フェレットがトイレ砂を掘る・食べる対策におすすめはコレ!

フェレットは掘ることが大好きな子が多く、トイレ砂を前足でホリホリして周辺に飛び散らかしてしまうことがよくあります。また、フェレットがトイレ砂を誤って食べることもあるので注意が必要です。

Sponsored Links

フェレットがトイレ砂を掘る

フェレット,トイレ砂,掘る,食べる,おすすめ,画像1もともとフェレットは、ヨーロッパに生息する野生種のイタチを家畜化したのが始まりだと言われています。イタチは穴を掘ることが得意な動物です。地面を掘って巣穴を作ったり、地中に潜むモグラやネズミなどの獲物を狙ったりします。

ペット化したフェレットであっても、穴を掘る習性は残っているもので、フェレットがトイレ砂を掘ってケージ内に砂を飛び散らかしてしまうことがよくあります。

トイレ砂がダメならと今度はトイレシートに替えてみても、フェレットの掘る欲求は抑えられずに、トイレシートを前足で掘ってボロボロにしてしまうことが多いです。フェレットの性格は個体差があるので、中にはトイレ砂を掘らない子もいますが、普段から部屋んぽ中にソファーやカーペットなどを掘る仕草を見せる子は、ある日突然にトイレ砂を掘り始める子もいます。

Sponsored Links

フェレットがトイレ砂を食べる

フェレット,トイレ砂,掘る,食べる,おすすめ,画像2フェレットがトイレ砂を掘ることよりも、もっと困るのがトイレ砂を誤って食べることです。商品によっては誤飲しても心配が少ない素材を使用しているものもありますが、頻繁にトイレ砂を食べることがあれば、決して良いこととは言えません。

フェレットの飼育で使用されるトイレ砂は、各メーカーで様々な商品が販売されていますが、「オカラ」を素材に使ったトイレ砂と、「古紙」を素材に使ったトイレ砂が一般的です。

Sponsored Links

「オカラ」を素材に使ったトイレ砂

株式会社 三晃商会 三晃 フェレット・リター 7L 4976285083105


この商品は、オカラを主成分に活性炭を配合したトイレ砂です。オカラの原料は大豆なので、万が一フェレットが誤飲したとしても心配が少ない。活性炭が含まれているので、消臭効果も期待できます。

本来、フェレットなどのイタチ科の動物は肉食なので、オカラ(大豆)を好んで食べることは少ないはずなのですが、植物由来の食べ物を全く食べないということではありません。

たとえば、フェレット用フードでもメーカーによっては、主成分の鶏肉に加え、トウモロコシや小麦粉、脱脂大豆などの植物由来の成分が含まれている商品もあります。そう考えると、オカラのトイレ砂を食べるフェレットがいても不思議ではないのです。

このトイレ砂は、水分を含むとバラバラに崩れるタイプなので、少量食べたくらいでは心配は少ないと言えますが、日常的に大量のトイレ砂を食べることがないように注意しましょう。この商品は白っぽい色のトイレ砂なので、フェレットが誤飲すると糞が白っぽくなります。

このトイレ砂は使用後に可燃物として処理できます。(※処理方法は各自治体のルールを確認して下さい。)

「古紙」を素材に使ったトイレ砂

イエスタデイズ ニュース 6.8kg


この商品は古紙を使ったトイレ砂で、猫だけでなくフェレットなどの小動物にも使えます。古紙(新聞紙)に圧力をかけて固めて、ペレット状にカットしたものです。製造国はアメリカです。

原料が新聞紙なので、トイレ砂の色が黒っぽくなっていることから、インクが含まれていることが推測できます。紙はもともと植物由来の原料ですが、インクが含まれているのであれば、フェレットが食べることは良いことではありません。

ただし、オカラを使用したトレイ砂に比べると、古紙を素材に使ったトイレ砂はフェレットがあまり食べない傾向があります。食べても心配の少ないオカラのトイレ砂を選ぶか、食べるのが心配だが誤飲しにくい古紙のトイレ砂を選ぶのかは、フェレットの様子を見ながら判断する必要があります。

古紙を使ったこのトイレ砂も使用後に可燃物として処理できます。(※処理方法は各自治体のルールを確認して下さい。)

どうしても誤飲が心配な場合は「網付きトイレ」

SANKO フェレット・フィットパンL

SANKO フィットパンL用 ワイヤーメッシュスノコ


フェレット飼育でよく使われているトイレトレイは「SANKO フェレット・フィットパンL」です。このトレイの上部に設置できる「ワイヤーメッシュスノコ」という商品があることをご存知でしょうか。

これを設置することで、フェレットがトイレ砂を掘ることも、誤って食べることも防ぐことができるのでおすすめです。ただし、網付きトレイにしたことで、フェレットがその場所をトイレとして認識してくれるかどうかという多少の不安はありますが、それほど高額なパーツではないので、一度試してみる価値はあると思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

フェレットの鳴き声の意味と種類「キュン・クー・キュー・クックックッ・スンスン・シュー」

チンチラの大型ケージ4階建て!おすすめはフェレットケージで代用!

シマリスの餌の量は?野生のシマリスがどんぐり以外で食べるものは?

ペットシッターになりたい!資格取得と実務経験どっちが先?

猫のゴミ箱対策(あさる・倒す)蓋付きでロックできるのがおすすめ!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

小動物
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール