ウサギの換毛期が来ない!毛が抜けない理由とは?

季節の変わり目には、ウサギの毛がごっそり大量に抜け落ちる「換毛期」が訪れます。ところが、ウサギによっては換毛期が来ないということもあります。今回の記事では、季節の変わり目になっても思ったほど毛が抜けない理由について紹介します。

Sponsored Links

ウサギの換毛期とは

ウサギ-換毛期-ない-毛が抜けない-理由-画像3ウサギの換毛期とは、暑い夏と寒い冬の季節を乗り切るために、その温度変化に適した毛に抜け替わる時期のことを言います。季節に最適な毛の密度や毛の長さに抜け替わります。

この時期は、まるで夏服と冬服を衣替えするように、ごっそりと毛が抜けるので、いつものブラッシングで抜けている毛の量とは明らかに違います。

ウサギの換毛期は、夏になる前と冬になる前の年に2回ごそっと大量の毛が抜ける時期があり、その他に小さな抜け替わりの時期が2回あると言われいます。

Sponsored Links

ウサギの換毛期が来ない・毛が抜けない理由

ウサギの毛の抜け替わりのタイミングは、温度変化と関係していると言われています。ペットとして飼育されているウサギは、エアコンなどによる温度管理によって、通年温度変化があまりありません。

日頃から快適な温度で過ごせていることが理由で、中には換毛期らしく大量に毛が抜けないウサギもいるのです。ですからはっきりと分かる換毛期が来ないウサギもいます。しかし、今年はウサギの換毛期が来ないからといって、来年も毛が抜けないとは限りません。

すでに述べてしますが、ウサギの換毛期は温度変化と密接に関係しています。同じウサギであっても、ずっと換毛期が来ないとは限らないのです。また、換毛期が来るタイミングや毛の抜け方、換毛の期間の長さなどは個体差があります。ウサギの飼育環境や個体差によって換毛期の抜け方は異なります。

Sponsored Links

ウサギの換毛のメカニズム

ウサギ-換毛期-ない-毛が抜けない-理由-画像2ウサギの毛は、肌に近い位置に生えている短い毛の「アンダーコート」と、表面の毛の色を表す長い毛の「ガードヘア」の二層構造になっています。

アンダーコートの密度が高いと、毛の流れに逆らって撫でると、ゆっくっりと毛が元に戻る「ロールバック」という毛質になります。ロールバックは、ネザーランドドワーフやホーランドロップに見られる毛質です。それとは逆にアンダーコートの毛が薄く、毛並みが変化しやすい毛質のことを「フライバック」と言い、イングリッシュロップなどがこの毛質です。

どちらの毛質であっても、換毛期にはアンダーコートとガードヘアの両方が抜け替わります。これは短毛種のウサギでも長毛種のウサギでも、換毛のメカニズムは同じです。ウサギの毛の抜け方は、ウサギの種類よりも個体差による違いが大きいです。ですから、定期的にグルーミングをしてあげることで、ウサギの毛が抜ける量や抜ける時期などを把握しておくと良いでしょう。

グルーミングの時は、まず、地肌に近い毛であるアンダーコートをスリッカーブラシを使って取り除いていきます。次に表面の毛のガードヘアをラバーブラシで絡め取ります。ブラッシングの際には、空気中に舞うウサギの毛を集めるための集毛器を使うと良いでしょう。ウサギの糞が抜け毛で繋がっていたら、ウサギの口の中に抜け毛が入っている証拠です。それを軽減するために集毛器が有効です。この集毛器はケージに取り付けることもできますし、グルーミングの時に取り外して使うこともできます。

ジェックス ラビんぐ エアグルーム 集毛機

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギの鳴き声の種類と意味「ブウブウ・キュウキュウ・キーキー・プップッ」

ウサギがカーペットを掘る・かじる理由!前足バタバタでストレス解消グッズを紹介!

ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

犬が鼻をつけてくる理由

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール