ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

ハムスターの飼育で回し車は必須アイテムですが、毎晩、回し車で必死に走っているハムスターを見ていると、なぜそんなに一所懸命走っているのか?そんなに回し車が好きなのか?と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、ケージの中に回し車を設置しただけなのに、ハムスターが夢中になって走ること自体、不思議なことです。今回はハムスターが回し車で走る理由や、一晩の走る距離、走る速度などを紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが回し車で走る理由

ハムスター-走る理由-走る距離-速度-画像1野生のハムスターは、夕方の薄暗い時間帯に起き出して活発に行動します。その主な目的は食べ物を探すためです。ハムスターは日入りと日の出の薄暗い時間帯に食べ物を探すために活発に走り回り、昼間は12時間以上寝ているのが基本的な生活リズムです。

ハムスターが走る理由については、様々なことが考えられますが、ペットとして飼育されているハムスターも、夜中に回し車で走る理由は食べ物を探すためと考えられます。

ハムスターが回し車で走っている様子をよく観察してみると、回し車で走った後に周辺のにおいを嗅ぎながら食べ物を探しているのが分かります。回し車で走っては周辺に食べ物がないか探し、再び回し車で走っては、また周辺を探すという動作を繰り返します。

ペットとして飼育されているハムスターは、飼い主さんから必要な食べ物を貰えるはずですが、夜中に走り回って食べ物を探すという動作が、野生の名残りとしてあらわれているのです。

Sponsored Links

ハムスターが一晩で走る距離

ハムスター-走る理由-走る距離-速度-画像2ハムスターが一晩で走る距離は、ハムスターの種類によっても異なりますが、少なくとも一晩で5㎞以上は走ると言われています。

そもそもハムスターが走る理由は食べ物を探すためなので、食べ物を与えていないハムスターはさらに走行距離が多くなります。食べ物を求めて一晩に5㎞以上も走ることがあると言われています。

ハムスターはヒマワリの種などの植物の種子を好みますが、種子は脂質が多く含まれるので、食べ過ぎると太ってしまいます。予防のためにも回し車で走ることは大切なことです。

低カロリーな食べ物を少量だけケージ内に隠しておくと、ハムスターが回し車で走った後にその食べ物を見付けるので、さらに回し車で走る習慣が定着します。

普段から十分に食事を摂れているハムスターは、満腹感から食べ物を探す必要がなく、突然、回し車で走らなくなることがあるので要注意です。ハムスターに与える食べ物は、適量に抑えるようにしましょう。

Sponsored Links

ハムスターが走る速度

ハムスターが走る速度は、およそ時速5km程度です。これは人間が歩く速度とほぼ同じ速さです。そう考えるとそれほど速いようには思えないかもしれませんが、小さな体のハムスターにとっては、とても激しい運動になります。

ハムスターは、この速度で毎晩5㎞以上走るわけですから、通常の食生活をしていれば太るわけがないのです。ハムスターにとっての5㎞は、人間の大きさにして考えるとフルマラソン2回分の距離だと言われています。

ハムスターが回し車で夢中になって走る理由は、回し車が好きなわけでも楽しいわけでもなく、生きるために食べ物を探すための行動が反映したものです。ですから、走る距離も走る速度も驚くほどの数値になります。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

ハムスターは何時に起きる?何時に寝る?何時間寝る?

ハリネズミが水を飲まない!給水器はストロー式よりお皿式がおすすめ!

ウサギの換毛期が来ない!毛が抜けない理由とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール