アルビノと白変種の違い

動物のアルビノと白変種は、いずれも見た目が白いことからこれらを混同しがちですが、実はこの2つは動物学的に全く別のものです。それではアルビノと白変種にはどのような違いがあるのか?その違いを簡単に説明すると、アルビノは色を付けるためのメラニンが遺伝子疾患により作ることができない個体で、白変種は健康体でありながらメラニン生成が遺伝的に減少している個体です。

今回はアルビノと白変種の違いについて解説していきます。まずは、アルビノと白変種とは何なのかを確認していきましょう。

Sponsored Links

アルビノとは

アルビノ-白変種-違い-カンガルー-画像アルビノとは、体毛や羽毛、皮膚などに色を付けるために必要なメラニン色素が、遺伝子疾患により生まれつき欠乏していることから白化した個体です。メラニン色素には紫外線から体を守る重要な役割があります。これが先天的に欠乏しているため病気のリスクが高いと言えます。

また、自然界では白い体が天敵の標的になりやすく、生き残ることが困難であると言えます。もともと数が少ない上に困難な境遇のため、自然界で見付けることはとても希なことです。

アルビノは、その希少性や白く神々しい見た目から、古くから神の使いまたは吉凶の前触れと考えられてきました。日本ではシロヘビが祀られた神社や伝承が残っています。

アルビノ-白変種-違い-シロコリ-画像中には、観賞用に人為的に繁殖されたアルビノもいます。コリドラスという熱帯魚のアルビノが通称:シロコリと呼ばれて愛されています。

アルビノのコリドラスであっても、アルビノの性質に適した飼育環境であれば通常個体のように長生きさせることもできます。

Sponsored Links

白変種とは

アルビノ-白変種-違い-ホワイトライオン-画像白変種とは、メラニン色素の減少により体毛や羽毛、皮膚などが白化した個体のことを言います。メラニン色素に関係する遺伝子情報が損なわれたことにより白い個体になるアルビノとは違い、白変種は生きていく上で正常かつ基本的な変化だと考えられています。

白変種の動物は、南アフリカで発見された野生のホワイトタイガーや、インドのホワイトライオンなどが知られていますが、なぜ正常な個体でありながら白化した理由は動物学的にはっきり分かってはいません。

一説によれば、氷河期では白い体が保護色となり生き残る確率が高かったことから、先祖の遺伝子が受け継がれて今になって白化したということが言われています。ただし、氷河期に生存していた動物たちの体毛の色を確認するには情報不足であることや、今になって白化が現れている理由が明確に説明できないことから、あくまで仮説に過ぎない。

アルビノ-白変種-違い-シロイルカ-画像白変種の場合もアルビノと同様に自然界で発見されるのは希なことですが、シロイルカやホッキョクグマなどのように通常個体の色が白い種類も存在します。これは生息環境の影響より白変種だけが中心となったと考えられています。このことから、動物は通常種でも環境の変化に合わせてメラニン生成を減少させて体の色を白くする遺伝子情報を持っているという説もあるようです。ただし、これも動物学的に明確な理由は分かっていません。

Sponsored Links

アルビノと白変種の違い

アルビノと白変種の違いは、目の色の違いや、白化の濃度の違いによって見分けることができます。

目の違い

アルビノ-白変種-違い-フェレット-画像

白変種の目は通常の色、アルビノの目は赤色という違いがあります。白変種の目は、その動物本来がもつ色をしていますが、アルビノの場合は色素がないため、目の奥の毛細血管が透過し赤色の目をしているのが特徴です。

白化の濃度の違い

アルビノ-白変種-違い-ホワイトタイガー-画像

アルビノはメラニンの生成に関係する遺伝子情報が欠損しているので、外見が真っ白な個体になりますが、白変種の場合は、メラニン生成が全くできないわけではないので、体に薄い茶色の部分が見られる個体もいます。ベンガルトラの白変種であるホワイトタイガーは、トラの特徴的な縞模様が薄い茶色で残っています。

Sponsored Links

おすすめの記事

飼い猫の8割以上が雑種!三毛猫やキジトラ、サバトラで性格が決まるわけではない!

犬のしっぽの振り方でわかる気持ちとは?しっぽが下がる・上がるで感情の意味が違う!

フクロモモンガの鳴き声の種類と意味(シューシュー・ワンワン・カチカチ・キュッ)威嚇を表す鳴き方は?

フトアゴヒゲトカゲが口を開ける理由

チンチラの鳴き声の種類と意味(キュー・プー・クックッ・ワンワン・ギャーギャー)不満な時の大きい鳴き声は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール