日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

日本でパンダがいる動物園と言えば、東京の上野動物園が有名ですが、実はその他にもパンダを見ることができる動物園があることをご存知でしょうか?その動物園は、なんと、上野動物園よりもパンダを多く飼育しているというから驚きます。

今回は、日本でパンダがいる動物園や、全国に合計何頭のパンダがいるのかなど、パンダにまつわる情報を紹介していきます。

Sponsored Links

日本でパンダがいる動物園は?

日本-パンダがいる-動物園-全国-何頭-画像2020年6月現在、全国でパンダがいる動物園は「東京都恩賜上野動物園(東京)」「アドベンチャーワールド(和歌山)」「神戸市立王子動物園(兵庫)」の3カ所です。

ただし、神戸市立王子動物園にいるパンダの「タンタン(旦旦)メス)」は、中国野生動物保護協会との協定に基づき、生まれ故郷である中国の四川省に返還することになっています。契約終了は2020年7月15日ですが、契約期間に関わらずタンタンに負担がかからない時期を考慮して中国に返還する予定となっています。

神戸市立王子動物園で飼育しているパンダは、タンタンの1頭なので、タンタンが中国に帰ることになれば、日本でパンダがいる動物園は「東京都恩賜上野動物園(東京)」と「アドベンチャーワールド(和歌山)」の2カ所になります。

Sponsored Links

全国にパンダは何頭いるの?

東京都恩賜上野動物園(東京):3頭
アドベンチャーワールド(和歌山):6頭
神戸市立王子動物園(兵庫):1頭

2020年6月現在、日本には合計10頭のパンダがいますが、いずれは、神戸市立王子動物園の1頭のパンダが中国に帰る予定なので、合計9頭になる予定です。

Sponsored Links

東京都恩賜上野動物園(東京):3頭

シャンシャン(香香)メス
リーリー(力力)オス
シンシン(真真)メス

シャンシャンは、2017年に上野動物園で生まれたパンダです。

東京都恩賜上野動物園でのパンダの飼育は、中国野生動物保護協会によるジャイアントパンダ繁殖研究プロジェクトの一環として行われているため、上野動物園で生まれたパンダの「シャンシャン(香香)」は、いずれは中国に返還する予定です。

詳細は東京都恩賜上野動物園HPをご覧ください。

アドベンチャーワールド(和歌山):6頭

エイメイ(永明)オス
ラウヒン(良浜)メス
オウヒン(桜浜)メス
トウヒン(桃浜)メス
ユイヒン(結浜)メス
サイヒン(彩浜)メス

エイメイは中国生まれですが、その他のパンダは全てアドベンチャーワールド生まれです。オウヒンとトウヒンは2014年に生まれた双子の姉妹です。

詳細はアドベンチャーワールドHPをご覧ください。

神戸市立王子動物園(兵庫):1頭

タンタン(旦旦)メス

タンタンは、日中共同飼育繁殖研究のために来園しているので、いずれは生まれ故郷である中国に帰る予定です。契約終了は2020年7月15日

詳細は神戸市立王子動物園HPをご覧ください。

Sponsored Links

おすすめの記事

アルビノと白変種の違い

猫が魚好きなのはなぜ?猫は甘いものが好きなわけではない!?

犬が穴を掘る理由と対策

モルモットはトイレを覚えるのは無理!?しつけ無しのトイレ対策!

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール