レオパのベビーの餌の量と頻度!食べない時は?

今回は、ベビー期のレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)に与える餌の量と頻度について紹介します。

レオパのベビー期はいつからいつまでなのかは、明確に決められていませんが、大抵は生後4ヶ月までをベビー期と言うことが多いです。

この時期のレオパは、まだまだ未熟な体をしているので、餌を食べないと心配になるものです。そんな時の対応についても解説していきます。

Sponsored Links

ベビー期のレオパに与える餌の量

レオパ,ベビー,餌の量,頻度,食べない,画像1ベビー期のレオパは育ち盛りなので、食べれば食べただけ大きく成長していきます。ですから、1回に与える餌の量はレオパが食べられるだけ与えるのが基本です。

ベビー期のレオパに与える餌は、生餌のコオロギやデュビアが一般的ですが、子供の頃のレオパは口が小さいので、Sサイズの生餌を与えるようにしましょう。大きいコオロギを与えてしまうと、コオロギの足がレオパの目に入って傷付けてしまうことがあるので注意しましょう。

ベビー期のレオパには、食べられるだけ餌を与えると言っても、せいぜい食べられる餌の量は、Sサイズのコオロギまたはデュビアが3~5匹程度です。

レオパが食べる餌の量は、非常に個体差があり、生餌5匹以上食べる大食漢の子もいれば、生餌3匹だけでお腹いっぱいの子もいます。レオパが餌を食べる様子を見ながら、その子にとっての適量を見極めることが大切です。

Sponsored Links

ベビー期のレオパに与える餌の頻度

ベビー期のレオパに与える餌の頻度は、2日に1回が基本です。頻繁に食べない子であれば3日に1回でも大丈夫です。

レオパが1度に食べられるだけの生餌を、2、3日に1回の頻度で与えることが一般的です。

レオパは尻尾に栄養を溜め込むことができるので、数日餌を食べないことがあっても生きていける体の仕組みになっています。レオパの尻尾には、成長で使わなかった余分な栄養が蓄積されて太い尻尾になっていきます。

育ち盛りのベビー期であっても、健康な個体であれば2週間食べなくても生きられると言われています。成体のレオパは成長に栄養を使うことが少ないので、健康な個体であれば1ヶ月間食べなくても生きていけると言われています。

ただし、これは野生下のレオパが食べ物が無くてもすばらくは生きられるという話で、ペットのレオパは適切な餌の頻度を守ることが大切です。

Sponsored Links

ベビー期のレオパが餌を食べない時は?

レオパ,ベビー,餌の量,頻度,食べない,画像2すでに述べていますが、健康なレオパであれば、数日餌を食べないことがあっても生きていけるので、そこまで心配する必要はないように思えます。ただし、育ち盛りのベビーが1週間も餌を食べない場合は、身体的に何らかの問題がある可能性も考えられるので、専門医に相談してみると良いでしょう。

ここでは、健康な個体が餌を食べない時に考えられる原因について紹介します。

まず、初めに言えることは、ベビー期のレオパは非常に警戒心が強いので、ピンセットから生餌を食べてくれないということがよくあります。

そもそも、ペットショップでは、たくさんのレオパを飼育しているので、1匹ずつピンセットで生餌を与えるのではなく、置き餌で与えているケースが多いです。

ペットショップで売られているレオパは生後2ヶ月くらいの子が多く、それまで一度もピンセットから餌を貰っていない場合は、まずはお迎えしてから新しい飼育環境やピンセットによる餌やりに慣らしてあげることが大切です。どうしても食べない場合は、置き餌でも良いと思います。ペットショップではどのような方法で餌を与えていたのかを事前に聞いておくと良いでしょう。

ベビー期のレオパが餌を食べない時のその他の原因としては、与えている餌がレオパの好みではないということも考えられます。

たとえば、ペットショップでレオパにコオロギの生餌を与えていた場合は、冷凍コオロギを与えても食べないことがあります。またはデュビアを与えても餌だと認識できないこともあります。ペットショップで人工餌を与えたことがないレオパに、いきなり人工餌を与えても食べてくれないことが多いです。

やはり、レオパを購入する前に、ペットショップの店員さんから与える餌について聞いておくことが重要です。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパのウェットシェルターの必要性!湿度を保つことが重要!

レオパが床材を掘る3つの理由

フクロモモンガの臭い対策!消臭は環境と食事を改善!

犬が食事中に吠える・怒る・唸る理由は?食べ過ぎてぐったり苦しそう

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール