モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

モルモットとハムスターは、その見た目からネズミの仲間であることは分かりますが、具体的にどのような違いがあるのかはあまり知られていません。

実はネズミの仲間でありながらモルモットとハムスターのどちらか一方は尻尾がありません。どちらが尻尾がない動物か分かりますか?今回はモルモットとハムスターの生態や寿命、食事などの違いについて紹介します。

Sponsored Links

モルモットとハムスターの違い

生物学・分類学上の違い

モルモット:テンジクネズミ科(カピバラの仲間)
ハムスター:キヌゲネズミ科

モルモット-ハムスター-違い-寿命-食事-画像1モルモットとハムスターは、いずれもネズミ目(齧歯目)の動物で、そこら枝分れしてテンジクネズミ科に分類されるのがモルモットで、キヌゲネズミ科に分類されるのがハムスターです。

テンジクネズミ科には他にもカピバラがいるので、モルモットとカピバラは分類学上では近い位置にいる仲間です。

ハムスターは、ネズミ上科-キヌゲネズミ科に分類され、同じネズミ上科に分類される動物にはハツカネズミやドブネズミ(ネズミ科)などがいるので、いわゆる日本人がネズミとして思い浮かべる典型的なネズミのタイプであると言ってよいでしょう。

このようにモルモットとハムスターでは生物学・分類学上の違いがあり、その違いから外見や生態など異なります。

Sponsored Links

生息地の違い

モルモット:南米の高地
ハムスター:ヨーロッパからアジアにかけて種類によって異なる

モルモット-ハムスター-違い-寿命-食事-画像2モルモットの生息地は、ペルー南部、アルゼンチン北部、ボリビア南部、チリ北部などの南米です。もともとはアンデスの高地の乾燥地域に生息していました。古代インディオの人たちが家畜化したと言われています。

ハムスターは種類によって生息地に違いがあり、ゴールデンハムスターはシリアとトルコの国境周辺に生息していました。ジャンガリアンハムスターはカザフスタン共和国、またはシベリアから中国北部が生息地になっています。

体の大きさの違い

モルモット:体長は約20~40cm、体重は0.5~1.5kg
ハムスター:体長は15cm前後、体重は100~150g(種類により異なる)

モルモットはハムスターよりもはるかに大きい動物です。体長は約3倍ほど大きく、体重はさらに重い。ハムスターは種類によって大きさが異なり、ロボロフスキーハムスターは体長が約7cm~10cmほどの小さな種類です。

尻尾の違い

モルモット:尻尾がない
ハムスター:短い尻尾がある

モルモットは尻尾がない動物です。ちなみに分類学上の仲間であるカピバラにも尻尾はありません。一方、ハムスターには短いながらもちゃんと尻尾があり、いわゆる典型的なネズミの特徴をかろうじて残しています。

Sponsored Links

寿命の違い

モルモット:平均6~8年
ハムスター:平均2~3年

寿命に関しては飼育環境の違いや個体差などから大きく異なりますが、平均的に見てハムスターよりもモルモットの方が寿命は長いと言えます。個体によってはさらに長生きすることもあります。

食事の違い

モルモット:草食性
ハムスター:雑食性(草食性に近い)

モルモットは完全草食の動物です。基本的には牧草を主食としますが、野菜や果物も食べます。ヒマワリの種やトウモロコシなどの種子類も食べますが、もともとモルモットは高地の痩せた土地に生息していた動物なので、糖質や脂質を多く含む種子類を食べ過ぎると、消化できずに体調を崩してしまうことがあります。

ハムスターの主食は穀物ですが、その他にも野菜や果物、時には昆虫なども食べることがあります。限りなく草食性に近い雑食性の動物です。

Sponsored Links

おすすめの記事

デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」

ウサギがカーペットを掘る・かじる理由!前足バタバタでストレス解消グッズを紹介!

チンチラがケージを噛む理由と対策

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

モルモット
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール