ハムスターは何時に起きる?何時に寝る?何時間寝る?

夜中に元気良く回り車でジョギングしているハムスターを見ると、この子はいつも何時に起きるの?何時に寝るの?何時間寝るの?と疑問に思う方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ペットして飼育されているハムスターの生活リズムは個体差がありますが、本来、野生のハムスターの起床時間と就寝時間はほぼ決まっています。それを基準に考えてみると、ハムスターにとって適した生活リズムが分かってくると思います。

Sponsored Links

野生のハムスターは何時に起きる?何時に寝る?何時間寝る?

ハムスター-何時に起きる-何時に寝る-画像1ハムスターは夜に活発になる動物なので、夜行性の動物だと認識している方が多いと思いますが、厳密に言うと「薄明薄暮性」の動物です。

薄明薄暮性動物とは、日の出の薄暗い時間帯と、日没の薄暗い時間帯に活発になる動物のことを言います。

野生のハムスターは猛禽類などの天敵から身を守るために、周りが薄暗い時間帯に食べ物を探して活発に動き回ります。ハムスターの毛の色は、土や岩などの保護色になっているので、薄暗い時間帯では自然に溶け込んで天敵に見付かりにくい。

日の出と日の入りの時刻は季節によって異なるため、野生のハムスターが何時に起きる?何時に寝る?という質問の答えは、当然ですが季節によって時間が異なります。

たとえば、日の入りの時刻が午後6時半頃だとすると、ハムスターはその1時間前くらいに起きて活動し始めます。日の出の時刻が午前4時半頃だとすると、ハムスターはその1時間後くらいに寝ます。その後、12時間ほど寝て、また夕方に起き出します。

Sponsored Links

ペットのハムスターの起床時間と就寝時間は個体差がある

ハムスター-何時に起きる-何時に寝る-画像2ペットとして飼育されているハムスターは、野生のハムスターと違って、生活リズムに個体差があります。その理由として考えられるのは、飼い主さんの生活リズムの影響で、本来の生活リズムからズレていたり、食べ物が貰えることが約束されているので、規則正しく起きて食べ物を探しに行くことがないので、睡眠時間が多くなっている可能性も考えられます。

本来、ハムスターの生活リズムは、日の入りの時間帯に起きて日の出の時間帯に寝るのが普通ですが、ペットとして飼育されているハムスターの中には、夜の8時、9時頃にならないと、なかなか起きないという個体もいます。

夜になってもなかなか起きてこなくて、いったい何時間寝るの?と心配になることもあります。ペットのハムスターは12時間から14時間くらい寝る子もいます。

Sponsored Links

たとえば、飼い主さんの帰宅時間が遅く、ハムスターのお世話をする時間帯が、夜の8時、9時頃になってしまう場合は、その生活リズムがハムスターに影響している可能性があります。

人間と同じでハムスターも不規則な生活を続けると体調を崩してしまうことがあるので、注意が必要です。ハムスターが決まった時間に起きて食事ができるように適量の食べ物を置いてあげたり、睡眠中のハムスターを物音で起こしてしまわないように静かな部屋にケージを置くなどして、ハムスターの生活リズムを崩さないように工夫しましょう。

人間の生活リズムとハムスターの生活リズムは異なるため、ハムスターを初めて飼育する方は、ハムスターは何時に起きる?何時に寝る?と疑問に思うかもしれませんが、夕方から夜中にかけては人間とハムスターの活動時間が重なるの時間帯なので、この時間に食べ物やケージの掃除などのお世話をするように心掛けましょう。

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

チンチラはトイレ覚える?しつけよりも置く場所を工夫しよう!

ペットホテルに預けた後に後悔しないための3つの条件

デグーは夜行性じゃない?夜寝ない時に電気はどうする?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール