フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策!おすすめはソイルとクルミサンド!

フトアゴヒゲトカゲの飼育において、様々な素材の床材が使われることがありますが、どのような床材を使用したとしても最も注意すべきは床材の誤飲対策です。今回は、フトアゴヒゲトカゲの誤飲対策としておすすめの床材の「ソイル」と「クルミサンド」を紹介します。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの床材は誤飲対策が必要

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲの飼育はキッチンベーバーやペットシーツを使うことが多いですが、成体になったフトアゴヒゲトカゲにはソイルやチップ、サンドなどの床材を使用するのが一般的です。

これらの床材は、キッチンペーパーと比べて保湿や消臭効果が期待できる一方で、誤飲の危険性がどうしても拭えないところがあります。

ですから、フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策は、万が一床材を食べることがあっても心配の少ない素材を選ぶことが重要です。

たとえば、鉱物を砕いたサンド(砂)の床材を誤飲してしまった場合は、体内に砂が溜まるわけですから危険性は高まります。また、ハスクチップ(ヤシの実を砕いたもの)の床材は、粒が大きいため誤飲すると体内に詰まらせてしまう恐れがあります。

Sponsored Links

餌やりの時に床材を誤飲することが多い

フトアゴヒゲトカゲが床材を誤飲してしまうのは餌やりの時に多いです。たとえば、ピンセットで生餌を与えようとしたら生餌が逃げて、フトアゴヒゲトカゲが床材と一緒に生餌を飲み込んでしまうことがあります。

また、水洗いした野菜を与える時に、濡れた野菜に床材がくっついて、そのまま一緒にフトアゴヒゲトカゲが食べてしまうことがあります。洗った野菜はしっかりと水気を取ってから与えるようにしましょう。

このようなことから、フトアゴヒゲトカゲの床材は、万が一誤飲しても心配が少ない「ソイル(土を粒状に固めたもの)」と「クルミサンド(クルミの殻を細かく砕いたもの)」がおすすめです。そのおすすめする理由を1つひとつ述べていきます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの床材に「ソイル」をおすすめする理由

ソイルは、土を高圧で固めて粒状にした床材です。固められた粒が崩れると元の細かい土に戻ります。ですから、万が一フトアゴヒゲトカゲが誤飲したとしても、体内で粒が崩れてそのまま排泄できれば心配は少ないです。

ただし、ソイルを大量に食べてしまった場合は危険性が高まるので、ベビー期やヤング期のフトアゴヒゲトカゲには使用しない方が無難です。

ソイルの最大のメリットは消臭効果です。土にはバクテリアが付着しているので、フトアゴヒゲトカゲの糞尿から出る嫌な臭い成分を分解してくれます。バクテリアが足りない場合は、バクテリアが含まれたスプレーを床材に吹きかけて増やすこともできます。

床材にソイル使うと、フトアゴヒゲトカゲが糞尿をした部分を取り除くだけで済むので掃除が簡単です。ソイルのように暗い色の床材を使うと、フトアゴヒゲトカゲの色がくすんで見えてしまうという意見もあるようですが、ケージ内に土を敷き詰めているのでとても自然な雰囲気になり見栄えが良いです。

爬虫類専用のソイル

ジェックス エキゾテラ デザートソイル 2kg 爬虫類飼育用ソイル


バクテリアスプレー

H・H・J(ハッピー・ホリディ・ジャパン)ニューネイチャーランド用 バクテリア補充液 小動物用スプレー 500cc

フトアゴヒゲトカゲの床材に「クルミサンド」をおすすめする理由

クルミサンドは、クルミの殻を細かく砕いたものです。クルミは天然素材なので、万が一フトアゴヒゲトカゲが床材を誤飲してしまったとしても心配が少ないです。ただし、天然の植物素材だとしても大量に誤飲してしまうことがあれば危険性が高まります。

クルミサンドをベビー期やヤング期のフトアゴヒゲトカゲの床材として使わないことは勿論ですが、成体のフトアゴヒゲトカゲに使うとしても、できるだけ粒の細かいクルミサンドを選んだ方が、誤飲した時に体内に詰まりにくいです。クルミの殻を原料にした床材は各メーカーでいろいろな商品が販売されていますが、ここでは比較的粒の細かいクルミサンドをおすすめしておきます。

ソイル(土)に比べるとクルミサンド(クルミの殻)は消臭効果は劣りますが、保湿性はそれほど差がありません。そもそもフトアゴヒゲトカゲを飼育する環境はライトやヒーターによって温められているので、床材に霧吹きをしてもすぐに乾いてしまいます。特に空気が乾燥する冬場は、ソイルでもクルミサンドでもこまめに霧吹きする必要があります。

比較的粒の細かいクルミサンド

カミハタ デザートブレンドクラシック 4.4kg

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲが腕を回す・頭を上下に振る意味

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

ロシアリクガメの温度/湿度管理

ハムスターが寝床を変える!寝床で寝ないで狭いところで寝る理由

シマリスの餌の量は?野生のシマリスがどんぐり以外で食べるものは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール