クレステッドゲッコーとレオパの飼育の違い

爬虫類飼育者たちの間で最も人気のあるヤモリと言えばレオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)ですが、近年人気が高まっているヤモリの1つとしてクレステッドゲッコーが挙げられます。今回は、クレステッドゲッコーとレオパの飼育の違いについて紹介します。

Sponsored Links

クレステッドゲッコーとレオパの飼育の違い

クレステッドゲッコーは樹上性ヤモリ

クレステッドゲッコー,レオパ,飼育,違い,画像1

左:クレステッドゲッコー 右:レオパードゲッコー

クレステッドゲッコーは、樹木や壁面などにくっついて移動できる樹上性ヤモリです。レオパもヤモリの仲間ですが、壁面を移動することはできません。レオパのヒョウモントカゲモドキという和名からも分かるように、トカゲモドキはトカゲのように地面で生活するヤモリです。

このようにクレステッドゲッコーとレオパは、生活環境が違うヤモリなので、使用するケージやレイアウトもが大きく異なります。

レオパは横長のケージを使用することが多いですが、上下運動の多いクレステッドゲッコーは、グラステラリウム3045など縦長のケージを使用のが一般的です。

グラステラリウム3045

レオパは狭い場所を好む傾向があるので、小さなケージでも飼育可能ですが、クレステッドゲッコーを狭いケージで飼育すると、フロッピーテールになることがあるので、ある程度の広さのあるケージで育てる必要があります。

フロッピーテールとは、クレステッドゲッコーが頭を下向きの状態で、壁面に長時間貼り付いていることで、逆さまに垂れ下がった尻尾の付け根が変形することを言います。

クレステッドゲッコーのケージ内のレイアウトは、上下運動を促すために、流木やコルクなどを立てかけて配置したり、ケージ内で小型の観葉植物を置いたりすることがあります。

Sponsored Links

クレステッドゲッコーの切れた尻尾は再生しない

レオパも尻尾を自切してしまうことはありますが、レオパの場合は再生します。ただし、元の形には戻りにくく、カブのような形の尻尾になることが多いです。

クレステッドゲッコーの場合は、自切してしまった尻尾は再生しません。切れた尻尾の傷口が塞がった状態になるだけです。

これは個人的な意見ですが、クレステッドゲッコーとレオパでは、どちらが尻尾を切りやすいかと言いと、圧倒的にクレステッドゲッコーの方が多いように思えます。

クレステッドゲッコーの尻尾の自切は飼い始めの頃に多く、まだ飼育環境に慣れていない時にしつこく干渉するなど、何らかの刺激を与えることで、クレステッドゲッコーが暴れだして尻尾を切ってしまうことがあります。

Sponsored Links

クレステッドゲッコーとレオパの食性の違い

クレステッドゲッコー,レオパ,飼育,違い,画像2レオパは、昆虫食が中心の肉食性ですが、クレステッドゲッコーは昆虫食に加えて果実や花の蜜などを食べる雑食性のヤモリです。

どちらのヤモリも専用の人工餌が販売されているので、人工餌を中心に与えて、必要に応じてコオロギなどの生餌で育てます。

クレステッドゲッコーとレオパは食性が違いますが、餌を与える頻度も異なります。クレステッドゲッコーの幼体は毎日、成体は1~2日に1回の頻度で給餌します。

レオパの餌やりは、幼体は2日に1回、成体は2~3日に1回の頻度で与えます。レオパは尻尾に栄養を蓄える習性があるので、成体のレオパは水分補給さえできれば、何も食べなくても数ヶ月も生きられると言われています。

クレステッドゲッコー専用フード

created by Rinker
レパシー (REPASHY)
¥2,618 (2022/08/10 12:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

クレステッドゲッコーはどこにでも排泄する

クレステッドゲッコーは壁面を歩くことができるので、レオパよりも行動範囲が広い分、排泄する場所も広範囲になります。

レオパは飼育環境に慣れてくると、決まった場所に排泄する傾向がありますが、クレステッドゲッコーはケージの壁面や床材など、どこでも排泄するので掃除が大変です。

特に、クレステッドゲッコーはケージの壁面でおしっこをするので、頻繁に拭き掃除をする必要があるというのが、レオパの飼育との違いになります。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパは壁を登るの?ヤモリとの違いは?

レオパのウェットシェルターの必要性!湿度を保つことが重要!

ウサギの給水器の高さと位置は?ボトルよりお皿タイプがおすすめ!

犬の上下関係!自分が上位だと勘違いした犬は?

猫が冷蔵庫の上・炊飯器の上に乗る理由と対策!キーボードに乗るのは?

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】シニア犬のためのドッグフード

ピッコロドッグフード』は、活動量が減り必要カロリーが減ってくるシニア犬のためのカロリー・脂質控えめなドッグフードです。(355kcal/100gあたり、脂質15.00%)

もともとワンちゃんは、肉食傾向の強い雑食性の動物なので、穀物の消化が苦手です。過剰に摂取するとワンちゃんの負担になるので、この商品はグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードになっています。(※食物繊維源は、体に優しいサツマイモやエンドウ豆を使用。)

さらには、グルコサミン・MSM・コンドロイチンなど、加齢とともに必要になる体に優しい成分も配合しています。シニア犬の食事を見直したい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。>>>シニア犬も驚く美味しさ!『ピッコロドッグフード』

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール