フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策!おすすめはソイルとクルミサンド!

フトアゴヒゲトカゲの飼育において、様々な素材の床材が使われることがありますが、どのような床材を使用したとしても最も注意すべきは床材の誤飲対策です。今回は、フトアゴヒゲトカゲの誤飲対策としておすすめの床材の「ソイル」と「クルミサンド」を紹介します。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの床材は誤飲対策が必要

ベビー期のフトアゴヒゲトカゲの飼育はキッチンベーバーやペットシーツを使うことが多いですが、成体になったフトアゴヒゲトカゲにはソイルやチップ、サンドなどの床材を使用するのが一般的です。

これらの床材は、キッチンペーパーと比べて保湿や消臭効果が期待できる一方で、誤飲の危険性がどうしても拭えないところがあります。

ですから、フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策は、万が一床材を食べることがあっても心配の少ない素材を選ぶことが重要です。

たとえば、鉱物を砕いたサンド(砂)の床材を誤飲してしまった場合は、体内に砂が溜まるわけですから危険性は高まります。また、ハスクチップ(ヤシの実を砕いたもの)の床材は、粒が大きいため誤飲すると体内に詰まらせてしまう恐れがあります。

Sponsored Links

餌やりの時に床材を誤飲することが多い

フトアゴヒゲトカゲが床材を誤飲してしまうのは餌やりの時に多いです。たとえば、ピンセットで生餌を与えようとしたら生餌が逃げて、フトアゴヒゲトカゲが床材と一緒に生餌を飲み込んでしまうことがあります。

また、水洗いした野菜を与える時に、濡れた野菜に床材がくっついて、そのまま一緒にフトアゴヒゲトカゲが食べてしまうことがあります。洗った野菜はしっかりと水気を取ってから与えるようにしましょう。

このようなことから、フトアゴヒゲトカゲの床材は、万が一誤飲しても心配が少ない「ソイル(土を粒状に固めたもの)」と「クルミサンド(クルミの殻を細かく砕いたもの)」がおすすめです。そのおすすめする理由を1つひとつ述べていきます。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの床材に「ソイル」をおすすめする理由

ソイルは、土を高圧で固めて粒状にした床材です。固められた粒が崩れると元の細かい土に戻ります。ですから、万が一フトアゴヒゲトカゲが誤飲したとしても、体内で粒が崩れてそのまま排泄できれば心配は少ないです。

ただし、ソイルを大量に食べてしまった場合は危険性が高まるので、ベビー期やヤング期のフトアゴヒゲトカゲには使用しない方が無難です。

ソイルの最大のメリットは消臭効果です。土にはバクテリアが付着しているので、フトアゴヒゲトカゲの糞尿から出る嫌な臭い成分を分解してくれます。バクテリアが足りない場合は、バクテリアが含まれたスプレーを床材に吹きかけて増やすこともできます。

床材にソイル使うと、フトアゴヒゲトカゲが糞尿をした部分を取り除くだけで済むので掃除が簡単です。ソイルのように暗い色の床材を使うと、フトアゴヒゲトカゲの色がくすんで見えてしまうという意見もあるようですが、ケージ内に土を敷き詰めているのでとても自然な雰囲気になり見栄えが良いです。

爬虫類専用のソイル

created by Rinker
ジェックス
¥604 (2022/09/25 20:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

バクテリアスプレー

created by Rinker
H・H・J (ハッピー・ホリデイ・ジャパン)
¥1,449 (2022/09/25 20:50:56時点 Amazon調べ-詳細)

フトアゴヒゲトカゲの床材に「クルミサンド」をおすすめする理由

クルミサンドは、クルミの殻を細かく砕いたものです。クルミは天然素材なので、万が一フトアゴヒゲトカゲが床材を誤飲してしまったとしても心配が少ないです。ただし、天然の植物素材だとしても大量に誤飲してしまうことがあれば危険性が高まります。

クルミサンドをベビー期やヤング期のフトアゴヒゲトカゲの床材として使わないことは勿論ですが、成体のフトアゴヒゲトカゲに使うとしても、できるだけ粒の細かいクルミサンドを選んだ方が、誤飲した時に体内に詰まりにくいです。クルミの殻を原料にした床材は各メーカーでいろいろな商品が販売されていますが、ここでは比較的粒の細かいクルミサンドをおすすめしておきます。

ソイル(土)に比べるとクルミサンド(クルミの殻)は消臭効果は劣りますが、保湿性はそれほど差がありません。そもそもフトアゴヒゲトカゲを飼育する環境はライトやヒーターによって温められているので、床材に霧吹きをしてもすぐに乾いてしまいます。特に空気が乾燥する冬場は、ソイルでもクルミサンドでもこまめに霧吹きする必要があります。

比較的粒の細かいクルミサンド

created by Rinker
カミハタ
¥1,268 (2022/09/25 00:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲが腕を回す・頭を上下に振る意味

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

ロシアリクガメの温度/湿度管理

ハムスターが寝床を変える!寝床で寝ないで狭いところで寝る理由

シマリスの餌の量は?野生のシマリスがどんぐり以外で食べるものは?

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類

癒しのアニマルグッズ

心も体も癒される動物の抱き枕

もちもちな優しい触り心地で、まるでペットを飼っているような可愛さと安心感が得られる抱き枕です。最高の肌触りと柔らかな使い心地で心も体も癒されます。

抱き枕の大きさは、Mサイズ(全長約53㎝)とLサイズ(全長約70㎝)の2種類があります。シロクマやプードル、ミケネコなど、30種類以上の動物の抱き枕があるので、お好みのものを選ぶことができます。

プニプニした触り心地の猫型加湿器

この商品は、プニプニ触感のシリコン素材で出来た猫型加湿器です。寝室によく合う暖色系のランプ機能が搭載されているので、ベッドサイドランプとしても使用できます。

この加湿器は、空焚き防止機能が搭載されており、水が不足すると自動的に電源オフになるので安心です。お好きなアロマオイル(別売り)をタンクに垂らして、癒しのひとときを堪能してみてはいかがでしょうか。

可愛い動物親子のティーセット

この商品は、ティーポットが動物の親のデザインで、ティーカップが動物の子供のデザインになっているティーセットです。

たとえば、カエルの親子をモチーフにした食器は、ティーポットがカエルで、ティーカップがオタマジャクシになっています。その他にも、ゾウやニワトリ、シマエナガなどの、可愛い動物の親子をモチーフにしたデザインがあります。

おすすめのフトアゴヒゲトカゲ用品

給餌用ピンセットはカーブタイプを選ぶ

created by Rinker
スドー
¥1,394 (2022/09/25 18:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

フトアゴヒゲトカゲに餌を与える際の必須アイテムと言えばピンセットですが、一口にピンセットと言っても、形や素材の異なる様々な商品があります。

給餌用ピンセットを選ぶポイントは「安全性」と「摘まみやすさ」です。トカゲは餌に向かって勢いよくかぶりついてくるので、誤ってピンセットの先端がトカゲの目に入ってしまうことがあります。それを防ぐために、給餌用ピンセットはカーブタイプを使用して、先端をトカゲに向けないように給餌するようにしましょう。

ピンセットの素材は、金属製、竹製、プラスチック製などがあり、ピンセットは硬い素材ほど細かいものを摘まみやすい傾向があります。安全性を考えると柔らかい素材の方が良いのですが、摘まみにくくては給餌作業が大変です。ここでは、細かいものでも摘まみやすい金属製で、カーブタイプのピンセットをおすすめします。

紫外線ライトはUVBが重要

爬虫類飼育に使用する紫外線ライトは、光の波長によって「UVA」と「UVB」の2種類があります。

UVAは爬虫類の脱皮や食欲を促す作用があると言われ、UVBは体内でビタミンD3の合成を促す作用があり、ビタミンD3はカルシウムの吸収に関与するため骨格を形成するために重要です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育においては、骨格の形成に関与するUVBの照射時間が大切で、1日12時間は浴びることができる環境を作るようにしましょう。自然光に近い光を設置するためにはUVAも併用すると良いでしょう。

昼行性爬虫類にはカルシウム+ビタミンD3

フトアゴヒゲトカゲは、昼間に活発に活動する昼行性爬虫類です。昼行性爬虫類は、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3の要求量が高いと考えられているため、カルシウムだけではなくビタミンD3も含まれたサプリメントを与えると良いでしょう。

この商品はパウダー状になっているので、フードや野菜に振りかけて与えることができます。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール