フトアゴヒゲトカゲの日光浴の時間と頻度は?夏と冬はどうする?

今回は、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させる時の目安となる時間と頻度について紹介します。特に温度変化が激しい夏と冬の時期は注意が必要です。フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時の注意点についても合わせて確認していきましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの日光浴の必要性

フトアゴヒゲトカゲに限らず、多くの動物は太陽光の紫外線を適度に浴びることで、体内でビタミンDを生成しています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、骨の形成に欠かせない成分と言えます。この仕組みは人間も同じです。

そのため、フトアゴヒゲトカゲの飼育において、ケージ内に紫外線灯を設置することは必要不可欠です。紫外線灯よりも太陽光の方がたくさんの紫外線を浴びることができるので、定期的にフトアゴヒゲトカゲを日光浴させてあげましょう。

ただし、注意しておきたいのが、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させる場合です。フトアゴヒゲトカゲにとって適した温度と湿度があるので、夏や冬など極端に温湿度の変化がある季節に日光浴をさせる場合は注意が必要です。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時間と頻度

時間の目安:1日15~30分程度
頻度の目安:週に1回程度
※ケージ外の気温がフトアゴヒゲトカゲの適温(20~35℃)である時に限る。

フトアゴヒゲトカゲは変温動物なので、体温が低い時は日光浴をして体を温め、体温が高い時は日陰に移動して体を冷やします。フトアゴヒゲトカゲにとって日光浴をすることは、紫外線によるビタミンDを生成すること以前に体温調整する役割があるわけです。

ですから、フトアゴヒゲトカゲに適した日光浴の時間は何時間とはっきり言うことは難しいですが、それでも明確に言えることは、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して長時間日光浴させることは様々なリスクがあるので、程良く行うことが大切だということです。

すでに述べていますが、紫外線を浴びることよるビタミンDの生成は人間も同じです。変温動物のフトアゴヒゲトカゲと比較するのは的外れかもしれませんが、人間に適した日光浴の時間は1日15分程度で、週に3回の頻度が目安となっています。体温調整ではなくビタミンDの生成を目的にするのであれば、この程度で十分ということなのです。

これらのことから考えると、フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時間と頻度の目安は、1日15~30分程度(日光浴中に飼い主さんが見守る手間も考慮して)、週に1回の頻度(飼い主さんが昼間は働いていることを考慮して)が目安と言えます。

Sponsored Links

夏と冬の日光浴に要注意

フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させるのは、ケージ外の気温がフトアゴヒゲトカゲの適温(20~35℃)である時に限ります。

真夏の猛暑日には気温が40℃近くまで上昇することがあるので、フトアゴヒゲトカゲが日陰に移動できない状態で、長い時間日光浴をさせることは良くありません。ケージ内のホットスポットの適温は35℃前後です。

フトアゴヒゲトカゲは体温が上昇してくると、口を開けて体温調節する仕草を見せることがあります。また、暑すぎる場合は移動しようとします。このような仕草をフトアゴヒゲトカゲが見せる場合は、目安の15分を待たずに、短い時間で日光浴を終了させた方が無難です。

秋から冬にかけては気温が17℃ほどになることもあるので、フトアゴヒゲトカゲとっては寒すぎます。通常はケージ内の日中の温度は26~32℃程度に保つことが基本なので、この時期はケージから出して日光浴することは難しいです。

フトアゴヒゲトカゲに適した気温だったとしても、長時間の日光浴は様々なリスクがあります。たとえば、ケージから出したフトアゴヒゲトカゲをベランダで日光浴させる場合は、目を離した隙にカラスに狙われたり、脱走する可能性も考えられます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策!おすすめはソイルとクルミサンド!

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

ネオンテトラと相性のいい魚!ベタと混泳はできるの?

レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール