フトアゴヒゲトカゲの紫外線ライトの時間は?バスキングライトの種類を紹介!

フトアゴヒゲトカゲは、紫外線を浴びることで健康を維持しているので、飼育において紫外線ライトの照射は必要不可欠です。ただし、フトアゴヒゲトカゲに適した照射時間があるので、確認していきましょう。

Sponsored Links

フトアゴヒゲトカゲの紫外線ライトの照射時間

紫外線ライト(UVB)の照射時間・・・1日12時間

フトアゴヒゲトカゲ,紫外線,ライト,時間,バスキングライト,種類1爬虫類飼育に使用する紫外線ライトは、光の波長によって「UVA」と「UVB」の2つの種類があります。

UVAは爬虫類の脱皮や食欲を促す作用があると言われ、UVBは体内でビタミンD3の合成を促す作用があり、ビタミンD3はカルシウムの吸収に関与するため骨格の形成に重要です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育においては、骨格の形成に関与するUVB(レプタルUVB150)の照射時間が重要で、1日12時間は浴びることができる環境を作るようにしましょう。自然光に近い光を設置するためにUVA(ナチュラルライト)も併用すると良いでしょう。

照射する時間は、1日の周期を再現するという意味でも重要で、毎日決められた時間に照射することで、フトアゴヒゲトカゲの生活リズムが整うようになります。

Sponsored Links

紫外線ライト照射器具

ジェックス エキゾテラ(EXO-TERRA) コンパクトトップ 45 2灯式 UV(紫外線)ランプ用照明器具

紫外線ライトUVA

ジェックス エキゾテラ ナチュラルライト 13W 可視光線 UVA 爬虫類用ライト

紫外線ライトUVB

ジェックス エキゾテラ レプタイルUVB150 26W 砂漠サバンナ 爬虫類用 紫外線ライト

バスキングライトの種類

フトアゴヒゲトカゲ,紫外線,ライト,時間,バスキングライト,種類2フトアゴヒゲトカゲは、変温動物なので体を温めるために日光浴が必要です。ケージ内飼育においては、白熱球の照射でバスキングスポット(局地的に高温の場所)を作り、フトアゴヒゲトカゲの体温を保つ必要があります。

白熱球の照射は、通称バスキングライトとも呼ばれ、「昼間用」と「夜間用」に分けられます。昼間に使用する白熱球は、「ソーラーグローUV」「サングロー」「サングロータイトビーム」などがあります。

ソーラーグローUVは、紫外線のUVBが含まれているので、これひとつでフトアゴヒゲトカゲの体を温めることと、UVBを浴びることもできる便利なバスキングライトです。一方、サングローには紫外線のUVAが含まれていて、ソーラーグローUVと比べると保温力はやや弱いです。そして、サングロータイトビームは、強力な光を狙った場所に集中的に照射することができますが、紫外線のUVBは含まれていません。

夜間に使用する白熱球は「ヒートグロー」です。これは赤外線を照射するライトで、爬虫類の目にはこの光が見えにくいため、夜間に使用しても光で環境を妨げることなく保温することができます。

Sponsored Links

白熱球照明器具

ジェックス エキゾテラ ライトドーム 18cm 白熱球・UV球用照明器具 150Wまで

昼間用白熱球

ジェックス エキゾテラ ソーラーグローUV 80W PT2334 UVB&バスキング 昼用

ジェックス エキゾテラ サングロー バスキングスポットランプ 50W 昼用集光型

ジェックス エキゾテラ サングロータイトビーム バスキングスポットランプ 50W 昼用

夜間用白熱球

ジェックス エキゾテラ ヒートグロー 赤外線照射スポットランプ 50W 赤い光 トカゲ類等

フトアゴヒゲトカゲの設定温度・湿度

昼間・・・32~38℃が目安
(バスキングポイントは38~40℃)

夜間・・・22~27℃が目安

湿度・・・60~70%が目安

※ケージ内全体が暑くなり過ぎないように温度が低い場所も作るようにしましょう。

結局フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なライトは?

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なライトは、「ナチュラルライト(UVAを含む)」と「レプタルUVB150(UVBを含む)」の紫外線ライトを1日12時間照射することと、バスキングスポットには昼間は「サングロータイトビーム」、夜間は「ヒートグロー」を使用します。

そして、成長期などに紫外線量が足りないと感じたら、昼間のバスキングライトには「サングロータイトビーム」の代わりに、「ソーラーグローUV(UVBを含む)」と「サングロー(UVAを含む)」を使うと良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

フトアゴヒゲトカゲの日光浴の時間と頻度は?夏と冬はどうする?

ロシアリクガメの床材の深さは?穴掘りできて誤飲対策が重要!

レオパがシェルターから出てこない・シェルターに入らない時は?

フェレットがトイレ砂を掘る・食べる対策におすすめはコレ!

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フトアゴヒゲトカゲ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール