レオパのキッチンペーパーの交換頻度は?湿度管理はどうする?

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の飼育おいて、床材にキッチンペーパーを使用することがよくありますが、初めてレオパを飼育する場合は、どのくらいの頻度でキッチンペーパーを交換すれば良いのか不安になる方もいらっしゃるかと思います。

また、キッチンペーパーは、他の床材のソイルやヤシガラなどのように長時間湿度を保つことが難しいので、どのように湿度管理したら良いか分からないということもあると思います。特に空気が乾燥する冬場の湿度管理は注意が必要です。今回は、レオパの飼育に使うキッチンペーパーの交換頻度や、湿度管理について紹介します。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のキッチンペーパーの交換頻度は?

結論から言うと、キッチンペーパーはレオパが糞尿をしたらすぐ交換するのが基本なので、交換頻度はレオパが排泄する回数によって異なります。育ち盛りのベビー期やヤング期のレオパは、餌をモリモリ食べてたくさん糞を出します。この時期のレオパは1日に2、3回は排泄します。

レオパが糞尿をするたびにキッチンペーパーを交換するわけですが、毎回ケージ内全部のキッチンペーパーを交換するのは大変なので、ちょっとした工夫で掃除が楽になります。

レオパの性格は個体差があるので一概には言えませんが、レオパは毎回ケージ内の同じ場所で排泄する子が多いです。寝床のシェルターから遠い場所のケージの隅に糞をすることが多いように思えます。

毎回同じ場所に排泄する子であれば、その場所にもう1枚キッチンペーパーを重ね置きしておけば、汚れたキッチンペーパーだけ回収することができます。確実に同じ場所で排泄する子でしたら、レオパが乗り越えられるくらいの高さの容器を置いておけば、その上でしてくれることもあります。

Sponsored Links

また、レオパは狭い空間を好む傾向があるので、ケージの隅に何か置物を置いておけば、その置物とケージの間の狭い空間に行くことが多くなり、結果的にその場所で糞尿をすることがあります。必ず上手くいくとは限りませんが、成功すればキッチンペーパーの交換が楽になります。

このような工夫で、キッチンペーパーの汚れた部分のみを交換するだけで済みますが、目立った汚れがなくても、1週間に1回の頻度でケージ内の全部のキッチンペーパーを交換するようにしましょう。

Sponsored Links

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)のキッチンペーパーの湿度管理はどうする?

レオパに適したケージ内の湿度は60%程度です。梅雨の時期や夏場であれば湿度管理をしなくても、そのくらいの湿度になりますが、空気が乾燥する季節は注意が必要です。特に冬場はヒーターの熱によってさらに乾燥が進むので、何もしないと湿度が20%以下になってしまうこともあります。

本来は、レオパを乾燥する季節に飼育する場合は、保湿効果に優れた床材(ソイルなど)を使う方が望ましいのですが、ベビー期やヤング期のレオパの場合は床材の誤飲が心配なので、キッチンペーパーを使うのが一般的です。

乾燥する季節は、キッチンペーパーに小まめに霧吹きをして、ウェットシェルターを使い局地的に湿度を保つことができる場所を作ってあげると、レオパが避難することができます。

ウェットシェルター

スドー ウェットシェルター M

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパが床材を掘る3つの理由

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は人工餌のみで大丈夫?食べない時の対処法を紹介!

フトアゴヒゲトカゲの餌代は?野菜の頻度は成長によって違う!

「リクガメ」「ウミガメ」「ミズガメ」の違い

フクロモモンガとモモンガの違い

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ 爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール