モルモットの夜鳴きの原因と対処法

今回は、モルモットの夜鳴きの原因と対処法について紹介します。今までは毎晩大人しくしていたモルモットが、ある日突然、夜鳴きを繰り返すようになることがあります。モルモットが夜鳴きをするたびに、飼い主さんが起き出して相手をするのは大変なことです。できることなら、モルモットが夜鳴きをしないような関係性を築くことが望ましいです。

Sponsored Links

モルモットの夜鳴きの原因

モルモット,夜鳴き,原因,対処法,画像1モルモットが夜鳴きをする原因は様々なことが考えられますが、飼い主さんに何かを要求している場合が多いように思えます。

たとえば、「寂しい」「ケージの外に出たい」「お腹が空いた」など、モルモットから飼い主さんへの要求を夜鳴きで表していることがあります。

ケージ内にチモシーやペレットなどを常備している場合は、モルモットが空腹が理由で夜鳴きすることはないと思いますので、夜鳴きの原因は、モルモットが寂しさから飼い主さんにかまってほしいという気持ちを訴えていると考えられます。

モルモットの要求を表す鳴き声は「キュルキュル」「キュイキュイ」「キューキュー」という鳴き方をします。目の前にいる相手に何かを要求している時は、小さい声で「キュルキュル」と繰り返し鳴きますが、夜鳴きのように遠くにいる相手に鳴く場合は、大きな声で「キュイキュイ」「キューキュー」と力強く鳴きます。

Sponsored Links

他にもモルモットは様々な鳴き声を出して自分の気持ちを伝えようとします。モルモットの鳴き声の意味について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

モルモットの鳴き声の意味「グルグル・キュルキュル・キュイキュイ・クルクル・プイプイ」など種類と大きさで気持ちが分かる
今回はモルモットの鳴き声の種類と意味について紹介します。モルモットは複数の鳴き声を使い分けて自分の気持ちを伝えようとします。要求を意味する「キュルキュル」「キュイキュイ」という鳴き声、満足を意味する「グルグル」「クルクル」「グルル」という鳴...

モルモットの睡眠

モルモットの夜鳴きの対処法を考える上で、モルモットの睡眠について知っておく必要があります。

モルモットの祖先と言われている野生のテンジクネズミが夜行性の動物であることから、一般的にはモルモットも夜に活発になる動物だと考えられています。しかし、モルモットはペットとしての歴史が非常に長く、ある程度は人間の生活リズムに合わせることができます。

Sponsored Links

モルモットの睡眠は、人間のように長時間まとめとるのではなく、短い時間の睡眠を繰り返します。モルモットなどの草食動物は、肉食動物と比べて1回の食事で得られるエネルギーが少ないため、たくさんの量の食事をとる必要があります。咀嚼や消化には体力を使うため、モルモットは食べては寝るを繰り返すことになります。

睡眠中のモルモットは天敵に対して無防備な状態です。そのため小さな物音でも起きて逃げられるように、短時間で浅い眠りを繰り返し、天敵の襲われる心配が少ない夜間に活発になるわけです。

ですから、個体によっては、夜中の活発な時間帯に何度も繰り返し鳴くモルモットもいるのです。

モルモットの睡眠時間について書いた記事はこちらです。

モルモットが寝る時間帯や睡眠時間は?寝る時は目を開けたまま!?
ハムスターやチンチラなど、ネズミの仲間は昼に寝て夜に活発になることが多いですが、モルモットは昼間でも寝ずに遊んでいる子をよく見かけます。今回は、モルモットが寝る時間帯や睡眠時間について紹介します。中には目を開けたまま寝る子もいます。このよう...

モルモットの夜鳴きの対処法

モルモット,夜鳴き,原因,対処法,画像2モルモットの夜鳴きは、活発な時間帯にも関わらず、ひとりぼっちでいるのが寂しいということが原因だとすると、飼い主さんがモルモットを撫でてあげたり、少量のおやつを与えれば対処できと思います。

しかし、毎晩、モルモットが夜鳴きをするたびに飼い主さんが起き出して相手をするのは大変なことです。できれば、モルモットが夜鳴きをしないような関係性を築くことが望ましいです。

たとえば、飼い主さんが時間がある時には、モルモットをケージから出して、部屋んぽをさせてあげると良いでしょう。寝る前に十分に遊んであげることでモルモットが満足してくれると、夜鳴きが軽減されることが期待できます。

モルモットがリラックスするまで撫でることによって、安心させてあげることも大切です。

また、モルモットが夜鳴きをするからといって、そのたびに起き出して相手をすると、夜鳴きをすれば来てくれると思ってしまいます。モルモットは、ある程度は人間の生活リズムに合わせることができる動物です。夜中には会えないということも学習させる必要があります。

夜鳴きで相手をするのは、本当に酷い時だけにとどめて、飼い主さんが起きている時間帯に遊んであげることが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットのヒーターは置き方次第でもっと快適!

モルモットのケージの床はどうする?掃除が簡単なのは?

プレコとコリドラスの違い!コケ取りするのはどっち?

犬が靴や靴下を噛む理由!持っていく・持ってくる理由

猫の多頭飼いのご飯とトイレ!順番待ちをする猫の性格は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

モルモット
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール