フトアゴヒゲトカゲの日光浴の時間と頻度は?夏と冬はどうする?

今回は、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させる時の目安となる時間と頻度について紹介します。特に温度変化が激しい夏と冬の時期は注意が必要です。フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時の注意点についても合わせて確認していきましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの日光浴の必要性

フトアゴヒゲトカゲに限らず、多くの動物は太陽光の紫外線を適度に浴びることで、体内でビタミンDを生成しています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、骨の形成に欠かせない成分と言えます。この仕組みは人間も同じです。

そのため、フトアゴヒゲトカゲの飼育において、ケージ内に紫外線灯を設置することは必要不可欠です。紫外線灯よりも太陽光の方がたくさんの紫外線を浴びることができるので、定期的にフトアゴヒゲトカゲを日光浴させてあげましょう。

ただし、注意しておきたいのが、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させる場合です。フトアゴヒゲトカゲにとって適した温度と湿度があるので、夏や冬など極端に温湿度の変化がある季節に日光浴をさせる場合は注意が必要です。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時間と頻度

時間の目安:1日15~30分程度
頻度の目安:週に1回程度
※ケージ外の気温がフトアゴヒゲトカゲの適温(20~35℃)である時に限る。

フトアゴヒゲトカゲは変温動物なので、体温が低い時は日光浴をして体を温め、体温が高い時は日陰に移動して体を冷やします。フトアゴヒゲトカゲにとって日光浴をすることは、紫外線によるビタミンDを生成すること以前に体温調整する役割があるわけです。

ですから、フトアゴヒゲトカゲに適した日光浴の時間は何時間とはっきり言うことは難しいですが、それでも明確に言えることは、フトアゴヒゲトカゲをケージから出して長時間日光浴させることは様々なリスクがあるので、程良く行うことが大切だということです。

すでに述べていますが、紫外線を浴びることよるビタミンDの生成は人間も同じです。変温動物のフトアゴヒゲトカゲと比較するのは的外れかもしれませんが、人間に適した日光浴の時間は1日15分程度で、週に3回の頻度が目安となっています。体温調整ではなくビタミンDの生成を目的にするのであれば、この程度で十分ということなのです。

これらのことから考えると、フトアゴヒゲトカゲを日光浴させる時間と頻度の目安は、1日15~30分程度(日光浴中に飼い主さんが見守る手間も考慮して)、週に1回の頻度(飼い主さんが昼間は働いていることを考慮して)が目安と言えます。

Sponsored Links

夏と冬の日光浴に要注意

フトアゴヒゲトカゲをケージから出して日光浴させるのは、ケージ外の気温がフトアゴヒゲトカゲの適温(20~35℃)である時に限ります。

真夏の猛暑日には気温が40℃近くまで上昇することがあるので、フトアゴヒゲトカゲが日陰に移動できない状態で、長い時間日光浴をさせることは良くありません。ケージ内のホットスポットの適温は35℃前後です。

フトアゴヒゲトカゲは体温が上昇してくると、口を開けて体温調節する仕草を見せることがあります。また、暑すぎる場合は移動しようとします。このような仕草をフトアゴヒゲトカゲが見せる場合は、目安の15分を待たずに、短い時間で日光浴を終了させた方が無難です。

秋から冬にかけては気温が17℃ほどになることもあるので、フトアゴヒゲトカゲとっては寒すぎます。通常はケージ内の日中の温度は26~32℃程度に保つことが基本なので、この時期はケージから出して日光浴することは難しいです。

フトアゴヒゲトカゲに適した気温だったとしても、長時間の日光浴は様々なリスクがあります。たとえば、ケージから出したフトアゴヒゲトカゲをベランダで日光浴させる場合は、目を離した隙にカラスに狙われたり、脱走する可能性も考えられます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの床材の誤飲対策!おすすめはソイルとクルミサンド!

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

ネオンテトラと相性のいい魚!ベタと混泳はできるの?

レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類

癒しのアニマルグッズ

心も体も癒される動物の抱き枕

もちもちな優しい触り心地で、まるでペットを飼っているような可愛さと安心感が得られる抱き枕です。最高の肌触りと柔らかな使い心地で心も体も癒されます。

抱き枕の大きさは、Mサイズ(全長約53㎝)とLサイズ(全長約70㎝)の2種類があります。シロクマやプードル、ミケネコなど、30種類以上の動物の抱き枕があるので、お好みのものを選ぶことができます。

プニプニした触り心地の猫型加湿器

この商品は、プニプニ触感のシリコン素材で出来た猫型加湿器です。寝室によく合う暖色系のランプ機能が搭載されているので、ベッドサイドランプとしても使用できます。

この加湿器は、空焚き防止機能が搭載されており、水が不足すると自動的に電源オフになるので安心です。お好きなアロマオイル(別売り)をタンクに垂らして、癒しのひとときを堪能してみてはいかがでしょうか。

可愛い動物親子のティーセット

この商品は、ティーポットが動物の親のデザインで、ティーカップが動物の子供のデザインになっているティーセットです。

たとえば、カエルの親子をモチーフにした食器は、ティーポットがカエルで、ティーカップがオタマジャクシになっています。その他にも、ゾウやニワトリ、シマエナガなどの、可愛い動物の親子をモチーフにしたデザインがあります。

おすすめのフトアゴヒゲトカゲ用品

給餌用ピンセットはカーブタイプを選ぶ

created by Rinker
スドー
¥1,394 (2022/10/01 19:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

フトアゴヒゲトカゲに餌を与える際の必須アイテムと言えばピンセットですが、一口にピンセットと言っても、形や素材の異なる様々な商品があります。

給餌用ピンセットを選ぶポイントは「安全性」と「摘まみやすさ」です。トカゲは餌に向かって勢いよくかぶりついてくるので、誤ってピンセットの先端がトカゲの目に入ってしまうことがあります。それを防ぐために、給餌用ピンセットはカーブタイプを使用して、先端をトカゲに向けないように給餌するようにしましょう。

ピンセットの素材は、金属製、竹製、プラスチック製などがあり、ピンセットは硬い素材ほど細かいものを摘まみやすい傾向があります。安全性を考えると柔らかい素材の方が良いのですが、摘まみにくくては給餌作業が大変です。ここでは、細かいものでも摘まみやすい金属製で、カーブタイプのピンセットをおすすめします。

紫外線ライトはUVBが重要

爬虫類飼育に使用する紫外線ライトは、光の波長によって「UVA」と「UVB」の2種類があります。

UVAは爬虫類の脱皮や食欲を促す作用があると言われ、UVBは体内でビタミンD3の合成を促す作用があり、ビタミンD3はカルシウムの吸収に関与するため骨格を形成するために重要です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育においては、骨格の形成に関与するUVBの照射時間が大切で、1日12時間は浴びることができる環境を作るようにしましょう。自然光に近い光を設置するためにはUVAも併用すると良いでしょう。

昼行性爬虫類にはカルシウム+ビタミンD3

フトアゴヒゲトカゲは、昼間に活発に活動する昼行性爬虫類です。昼行性爬虫類は、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3の要求量が高いと考えられているため、カルシウムだけではなくビタミンD3も含まれたサプリメントを与えると良いでしょう。

この商品はパウダー状になっているので、フードや野菜に振りかけて与えることができます。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール