モルモットのヒーターは置き方次第でもっと快適!

寒い季節になると、モルモットの飼育に必要になってくるのがパネルヒーターです。ヒーターはケージの床に敷く使い方が一般的ですが、置き方次第ではもっと効果的に暖めることが可能です。

Sponsored Links

モルモットのヒーターの置き方

created by Rinker
ミニマルランド
¥2,618 (2022/09/25 11:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

モルモットの飼育に使用するパネルヒーターの置き方は、主に「横置き」と「縦置き」の2種類です。横置きは、ケージの床にヒーターを敷いて、その上にモルモットが乗る使い方です。横置きは、ケージの壁面に縦にしたヒーターを設置する使い方になります。

ここで紹介しているヒーターはリバーシブルタイプで、表面と裏面で温度が異なります。高温の面が約38℃、低温の面が約30℃になっています。モルモットやウサギなどの小動物の飼育に使用できます。

直接モルモットがヒーターに触れなくても、その周辺の空気が暖かくなるので、ケージの壁面に使用する縦置きでも、ヒーターの近くに寝床を設置すると快適に過ごせます。

Sponsored Links

下からも横からも暖かい「L字型ヒーター」

created by Rinker
マルカン
¥2,904 (2022/09/25 11:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

パネルヒーターは、ケージの床に敷く置き方が一般的ですが、これではモルモットのお腹は暖かくても背中は冷たいままです。そんな時は、平らなパネルヒーターをL字に折ることができる「L字型ヒーター」を使えば、モルモットのお腹と背中を同時に温めることができます。この商品もモルモットやウサギなどの小動物の飼育に使えるヒーターです。

L字型ヒーターを広げて大きく使うこともできます。ただし、使用できるのは片面のみで約38℃になります。

これは個人的な意見ですが、パネルヒーターで微妙な温度調整をすることは非常に難しいので、裏表で温度差があるリバーシブルタイプを使ったとしても、結局は片面だけを使うことになりそうです。ですから、L字型ヒーターが片面タイプだからといって、決して不便というわけではないように思えます。

モルモット,ヒーター,置き方,画像

ヒーターが装着できるハウス

created by Rinker
マルカン
¥2,122 (2022/09/25 11:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

ヒーターで暖められた空気は上へと移動します。ですから、屋根のあるハウスの底面にヒーターを置くと、より効果的に暖めることができます。

この商品もモルモットやウサギなどの小動物の飼育に使えるペット用品です。ハウスの底面にヒーターを装着できるポケットがついています。置き方は、ハウスについた紐でケージの壁面に固定して、ケージの外にあるコンセントからヒーターの電源をとります。

Sponsored Links

モルモットの祖先とも言えるテンジクネズミは、高地や草原などで巣穴を掘って暮らしているので、この商品のようなハウスの中に入ることを好む動物です。なかには、モルモットがハウスの上に乗って、ソファーのように使用しているという書き込みも見掛けましたが、モルモットが喜んでくれるのなら良いのかなと思います。

この商品と同様に布製のハウスをすでに使用しているのであれば、ハウスをケージに固定して、その下にパネルヒーターを敷くだけで、同じような使い方ができると思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットがケージを噛む理由と対策

ウサギが足の周りをくるくる回る3つの理由

フクロモモンガのハンモック&ハウス!おすすめの寝床を種類別に紹介!

犬の拾い食いをやめさせる方法と原因!防止グッズには近距離グリップ付きリード

猫を飼いたい人必見!猫を飼って後悔しないために知っておく事