恐れがあるので注意しましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

文鳥が嘴を擦る!カチカチと鳴らす!オスとメスの嘴音で育む愛情表現とは?

文鳥の多頭飼いのケージは?同居できても複数のケージを準備!

フトアゴヒゲトカゲの臭いの原因と対策

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

猫が外を眺めるのが好きな理由

文鳥

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

Sponsored Links

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール