ウサギを撫でるとぺたんこに伏せる・歯ぎしりする!撫でると頭を上げる時は?

今回は、ウサギの撫で方について紹介します。ウサギは撫でられることが大好きな子が多く、ウサギを撫でると体がぺたんこになるまで伏せる子や、気持ち良過ぎて歯ぎしりする子や、やがては、体が伸びたそのままの姿勢で寝る子もいます。

時には、ウサギが頭を上げることで気持ちを伝えようとすることもあるので、その仕草の意味についても確認していきましょう。

Sponsored Links

ウサギを撫でると喜ぶ場所

ウサギ,撫でる,ぺたんこ,伏せる,歯ぎしり,撫でると頭を上げる,画像2ウサギを撫でると喜ぶ場所は、ウサギのおでこから背中かけと、頬から首元にかけてです。

飼い主さんの手のひらを使って、ウサギのおでこから背中にかけて、優しくゆっくりと撫でてあげると、ウサギが目を細めて気持ち良さそうな表情を見せます。

または、飼い主さんの指先を使って、ウサギの頬や首の側面を、軽く掻くように触れても喜びます。

これらの体の部分は、ウサギが自分で毛づくろいできない場所です。ですから、信頼できる相手に触ってもらえると喜ぶ傾向があります。ウサギを多頭飼いしている場合は、ウサギ同士で毛づくろいすることもあります。そのような場合は、ウサギのおでこや頬、首元などを中心に毛づくろいします。

そのため、飼い主さんがウサギに毛づくろいをしてあげるつもりで、おでこから背中にかけてと、頬から首元を優しく撫でてあげましょう。特に首の側面は、ウサギが自分では毛づくろいできないので、毛玉ができやすい場所でもあります。ですから、飼い主さんがウサギを撫でてあげながら、指先で毛玉をほぐしてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

ウサギを撫でるとぺたんこに伏せる・歯ぎしりする!

ウサギ,撫でる,ぺたんこ,伏せる,歯ぎしり,撫でると頭を上げる,画像1ウサギのおでこから背中にかけて優しく撫でていると、ウサギは体をぺたんこにして伏せることあります。この状態はウサギが気持ち良いと感じれる証拠です。リラックスしたウサギは歯ぎしりをしたり、そのままの姿勢で寝る子もいます。

まずは、ウサギを撫でるとぺたんこに伏せるような、優しいタッチの撫で方を心掛けると良いでしょう。ただし、ウサギを撫でて良いタイミングと悪いタイミングがあります。

ウサギをお迎えしたばかりの頃は、ウサギに触れるよりも新しい環境に慣れさせることが最優先です。この時期は無闇に触るのではなく、餌やりや掃除などの最低限のお世話だけして、そっと見守るようにしましょう。

ウサギをお迎えしてから1週間ほど経つと、新しい環境に少しずつ慣れてケージの外に興味を示すようになります。そのような状態になったら、部屋んぽ(ウサギをケージから出して室内で散歩をさせること)をさせて、ウサギの方から飼い主さんに近づいてくるのを待ちます。

ウサギが飼い主さんに興味を示した時が撫でて良いタイミングです。おやつを与えながら撫でてあげると良いでしょう。

Sponsored Links

ウサギを撫でると頭を上げる時は?

ウサギを撫でると頭を下げてぺたんこに伏せる仕草は、ウサギが気持ち良い時ですが、それとは反対に、ウサギを撫でると頭を上げることもあります。

この場合は、状況によってウサギが喜んでいる時もあれば、嫌がっている時もあるのです。

撫でられることに慣れてきたウサギは、自ら飼い主さんの手に頭を押し付けて、撫でて言わんばかりにアピールをしてくることがあります。このように場面で、ウサギが頭を上げる時は、もっと撫でてほしいと要求しているので、ウサギが喜んでいる時です。

しかし、時には、ウサギは頭で撫でている手を押しのけて嫌がる時もあります。しつこく撫でているとウサギが嫌がったり、食事中や毛づくろい中などにウサギを撫でてしまうと、嫌がって頭を上げることもあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ウサギの足の裏が黄色い!洗いたい時は?

ウサギが足の周りをくるくる回る3つの理由

レオパのベビーの餌の量と頻度!食べない時は?

犬の困った行動は放置も叱るのもNG!

猫がトイレ以外で尿をする6つの原因と対策

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ウサギ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール