ハムスターが寝床を変える!寝床で寝ないで狭いところで寝る理由

ハムスターを飼育していると、ある日突然寝床を変えることがあります。せっかく用意してあげた寝床で寝ないで、ケージの隅や回し車の下など、どこか狭いところで寝ることが多いです。それでは、なぜハムスターは急に寝床を変えるのでしょうか。その理由について紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが寝床で寝ない!寝床を変える理由は?

ハムスターの性格は非常に個体差があるので、気分屋さんの子はその時の気分によって寝床を変える個体もいますが、そのような理由以外で考えると、主な理由は「本能的なもの」と「温度変化によるもの」の2つが考えられます。

ただし、ハムスターの飼育環境が整っているのであれば、温度変化が理由で寝床を変える可能性は低いので、多くの場合は個体の性格が反映したものか、本能的なものが理由として考えられます。

Sponsored Links

本能的な理由

野生のハムスターは、昼は天敵から身を守るために地中の巣穴で寝て、夜になると食べ物を求めて地上を活発に動き回ります。これは飼育下のハムスターも同じで、昼間は寝床で寝て、夜間になると回し車を回すなどして活動します。

ハムスターに限らず、野生の動物の多くは定期的に生活する範囲を別の場所に移動することがあり、その結果、寝床も変わるということがあります。動物が移動する主な目的は、より多くの食べ物を求めて別のところに移動します。同じ場所にずっといると、季節の変化などの影響でいずれは食べ物がなくなってしまう可能性があるからです。

それでは、食べ物の心配がない飼育下のハムスターの場合はどうでしょうか。一説によると、ペットのハムスターは回し車で走ることで、遠くの別の場所に移動していると錯覚してるのではないかと考えられています。回し車で走った後には、床材の中などに食べ物が落ちていないか探すような仕草を見せることが多いです。

夜間にハムスターは、回し車で走っては食べ物を探し、また回し車を走って食べ物を探すことを繰り返します。ハムスターは、場所を移動していると錯覚しているので、その後、周辺にある暗くて狭い居心地が良いところを寝床にするようになります。

Sponsored Links

たとえ錯覚であっても、ハムスターは移動しながら寝床を変える習性があるので、用意した寝床で寝ないで、ケージの隅や回し車の下など、別の狭いところで寝ることがあっても、いずれは本来の寝床に戻ってくることもあります。

ハムスターは狭いところが好きなので、寝床以外にも狭くて安心できる場所があると喜んで使ってくれることがあります。ケージ内にパイプコースを設置すると、その中を走って遊んでくれることがあるのでおすすめです。いろいろなパーツを組み合わせてオリジナルコースを作って楽しむことができます。

ハムスター用パイプセット

SANKO ハムスターパイプセット ストレート

温度変化による理由

ハムスターが寝床を変える理由については、その子の性格的なものや本能的なものが影響しているところが大きいですが、中には温度変化によって今まで使っていた寝床で寝ないで、どこか別の狭いところで寝るということが考えられます。

ハムスターの飼育において適した温湿度は、温度20~26℃、湿度40~60%です。日本の夏は30℃を越える日もあるので、ハムスターが涼を求めて寝床を変えることが考えられます。たとえば、陶器やガラスでできた容器などの中で寝ることがあります。

また、冬は寒さを凌ぐために暖かい寝床に変えることも考えられます。一般的には、パネルヒーターを寝床の下に敷くことが多いですが、それ以外のところに暖かい場所がある場合は、移動する可能性も考えられます。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

ウサギは夜に照明を消して大丈夫?電気なしで目は見えているの?

ロシアリクガメの温度/湿度管理

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール