ハムスターの多頭飼い!同じケージで同居可能な種類と成功させるコツ

基本的にハムスターの飼育は、1匹を1つのケージで育てる単独飼育が望ましいです。なぜなら、ハムスターは縄張り意識が強いため、他のハムスターが自分のテリトリーに入り込むと喧嘩になる可能性があるからです。

しかし、ハムスターの種類によっては集団生活に馴染みやすいものいるので、相性が良いハムスター同士であれば同じケージ内での多頭飼いが成功することがあります。今回は、ハムスターの多頭飼いが可能な種類と成功させるコツについて紹介します。

Sponsored Links

ハムスターの多頭飼い!同じケージで同居可能な種類

ハムスターの多頭飼いが可能な種類は、ドアーフ系ハムスターと言われる小型の種類です。ドアーフ系ハムスターは、「ロボロフスキーハムスター」「ジャンガリアンハムスター」「キャンベルハムスター」「チャイニーズハムスター」などです。

中でもロボロフスキーハムスターは、世界最小サイズのハムスターで臆病な性格なことから多頭飼いに向いていると言われています。相性の良いロボロフスキーハムスター同士を同じケージに入れと、お互いに体を寄せ合うような仕草を見せることがあります。

ロボロフスキーハムスターは体が小さく、自然界では弱い立場の動物なので、集団で固まることで不安を緩和させことができたり、万が一天敵に襲われても集団が一気に散らばって逃げることで、標的が定まりにくい状況を作っていると考えられます。

他のハムスターの種類でも多頭飼いが成功した例が報告されているので、全く成功する可能性がないとは言い切れませんが、最も多頭飼いしやすいという意味ではロボロフスキーハムスターをおすすめします。

Sponsored Links

不用意な繁殖は避ける

ハムスターは繁殖力の強い動物なので、同じケージ内にオスとメスのハムスターを入れると、どんどん繁殖して増えていってしまいます。不用意な繁殖を避けるためにも、ハムスターの多頭飼いは、同性同士で飼育するようにしましょう。

ハムスターは、オスに比べてメスの方が縄張り意識が弱いので、メス同士のハムスターの方が多頭飼いしやすい傾向があります。

ハムスターの多頭飼いを成功させるコツ

同じ環境で育った仲の良いハムスター同士を選ぶ

複数のハムスターを同じケージ内に同居させるためには、どんな種類のハムスターでもお互いの相性の問題が最も重要です。計画無しで1匹、2匹と増やしていくのではハムスターに負担がかかり、縄張り争いで喧嘩になる可能性が高くなってしまいます。

ハムスターを多頭飼いする場合は、まずペットショップで同じケージで飼育されている相性の良い複数のハムスターを購入します。同じ環境で育った仲の良いハムスター同士を選ぶことが成功のためのコツです。

ただし、ヤング期のハムスターは、まだ縄張り意識が弱く、生後4ヶ月以降から縄張り意識が強くなってくると言われているので、最初は多頭飼いが成功していても成長と共に上手くいかなくなることがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

3匹の多頭飼いが望ましい

同じケージ内に2匹のハムスターを同居させると、どちらか一方が優位性を主張するようになり、やがては強いハムスターが弱いハムスターを攻撃する可能性があります。ところが、3匹以上のハムスターを多頭飼いすると、優位性が緩和されてお互いが寄り添うよう暮らすようになることが多いです。

2匹のハムスターの多頭飼いに成功している例はたくさんありますが、2匹よりも3匹のハムスターの多頭飼いの方が成功する可能性が高まるように思えます。

ただし、同じケージで飼育するハムスターの数が増えれば増えるほど、難しくなってくるのが餌やりの問題です。置き餌にしておくと、食欲旺盛なハムスターばかりが食べてしまって、他のハムスターが十分な餌の量を食べられないことがあります。

餌の溜め込みは縄張り意識を強め、空腹は喧嘩の原因になるので、全てのハムスターが十分に食べられるようによく観察して配慮してあげることが必要です。

頻繁に掃除する

頻繁に掃除することと、多頭飼いを成功さるコツは、一見、全く関係ないように思えますが、実はこれが意外と重要です。ハムスターは臭いで縄張りを主張するので、頻繁に掃除をすることで臭いを取り除き、縄張りを作らせないという効果が期待できます。

掃除をせずに巣箱の中に溜め込んだ餌がどんどん増えていくと、それの貯えを守るためにハムスターの縄張り意識が強くなることがあります。また、仲が悪くなりそうなハムスター同士のテリトリーを綺麗に掃除して、臭いをリセットしてあげると、まるでお互いの関係もリセットされたかのように同居が上手くいくこともあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターが砂浴びとトイレを区別できない?砂場でおしっこする!

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

チンチラが懐かない原因と懐かせる方法

リクガメの飼育!初心者におすすめは3種類!

ハリネズミの食費はいくら?毎月の餌代は意外とかからない

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール