ハムスターが噛むようになった理由は?噛み癖の直し方を紹介!

ハムスターを飼育していると、急に狂暴化して飼い主さんの手を噛むようになったということがよくあります。噛み癖の直し方が書かれたネットの情報では、「動物性タンパク質を与える」「手に慣れさせる」などの対処法が紹介されていますが、そもそも、ハムスターが噛むようになった理由は、もっと根深いところにあるように思えます。

Sponsored Links

ハムスターが噛むようになった理由

フランスのストラスブール大学(University of Strasbourg)のマチルド・ティシエ(Mathilde Tissier)氏が率いる研究チームの調査によると、ハムスターはビタミン不足で狂暴化することが報告されています。(参考資料:AFP BB News

この調査内容を簡単に説明すると、ハムスターに同じ食べ物だけを与える単調な食事(研究では主にトウモロコシを与えた)を続けると、ビタミンB3(ナイアシン)の不足により、ハムスターが狂暴化し共食いをするという衝撃的な内容です。

このことから、ハムスターが噛むようになった理由の1つとして、毎日の食事による影響が考えられます。この研究によると、ハムスターが狂暴化した理由は、栄養が偏った食事での空腹によるものではなく、ビタミンB3の欠乏からくる神経系の変化によるものだと発表されています。その変化によりハムスターが、人間で言う精神症状に近い状態に陥ると考えられています。

また、ビタミンB3が不足したハムスターは、無闇にぐるぐる走り回ったり、巣箱に登ったり、巣箱を叩いたりと、異常行動の兆候が見られたということも報告されています。

Sponsored Links

ハムスターの噛み癖の直し方

ハムスター,噛むようになった,理由,噛み癖,直し方ハムスターが噛むようになった理由が、ビタミンB3の欠乏による場合は、ネット上でよく紹介されている噛み癖の直し方の「動物性タンパク質を与える」「手に慣れさせる」などの対処法では、なかなか直すことは難しいです。

ハムスターに与える食事が原因なので、「手に慣れさせる」という対処法は有効ではないように思えますし、「動物性タンパク質を与える」という対処法は良いように思えますが、食事による直し方なので、長期間続けなければ効果は期待できないように思えます。

ハムスター飼育において、動物性タンパク質を含む餌の種類は、ミルワーム(幼虫)やササミ、煮干しなどがあります。ビタミンB3は、タンパク質、脂質、炭水化物の代謝を促す作用がある栄養素です。ですから、動物性タンパク質とビタミンB3を一緒に摂取することが望ましいです。

ビタミンB3は、肉類や魚類に含まれているので、ハムスターにミルワーム(幼虫)やササミ、煮干しなどを与えている場合は、動物性タンパク質とビタミンB3を同時に摂取できていると言えます。ですから、バランスの良い食事を継続できるかどうかが問題なのかもしれません。

Sponsored Links

ハムスターの噛み癖の直し方としては、「動物性タンパク質」と「ビタミンB3(ナイアシン)」の両方を配合したハムスター専用フードがあるので、1ヶ月程度与え続けてみると良いと思います。ハムスターが噛むようになった理由は、ビタミンB3不足以外にも様々ことが考えられ、その子の性格によるところも大きいので、必ず効果があるとは言えませんが、一度試してみる価値はあるように思えます。

「動物性タンパク質」と「ビタミンB3(ナイアシン)」配合のハムスター専用フード

ヒカリ (Hikari) ひかりハムハム 小動物 270g

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの多頭飼い!同じケージで同居可能な種類と成功させるコツ

ハムスターが急に動かなくなる突然固まる理由

ウサギの糞を肥料にする方法!大量の糞が家庭菜園に役立つ!

リクガメがケージ内で暴れる時は部屋んぽで発散!

モルモットが寝る時間帯や睡眠時間は?寝る時は目を開けたまま!?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール