レオパが片目だけ閉じて寝る!開けた片目の視線の先には…

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)は、片目だけ閉じて寝ることがあるのをご存知でしょうか。このような睡眠方法は、他の爬虫類ではワニの睡眠で確認されていて、開けた片目の視線の先には、脅威と感じる対象が存在すると考えられています。つまり、警戒する相手を前に、片目だけ開けて睨みをきかせながら寝るというものです。

Sponsored Links

レオパが片目だけ閉じて寝る

レオパはヤモリの仲間でありながら、トカゲと似たような特徴を持つ爬虫類です。レオパがトカゲと類似する特徴の1つに「瞼(まぶた)がある」ということが挙げられます。

一般的なヤモリには瞼がないので、目を開けたまま寝ます。一方、レオパには瞼があるので、トカゲのように目を閉じて寝ます。

爬虫類の睡眠に関しては、ワニが片目を開けたまま寝ることができるということが、オーストラリアの研究により報告されています。

【10月23日 AFP】イリエワニは脅威を察知するために片方の目を開けたまま眠ることができることが分かったと、オーストラリアの科学者らが23日、語った。追加の研究によって、脳の半分だけを眠らせる能力を持っていることが明らかになる可能性が高いという。引用元:AFPBB News

このニュースによれば、ワニは脅威に感じる対象に片目で視線を向けながら眠ることがあると言うが、レオパも同様の理由で片目だけ閉じて寝ることがあります。

ワニやレオパが片目だけ閉じて脳の半分だけを眠らせる能力があるかどうかは、まだはっきりと解明されてはいません。脳の半分だけ眠らせる睡眠方法を「半球睡眠」と言い、これはイルカに見られる眠り方です。

Sponsored Links

レオパが開けた片目の視線の先には…

レオパは片目だけ閉じて寝ることもありますが、基本的には両目を閉じて寝ることが多いです。

レオパが片目だけ閉じて寝る時は、近くに警戒する対象がある場合です。開けた片目で脅威に感じる対象に目線を向けたまま眠ります。その時は、腹部を地面から浮かせて、いつでも動けるような姿勢で寝ることが多いです。

野生のレオパがこのような眠り方をするのは当然ですが、ペットとして飼育しているレオパには、できれば安心して寝かせてあげたいものです。

Sponsored Links

レオパが片目を開けたまま寝ている時は、その視線の先に何があるのか、何を脅威に感じているのかを、よく観察してみると良いでしょう。また、レオパがウトウトと眠くなってきた時も、一時的に片目だけ閉じて寝ることもあります。

レオパの片目だけ閉じる睡眠は、当然ですが眠りが覚めれば両目を開けます。レオパが常に片目だけを閉じている場合は、目に障害がある可能性も考えられるので、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパは壁を登るの?ヤモリとの違いは?

レオパが水に浸かる!ウェットシェルターの水に入る理由は?

カメレオンの餌の量と頻度!生きた虫以外は食べないの?

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

猫を飼いたい人必見!猫を飼って後悔しないために知っておく事

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール