ハムスターが後ろ足で立つ理由!威嚇のポーズはどんな仕草?

ハムスターは、4足歩行から急に後ろ足で立つことがあります。今回は、ハムスターがこの仕草をする理由について紹介します。時には、ハムスターが後ろ足で立つ仕草が威嚇のポーズということもあるので、状況から気持ちを読み取ってあげることが大切です。

Sponsored Links

ハムスターが後ろ足で立つ理由

ハムスターは、何かに意識を集中している時に後ろ足で立つ仕草を見せます。それが、警戒する相手に見せる威嚇のポーズであったり、遠くの物音を真剣に聞いていたり、または、単に頭上に気になる対象が近づいているなどが理由として考えられます。

威嚇のポーズ

ハムスターは、相手を威嚇する時に後ろ足で立つことがあります。立つことで自分の体を大きくみせているのです。

それと同時に、口を開けて歯を剥き出しにして、「ギー」「ジー」といった威嚇を意味する鳴き声を出します。

Sponsored Links

ハムスターが威嚇のポーズは、ハムスター同士の喧嘩の際に見せることもありますが、基本的には、恐怖心から自己防衛のために行うことが多いです。

たとえば、お迎えしたばかりの人見知りハムスターは、ケージ内に手を入れただけで、仁王立ちになって「ギー」「ジー」と鳴いて威嚇する子もいます。

ハムスターの鳴き声の意味については、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」
ハムスターの鳴き声は「キュッキュッ・キュー・ギー」など、飼い主さんに何かを要求するように鳴くことが多いです。その他にも鼻息で「プスプス・プププ」と音を出すこともあれば、歯ぎしりで「クックッ・ククク」と音を立てることもあります。今回は、ハムス...

周辺の音を聞いている

ハムスター,後ろ足で立つ,理由,威嚇,ポーズ,仕草,画像1ハムスターは、優れた聴覚と嗅覚で周辺の状態を常に探っています。ハムスターの聴覚は、人間の約4倍の音域を聞き取れと言われ、嗅覚は人間の約40倍と言われています。(臭いを感知する嗅細胞の数が人間の約40倍)

ハムスターが後ろ足で立つ時は、周辺の音に耳を傾けて集中していることがあります。後ろ足で立ったまま鳴きもせずに、じっとしてる時は、人間には聞き取れない音域の物音を真剣に聞いているのかもしれません。

ハムスターは、特に高音を嫌う傾向があります。ハムスターが嫌がる音についての記事はこちらです。

ハムスターが嫌がる音と嫌いな匂い
今回は、ハムスターが嫌がる音と嫌いな匂いについて紹介します。ハムスターは優れた聴覚と嗅覚をもち、これらを使って常に周辺の様子を伺っています。ハムスターの聴覚と嗅覚は人間と比べて遥かに優れているため、人間にとっては問題のない音や匂いでも、ハム...

Sponsored Links

頭上に興味の対象がある

ハムスター,後ろ足で立つ,理由,威嚇,ポーズ,仕草,画像2ハムスターが後ろ足で立つ仕草が、単に頭上に興味の対象があることが理由になっている場合もあります。

たとえば、ケージの掃除をしようと、飼い主さんがケージの上から手を入れた時や、おやつを上の方から与えた時などに、ハムスターが一時的に立つことがあります。

この仕草は威嚇のポーズとは違って、興味の対象が上から近づいているので、一時的に後ろ足で立っているだけです。威嚇のポーズを見せる時には必ず威嚇を意味する「ギー」「ジー」という鳴き声や、歯を剥き出しにする仕草を伴います。

ハムスターは、基本的に頭上から何かが近づいてくることを嫌います。これは、ハムスターの天敵である猛禽類が頭上から狙ってくるのを思わせるからだと言われています。ですから、ハムスターが飼い主さんに慣れるまでは、できるだけ頭上からは触らないようにしてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターにミルワームはいつから?頻度と適量は?代わりの動物性タンパク質も紹介!

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

インコのケージカバー!夏の夜はどうする?

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が頭や体をこすりつける理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール