ペットシッターになりたい!資格取得と実務経験はどっちが先?

近年、ベビーシッターならぬ「ペットシッター」という仕事が関心を高めています。ベビーシッターは、自宅に伺って忙しい親の代わりに子供のお世話をする仕事ですが、ペットシッターの場合は、自宅に伺って忙しい飼い主の代わりにペットのお世話をすることが仕事です。

少子化が進み子供の出生数が減少傾向にある昨今、それに対してペットブーム到来の現状で、ペットシッターの需要は益々高まっていくと予想されます。そんな中、ペットシッターになりたいと夢を抱く方も多いのではないでしょうか。

Sponsored Links

ペットシッターになりたいけど資格はどうする?

ペットシッターになりたい,資格取得,実務経験1ペットシッターの仕事をする方法は、大きく分けて2つあります。1つ目は「会社に所属して仕事をする」、2つ目は「開業する」です。これらの違いでペットシッター資格の有無が異なります。

基本的にペットシッターの仕事自体は、資格が無くても行うことができます。ですから、会社に所属して仕事をする場合は、ペットシッターの資格を持っていなくても働くことができます。雇用形態としては、アルバイトやパート、派遣社員などが多いですが、正社員や契約社員の募集も見かけます。

一方、ペットシッターを開業する場合は、「動物取扱業」の登録申請が必要です。これを申請するための条件として、「資格」と「半年以上の実務経験(令和2年6月の動物愛護管理法改正により追加)」が必要になります。

Sponsored Links

ペットシッターの資格は、NPO法人日本ペットシッター協会の「ペットシッター士」や、ビジネス教育連盟ペットシッタースクールの「認定ペットシッター」などが広く知られています。もちろん、ペットシッター士や認定ペットシッターの資格を取得して、半年以上の実務経験があれば、動物取扱業の登録申請が可能ですが、必ずしもペットシッター関連の資格を取らないと、ペットシッター業務を開業することができないというわけではありません。

動物を扱う業務の種類は「販売」「保管」「貸出し」「訓練」「展示」などがあり、それに伴いそれぞれの資格があります。ペットシッターは「保管」に分類されます。つまり「保管」を認められるものであれば、ペットシッター士や認定ペットシッター以外の資格でも、開業に必要な動物取扱業の登録申請ができるのです。

たとえば、愛玩動物飼養管理士(1級・2級)やトリマー(初級、中級、上級、教師)などは、「販売」「保管」「貸出し」「訓練」「展示」すべてが認められているので、あとは半年の実務経験さえあれば動物取扱業の登録申請が可能です。因みにペットシッター士や認定ペットシッターは、「保管」と「訓練」が認められています。

資格取得と実務経験どっちが先?

ペットシッターを開業するためには、資格取得と半年以上の実務経験が必須です。それでは、ペットシッターになりたいと思い立った際に、資格取得と実務経験は、どちらを先に行った方が良いのでしょうか。

結論から言うと、初めに実務経験を行ってから資格取得を目指す方がスムーズにいくと思います。

Sponsored Links


その理由は、ペットシッター士の資格は、意外と短期間で取得が目指せるからです。たとえば、NPO法人日本ペットシッター協会の「ペットシッター士」の取得には3つ方法があり、「通信(半年以内に自分のペースで取得する)」「通学(協会に6日間通う)」「カルチャースクール(3日間受講する)」のいずれかの方法でペットシッター士は取得できます。「通信」「通学」「カルチャースクール」どの方法でも最終日に試験があって合格することが必要です。

ですから、むしろ半年以上の実務経験の方が資格取得よりも時間がかかる傾向があります。ただし、ペットシッターを開業したいからと言って、ペットシッターの実務経験がないと動物取扱業の登録申請ができないというわけではありません。動物取扱業の登録申請に必要な実務経験は、ペットシッター以外でも、ペットショップやペットホテルなど、動物を扱う仕事に半年以上働いた経験があれば動物取扱業の登録申請が可能です。これはアルバイトであっても実務経験として認められます。ただし常勤していることが条件です。

Sponsored Links

おすすめの記事

犬の命を助ける仕事!野良犬がいない理由とは?

インコの反抗期の期間と接し方

コアラがいる動物園一覧(関東・関西・中部・九州)日本で抱っこできるの?

チンチラが噛んで喜ぶおすすめのオモチャ

ハムスターの多頭飼い!同じケージで同居可能な種類と成功させるコツ

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ペット関連の仕事
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール