レオパが水に浸かる!ウェットシェルターの水に入る理由は?

ウェットシェルターの上部には、水を入れるためのくぼみがあります。この部分にレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)がすっぽりと入って水に浸かる姿を見かけることがあります。そもそもレオパは、水に入る習性があるのでしょうか。まずは、野生のレオパが生息する地域の湿度について確認していきましょう。

Sponsored Links

レオパ飼育の湿度管理

レオパに適した湿度・・・60%程度

レオパ,水に浸かる,水に入る,画像3野生のレオパは、アフガニスタン南部・東部、インド北西部、パキスタン南部などに生息し、これらの地域が砂漠気候に属することから、レオパは乾燥に強いイメージがあるかもしれません。しかし、レオパの飼育において湿度を保つことはとても重要なことです。

アフガニスタン東部に位置する首都のカーブルでは、12月~4月の湿度は60~70%もあります。比較的乾燥する時期でも平均湿度が30%を下回ることはありません。パキスタン南部の都市のカラチも砂漠気候に属していますが、海の近くにあるため年間を通して湿度が高い地域です。

レオパはトカゲモドキ科に属する動物で、日本にも同じトカゲモドキ科に属する生き物が沖縄などの南西諸島に生息しています。レオパとは違う種類のトカゲモドキですが、沖縄の気候を考えてみると、暖かい気温だけでなく湿度も必要だということが想像できると思います。

Sponsored Links

レオパが水に浸かる理由

レオパ,水に浸かる,水に入る,画像2レオパが生きていく上で湿度はとても重要ですが、潤いを得るために自ら水に浸かる習性があるかというと少し違和感があります。むしろ、水を嫌う個体の方が多いように思えるのです。

それでは、なぜレオパがウェットシェルターの上部に溜まった水に入ることがあるのでしょうか。その理由は、おそらくウェットシェルター上部のくぼみが、レオパにとって丁度良い広さで、居心地が良いからだと考えられます。

レオパは、自分の体の大きさにぴったりと合った狭いスペースを好む傾向があります。天敵から身を守る意味で、四方が壁に囲まれていると安心するのかもしれません。レオパの中には水を全く嫌がらない個体がいるので、そのようなレオパが水を気にせずに、ウェットシェルター上部のくぼみに入っているのだと推測できます。

Sponsored Links

また、陶器のウェットシェルターはひんやりとしているので、レオパが体をぴったりとつけることで、暑い季節に涼を得ているとも考えられます。野生のレオパは、30℃を超える暖かい地域に生息していますが、昼間は岩場などの影で寝ていて、夜になって気温が下がってから活発に行動します。ですから、あまりに暑過ぎる環境は苦手です。

飼育においてレオパに適した温度は25~30℃程度です。日本の夏も30℃を超えることがあるので、レオパが水に浸かる時は、念のためケージ内の温度を確認してみましょう。

シェルターに入らないレオパについて書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

レオパがシェルターから出てこない・シェルターに入らない時は?
レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の性格は個体差があるので、同じような環境で育てても、個体によって全く違う反応を見せることが多いです。一日中シェルターから出てこない臆病な子もいれば、せっかくシェルターを用意してあげたのに、ほとんどシェルターに...

Sponsored Links

おすすめの記事

レオパの多頭飼い!同じケージで同居可能はメス同士とオス同士のどっち?

ケヅメリクガメの餌の量がスゴイ!食費を抑える方法を紹介!

犬が言うことを聞かなくなる理由!オテやフセしなくなった原因は?

猫が鼻をつけてくる・鼻をこすりつける理由

シマリスが噛む!タイガー期の対処法を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール