ヒョウモントカゲモドキが上を向く、出たがる!部屋んぽの時の注意点を紹介!

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー、通称:レオパ)は、ケージの隅を指でカリカリと掻いて外に出たがる仕草を見せることがあります。

しかし、ケージの外に出ようとどんなに暴れても、ヒョウモントカゲモドキは壁面を登ることができないので、ただただ上を向くばかり…。

そんなヒョウモントカゲモドキを可愛そうと思い、レオパをケージから出してあげて、部屋の中を散歩させてあげる飼い主さんも少なくありません。今回はヒョウモントカゲモドキを部屋んぽさせる時の注意点を紹介します。

Sponsored Links

ヒョウモントカゲモドキは壁面を登れない

ヒョウモントカゲモドキ 見上げる 画像ケージの外に出たがるヒョウモントカゲモドキは、ケージの壁面に前足を当てて仁王立ちになりますが、それ以上は上に登ることはできません。分類学上では、ヒョウモントカゲモドキはヤモリの仲間とされていますが、ヤモリのように壁面を登ることができず、ヤモリよりもトカゲのような特徴を持っていることから、「トカゲモドキ」という名前が付けられています。

ヒョウモントカゲモドキは夜行性の動物なので、夜に動きが活発になります。脱走を企てるようにケージの上を向く、またはケージを前足で掻いて出たがる仕草を見せるのは、主に夜に見られることが多いです。

Sponsored Links

ヒョウモントカゲモドキを部屋んぽさせる時の注意点

ヒョウモントカゲモドキを部屋で散歩させる時に注意すべきことは、主に2つあります。1つ目は「温度管理」についてです。2つ目は「脱走」についてです。それでは、1つひとつ確認していきましょう。

温度管理について

ヒョウモントカゲモドキ 横向き 画像ヒョウモントカゲモドキの飼育において適温は、25℃~30℃程度です。ですから、日本でも暖かい季節であれば、適温範囲内なので問題ありませんが、寒い季節は注意が必要です。

寒い季節は、部屋の中の温度をヒョウモントカゲモドキの適温に合わせることは困難なので、この時期はヒョウモントカゲモドキの部屋んぽはしない方が無難です。

Sponsored Links

脱走について

ヒョウモントカゲモドキの歩くスピードはとてもゆっくりなので、飼い主さんが常に見張っていれば、部屋んぽ中に何処かへ脱走してしまう可能性は低いですが、ヒョウモントカゲモドキが活発に動き回る時間帯は、主に深夜であることが多いので、うっかり飼い主さんが目を離してしまったり、寝落ちしてしまったりすることがあるかもしれません。

ヒョウモントカゲモドキは、薄暗く狭い場所を好むので、家具の隙間などに逃げ込んでしまったら、なかなか見付からないことがあります。ヒョウモントカゲモドキはもともと頻繁に食事をとる動物ではなく、水さえあれば数日食べなくても生きていけますが、温度管理の問題や家具の移動中に挟まってしまうなどがあるので、できるだけ早く見付けてあげたいものです。

ヒョウモントカゲモドキは、ケージの上を向く仕草を見せて出たがるわりには、それほど行動的な動物ではないので、5分、10分程度、部屋んぽをするだけで、大抵は満足してくれます。長時間、ケージの外を散歩させるとトラブルの原因になるので、ほどほどにしておきましょう。

また、部屋んぽ中は、ヒョウモントカゲモドキが段差でケガしたり、誤飲などがないように、しっかり見張っておくことが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は人工餌のみで大丈夫?食べない時の対処法を紹介!

ニシアフリカトカゲモドキとレオパの飼育の違いは湿度管理!

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

モルモットの多頭飼いでケージはどうする?オス同士とメス同士はどっちが同居しやすいの?

アカヒレをビンで飼育する時の3つの注意点

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ヒョウモントカゲモドキ爬虫類
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール