ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

ハムスターが急に動かなくなる理由については、様々なことが考えられますが、主な理由は「警戒」「恐怖」「満腹」の3つが挙げられます。今回はハムスターの体が突然固まる理由について紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

周囲を警戒して集中している

ハムスター-急に動かなくなる-突然固まる-理由-画像1ハムスターは周囲を警戒している時に、急に動かなくなることがあります。たとえば、聞き慣れない音を聞いたり、知らない臭いを嗅いだりした時に、体はじっと動かずに、耳や鼻などに意識を集中していることがあります。

この時は、体はフリーズ状態で突然固まるけど、鼻はピクピク動いている状態です。人間でも耳を澄まして音を聞いている時や、臭いを嗅ぐことに集中している時は、体が止まっていることが多いです。

ハムスターの場合も同じで、音や臭いなどで周囲の情報を集めようと集中しています。この場合は、後ろ足で立って耳を澄ますような姿勢で急に動かなくなることがあります。

Sponsored Links

恐怖で思考が停止している

ハムスターが何かを怖がって、体が突然固まる時があります。脳に過剰なストレスがかかることによって思考が停止し、急に動かなくなるのです。恐怖で立ちすくんでいる状態なので、鼻がピクピク動くこともありません。

突然大きな音を聞いてビックリしたハムスターがそのままフリーズ状態になったり、食事に夢中なハムスターから食べ物を取り上がると、急に思考が停止して動かなくなることがあります。この場合、その原因が飼い主さんの行動であることが多いので、ハムスターが突然固まることがないように配慮してあげることが大切です。

ハムスターのお腹は大切な臓器が詰まっている重要な部分です。この弱点とも言うべき腹部を守るために、体を低くして腹這いになった姿勢のまま急に動かなくなることがあります。時には、あまりに突然の出来事で警戒姿勢にもなれずに、後ろ足で立ったまま突然固まることもあります。

ハムスターは周囲への警戒や恐怖が理由でフリーズ状態になることがありますが、体を動かさずにじっとしている状態は、天敵から身を隠す意味でもあります。自然界ではハムスターの天敵である鷹などの猛禽類が空から狙っています。

そんな時に小さな体のハムスターがじっと動かずにいることで捕食されるリスクが軽減されます。ハムスターの毛の色は土や石などと見分けがつきにくい保護色になっているので、急に動かなくなることが自然に隠れることでもあるのです。

Sponsored Links

食べ過ぎて動けない

ハムスター-急に動かなくなる-突然固まる-理由-画像2ハムスターは、食べ物があればあるほど、必要以上にたくさん食べてしまうことがあります。食欲旺盛で次から次へと食べ物を口の中に詰め込んでしまうことがあるので、ちょっと目を離すとお腹がパンパンに膨れるほど食べ過ぎてしまうことがあります。

食べ物を食べることも、食べ物を消化吸収することも、非常に体力を消耗するので、ハムスターが食べ物を食べ過ぎてしまった後にぐったりと動けなくなっていることがあります。

特にヒマワリの種などの種子類は、脂質を多く含んでいるので、消化吸収に時間がかかるため、食べ過ぎることが理由でハムスターが急に動かなくなることがあります。

ヒマワリの種などの種子類はハムスターの大好物なので、ついつい与える量が多くなりがちですが、食べ過ぎると肥満の原因になるので注意が必要です。種子類はおやつ程度に控え目に与えて、主食はハムスター専用のペレットを適量与えるようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」

フクロモモンガのケージはアクリルがおすすめ!ヒーターでの保温方法を紹介!

ウサギが急に走る突然暴れる理由

犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

猫が肩に乗る理由・猫が背中に乗ってくるのは訳がある

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール