リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

今回は、初心者におすすめのリクガメを3種類紹介します。リクガメは種類よって大きく成長するものや、温湿度の管理が難しいものもあります。まずは、初心者が飼育しやいリクガメ選びのポイントから確認していきましょう。

Sponsored Links

初心者が飼育しやいリクガメ選びのポイント

あまり大きくならないリクガメを選ぶ

リクガメのなかに成長すると60~70cmにもなる体の大きな種類がいます。子供のリクガメを飼い始めて、最初のうちは片手に乗るくらい小さかったリクガメも、どんどん大きくなって、手に余るようになっていきます。

こうなると、広い飼育環境が必要となり、リクガメを飼育する専用の部屋や、広い庭が必要になるので大変です。初心者は、ケージで飼育できるサイズのリクガメを選ぶと良いでしょう。

Sponsored Links

比較的安価なリクガメを選ぶ

初めてリクガメを飼育する場合は、リクガメの生態や飼育方法についての知識が浅い状態で育てることになるので、うまくいかずに長く育てられないということが起こりやすいです。そのため、初心者は比較的安価なリクガメ選ぶことをおすすめします。

最初はリクガメをを育てるためのペット用品も備わっていない状態なので、ケージや床材などを購入する必要があるので、それなりに費用がかかります。最初は何かと費用がかかるので、まずは安価で育てやすいリクガメを飼育すると良いでしょう。

温湿度管理が簡単なリクガメを選ぶ

日本は季節によって温度と湿度が大きく変化します。そのためリクガメの飼育で重要になってくるのが温湿度の管理です。

温度管理は、ヒーターなどで温度調節すれば簡単に管理できますが、湿度管理は、霧吹きで床材を湿らせたり、加湿器を使うなどして、管理するのが大変です。

ですから、初めから日本と同じくらいの湿度環境に生息するリクガメを選ぶと、湿度管理しやすいので初心者でも育てやすいです。

初心者におすすめのリクガメ3選

ギリシャリクガメ

リクガメ-飼育-初心者-おすすめ-ギリシャリクガメ-画像ギリシャリクガメは、比較的安価で1~2万円ほどで購入できます。ギリシャリクガメの生息地は、地中海沿岸や北アフリカに分布していて、生息地によりいくつかの亜種に分類されています。亜種によって甲羅の模様などの特徴が異なります。

ギリシャリクガメの名前の由来は、ギリシャに生息しているからではなく、甲羅の模様が絨毯のギリシャ織りの模様に似ていることから名付けられました。

飼育環境の湿度は40~60%に維持できれば良いので日本の湿度環境と近く、初心者でも飼いやすいです。ギリシャリクガメは成長しても20~30cmほどの大きさなので、ケージで飼育することができます。亜種によってはもう少し大きくなる種類もありますが、最大甲長が40cmを越えるものは希です。

ギリシャリクガメのオスは、成熟すると甲羅をぶつけ合って争うことがあるので、単体で飼育することをおすすめします。

Sponsored Links

ロシアリクガメ

リクガメ-飼育-初心者-おすすめ-ロシアリクガメ-画像ロシアリクガメは、ホルスフィールドリクガメやヨツユビリクガメとも呼ばれています。基本的にリクガメは爪が5本あるのですが、ヨツユビリクガメという別名があるように、ロシアリクガメの爪は4本なのが特徴です。

ロシアリクガメは比較的安価な種類のリクガメで、小さな子供の時に購入しれば1万円ほどで購入できます。ロシアリクガメは成長しても15~20cmほどにしかならないので、ケージで育てることができます。

ロシアリクガメの生息地は、アフガニスタンやイランなどの乾燥地帯で、飼育環境の湿度は40~60%に維持する必要があります。空気が乾燥する冬場は、床材などに霧吹きをして湿度を調節する必要がありますが、それ以外の季節はほとんど湿度調節がいらないので初心者におすすめです。

ヘルマンリクガメ

リクガメ-飼育-初心者-おすすめ-ヘルマンリクガメ-画像ヘルマンリクガメも比較的安価で1~2万円ほどで購入することができます。ヘルマンリクガメの生息地は、地中海沿岸に分布しています。ヘルマンリクガメは、成長しても15~30cmほどなのでケージで飼育することができます。

このリクガメは、生息地によってヒガシヘルマンリクガメとニシヘルマンリクガメなどの亜種に分類されています。ニシヘルマンリクガメは流通量が少ないため、ヒガシヘルマンリクガメに比べて、やや高額になることがあります。

ヘルマンリクガメは、尻尾の先に爪状のウロコがあるのが特徴です。リクガメの性格は個体差がありますが、ヘルマンリクガメは人になれやすく行動的な性格だと言われているので、初心者におすすめのリクガメです。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの脱皮前・脱皮中の注意点!頻度を記録しておこう!

ニシアフリカトカゲモドキとレオパの飼育の違いは湿度管理!

ハリネズミが水を飲まない!給水器はストロー式よりお皿式がおすすめ!

カラスの鳴き声の意味!種類や回数で気持ちが違う?

家庭犬トレーナー資格(1級・2級)の通信教育の費用は?独学できるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール