シマリスが噛む!タイガー期の対処法を紹介!

今まで飼い主さんにベタ惚れだったシマリスが、ある日突然噛むようになることがあります。シマリスは季節によって凶暴化する時期があり、この期間は通称「タイガー期」と呼ばれています。今回はシマリスが噛む理由とタイガー期の対処法について紹介します。

Sponsored Links

シマリスが噛む理由

シマリス,噛む,タイガー期,画像1シマリスが食事の時以外で噛む理由のほとんどが防衛本能によるものです。野生のシマリスは、天敵の猛禽類などに狙われる弱い立場の動物です。天敵に狙われた際に身を守るための手段が噛むことなのです。

ですから、何の理由もなく自ら進んで飼い主さんを噛むことは考えにくいです。たとえば、飼い主さんがシマリスを必要以上に撫で過ぎてしまったり、シマリスの食事中を邪魔するなど、シマリスの防衛本能が働く何らかの理由があって、シマリスが噛んでいることが多いです。

それに加えて、シマリスは秋から冬にかけて凶暴化する傾向があります。この時期を「タイガー期」と言いますが、それでは、なぜこの時期にシマリスは噛むようになるのでしょうか。

Sponsored Links

シマリスの「タイガー期」とは

野生のシマリスは、実りの秋に木の実などを集めて、厳しい冬に備えます。この時期に集めた食料を守るために、シマリスは凶暴化すると言われています。ペットとして飼育されているシマリスにも同様の習性があり、巣箱の中に溜め込んだ餌を守るために攻撃的になる傾向があります。

この時期を愛好家の間では、通称「タイガー期」と呼んでいます。呼び方の由来は定かではありませんが、おそらく可愛いシマリスがトラのように凶暴化するということなのかもしれません。シマリスとトラがどちらも縞模様であるという類似も面白いです。

シマリスの種類は20種以上存在し、アジアにも生息していますが、その多くは北アメリカに分布しています。冬の時期になると、凶暴化した野生のリスが公園にいた人を噛むというニュースが報道されるほど、この時期のリスは自分の縄張りに入ってくる相手を見境なく攻撃してきます。(参考資料:米NYでリス狂暴化!襲撃相次ぐ AFPBB News

シマリスのタイガー期の期間は、個体や飼育環境によって異なりますが、大抵は10月頃から凶暴化し、来年の2月頃には元に戻ることが多いです。シマリスのタイガー期を初めて目にする場合は驚くかもしれませんが、秋から冬にかけての一時的な変化であって、来年の春には穏やかなシマリスに戻ることがほとんどです。

Sponsored Links

シマリスの「タイガー期」の対処法

シマリス,噛む,タイガー期,画像2タイガー期にシマリスが噛む理由は、溜め込んだ餌を守るためなので、定期的に巣箱の掃除を行って餌を溜め込まないようにしたり、冬支度を感じさせないように室内の温度を暖かく保つことで、凶暴化が緩和するという意見もあります。

しかし、凶暴化の程度はシマリスの個体差によるところが大きく、このような対策で全く噛まなくなるということは難しいです。タイガー期のシマリスは必要なお世話だけして、あとはそっと見守ってあげるのが無難です。

タイガー期の対応で最も困るのがケージの掃除です。凶暴化したシマリスは、飼い主さんがケージに手を入れただけで噛むことがあるからです。シマリスの噛む力は非常に強く、本気で噛まれると流血するほど痛いです。

ケージの掃除の際には、手袋を着用することが望ましいです。厚手の手袋の上にさらに大き目のゴム手袋を着用すると、シマリスがゴム手袋の部分を噛むだけで済むことがあります。

シマリスに噛まれないように、ケージの掃除をする前にシマリスを他の入れ物に移動させる必要があります。複数のケージを持っている場合は、掃除をしている間は、シマリスを他のケージに移動させます。複数のケージが無い場合は、プラスチックの衣装ケースや大き目の段ボール箱などで代用しても良いでしょう。

シマリスの部屋んぽ中にケージの掃除をする場合は、シマリスが飼い主さんの足を噛むことがあるので、室内用の靴を履くなどして対処すると良いと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

シマリスの鳴き声の意味「キッ・ホロッ・グルルルル」一日中鳴くときは?

ハムスターが噛むようになった理由は?噛み癖の直し方を紹介!

犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

猫が外を眺めるのが好きな理由

フトアゴヒゲトカゲが水を飲まない!水分補給が心配な方必見!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

小動物
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール