ハムスターが砂浴びとトイレを区別できない?砂場でおしっこする!

ハムスターのケージ内に、砂場とトイレの両方を設置していると、ハムスターがこれらを区別できないことがよくあります。本来は砂浴びする場所に糞尿をしたり、トイレの砂で砂浴びしたりすることがあるのです。

今回は、ハムスター以外の小動物の飼育方法も踏まえながら、ハムスターの砂場とトイレの設置について紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが砂浴びとトイレを区別できない?

ハムスター専用の「砂浴び容器」と「トイレ容器」は、それぞれ別々のペット用品が販売されています。砂場は体を清潔にする場所で、トイレは糞尿をする場所なので、清潔と不潔の真逆ものなので、容器が別々になるのは当然です。

しかし、ハムスターが砂浴びとトイレを区別できない場合は、どうしたらいいのでしょうか。そもそもハムスターの飼育において、これらの両方をケージ内に常設する必要があるのだろうか。どちらか一方だけでも良いのではないだろうか。

これらのことを、他の小動物の飼育方法も踏まえながら、ハムスターの砂場とトイレの設置について確認していきましょう。

Sponsored Links

ハムスターが砂場でおしっこをする

実は、砂浴び中に排泄してしまうことはハムスターだけではなく、他の小動物のペットにも見られる行為です。ハムスターと同じネズミの仲間の動物では、デグーやチンチラなども砂浴びする習性があり、砂浴び中に排泄してしまうことがよくあります。

モグラの仲間のハリネズミも砂浴びする習性がありますが、砂場で糞尿をしてしまうことがよくあります。砂浴びによる適度な運動と気持ち良さで、思わず排泄してしまう感じなのでしょう。

ハリネズミの飼育に関しては、ペット用品の砂浴び容器をトイレと兼用している方もいらっしゃいます。砂場とトイレ兼用のペット用品があるわけではありませんが、砂浴び用のトレイを設置すると、ハリネズミが砂浴び中に排泄することが多いので、結果的に兼用になっている感じです。この場合は、ケージ内に砂浴び用のトレイを常設し、砂を頻繁に掃除する必要があります。

これらのことから考えると、ハムスターの飼育においても、トイレと砂場の兼用は可能であるように思えます。実際に兼用している飼い主さんもいらっしゃいます。その場合はトイレ砂を毎日掃除してあげることが大切です。

Sponsored Links

ハムスターがトイレで砂浴びする

ハムスターが好む砂の種類は、その子の性格によるところが大きいので、中には砂場の砂よりもトイレの砂の方が気に入ってしまう子もいます。これに関しては、ハムスターがトイレ砂で砂浴びすることを止めさせることは難しいので、やはりトイレと砂場を区別せずに兼用することができれば対応できます。

トイレと砂場を区別せずに兼用する場合は、衛生的にも汚れた砂はすぐ取り除くことが大切です。また、使用する砂は粒がやや粗い砂の方が望ましいです。ハムスターの砂浴びで使用する砂は、チンチラ用の砂に比べて粒が粗いものを使います。

砂の粒が細か過ぎると、汚れた砂がハムスターの毛の根元まで入り込むことで、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。ハムスターと比べて、チンチラの毛は長く、数も多いので粒の細かい砂を使用しているのです。

他の小動物の飼育では、デグーやチンチラの場合は、砂場もトイレも常設しないのが一般的です。そして定期的に砂浴びをする時だけ専用容器を使用します。ハリネズミの場合は、砂場とトイレを兼用しているのが一般的です。本来は砂浴び用のトレイを常設していると、ハリネズミがそこで糞尿をするようになるという感じです。ハリネズミの砂浴びで使用する砂もやや粒が粗いものを使います。

ハムスターの砂場とトイレを兼用する場合は固まらないタイプの砂が望ましいです。砂場とトイレを区別せずに兼用する場合は、頻繁に掃除をして衛生的な配慮が必要です。

固まらないハムスター用トイレ砂

ZERO 固まらないハムスター用トイレ砂 650g

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターがトイレを覚えない時のしつけ!トイレで寝る・寝床でおしっこする理由

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

チンチラはトイレ覚える?しつけよりも置く場所を工夫しよう!

デグーの臭いの原因と対策

セキセイインコとオカメインコの違い!一緒に同じケージで飼育していいの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール