ハムスターが寝床を変える!寝床で寝ないで狭いところで寝る理由

ハムスターを飼育していると、ある日突然寝床を変えることがあります。せっかく用意してあげた寝床で寝ないで、ケージの隅や回し車の下など、どこか狭いところで寝ることが多いです。それでは、なぜハムスターは急に寝床を変えるのでしょうか。その理由について紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが寝床で寝ない!寝床を変える理由は?

ハムスターの性格は非常に個体差があるので、気分屋さんの子はその時の気分によって寝床を変える個体もいますが、そのような理由以外で考えると、主な理由は「本能的なもの」と「温度変化によるもの」の2つが考えられます。

ただし、ハムスターの飼育環境が整っているのであれば、温度変化が理由で寝床を変える可能性は低いので、多くの場合は個体の性格が反映したものか、本能的なものが理由として考えられます。

Sponsored Links

本能的な理由

野生のハムスターは、昼は天敵から身を守るために地中の巣穴で寝て、夜になると食べ物を求めて地上を活発に動き回ります。これは飼育下のハムスターも同じで、昼間は寝床で寝て、夜間になると回し車を回すなどして活動します。

ハムスターに限らず、野生の動物の多くは定期的に生活する範囲を別の場所に移動することがあり、その結果、寝床も変わるということがあります。動物が移動する主な目的は、より多くの食べ物を求めて別のところに移動します。同じ場所にずっといると、季節の変化などの影響でいずれは食べ物がなくなってしまう可能性があるからです。

それでは、食べ物の心配がない飼育下のハムスターの場合はどうでしょうか。一説によると、ペットのハムスターは回し車で走ることで、遠くの別の場所に移動していると錯覚してるのではないかと考えられています。回し車で走った後には、床材の中などに食べ物が落ちていないか探すような仕草を見せることが多いです。

夜間にハムスターは、回し車で走っては食べ物を探し、また回し車を走って食べ物を探すことを繰り返します。ハムスターは、場所を移動していると錯覚しているので、その後、周辺にある暗くて狭い居心地が良いところを寝床にするようになります。

Sponsored Links

たとえ錯覚であっても、ハムスターは移動しながら寝床を変える習性があるので、用意した寝床で寝ないで、ケージの隅や回し車の下など、別の狭いところで寝ることがあっても、いずれは本来の寝床に戻ってくることもあります。

ハムスターは狭いところが好きなので、寝床以外にも狭くて安心できる場所があると喜んで使ってくれることがあります。ケージ内にパイプコースを設置すると、その中を走って遊んでくれることがあるのでおすすめです。いろいろなパーツを組み合わせてオリジナルコースを作って楽しむことができます。

ハムスター用パイプセット

温度変化による理由

ハムスターが寝床を変える理由については、その子の性格的なものや本能的なものが影響しているところが大きいですが、中には温度変化によって今まで使っていた寝床で寝ないで、どこか別の狭いところで寝るということが考えられます。

ハムスターの飼育において適した温湿度は、温度20~26℃、湿度40~60%です。日本の夏は30℃を越える日もあるので、ハムスターが涼を求めて寝床を変えることが考えられます。たとえば、陶器やガラスでできた容器などの中で寝ることがあります。

また、冬は寒さを凌ぐために暖かい寝床に変えることも考えられます。一般的には、パネルヒーターを寝床の下に敷くことが多いですが、それ以外のところに暖かい場所がある場合は、移動する可能性も考えられます。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

ウサギは夜に照明を消して大丈夫?電気なしで目は見えているの?

ロシアリクガメの温度/湿度管理

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

ハムスター

おすすめのハムスター用品

スーッと回転する静音回し車

ハムスターは夜行性の動物なので、夜中に回し車で元気良く走ります。ところが、飼い主さんにとっては寝ている時間帯なので、回し車の回転音に悩まされることがよくあるのです。

この商品は、回し車がスーッと回転する静音べアリング構造になっているので、ハムスターが深夜に猛ダッシュしても、あまり気になりません。

ホイール部分は取り外して丸洗いできますし、ワイヤーケージでもガラスケージでも使用可能なのでおすすめです。本体サイズは4種類あるので、ハムスターの体の大きさに合ったものをお選びください。

なめらかな純白のバスサンド

created by Rinker
ジェックス
¥438 (2022/10/01 19:02:25時点 Amazon調べ-詳細)

野生のハムスターは乾燥地帯や高山で暮らしているので、水浴びではなく砂浴びをする習性があります。砂浴びをすることで、毛に付着した汚れや余分な脂を落として、清潔に保つことができます。

砂浴びはハムスターにとって重要なことなのですが、飼育環境によってはなかなか砂浴びをしてくれないことがよくあります。そんな時は、砂浴びに使う砂を違うものに変えてみてはいかがでしょうか。

この商品は、絹のようになめらかな手触りのバスサンドで、細かな粒子が毛の隙間に入り込んでスッキリ清潔にしてくれます。純白の砂なので、ハムスターが砂浴び中に糞尿をしてしまっても、すぐ分かります。

自然派フード

created by Rinker
マルカン
¥402 (2022/10/01 19:20:35時点 Amazon調べ-詳細)

ハムスターは穀物を食べるイメージが強いですが、時には昆虫も食べる雑食性の動物です。ですから、ハムスターに与えるフードは、ビタミン、ミネラル、カルシウム、動物性タンパク質など、バランス良く摂取することが大切です。

この商品は、ハムスターが大好きな各種野菜や穀物に加え、魚粉やチーズなどを配合した自然派フードです。ハムスターは急にフードが変わると警戒して食べないことがあるので、慣れるまでは今与えているフードに混ぜて与えるようにしましょう。

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール