飼い猫の8割以上が雑種!三毛猫やキジトラ、サバトラで性格が決まるわけではない!

現在、ペットとして飼われている猫の種類を大きく分けると、「純血種」と「雑種」の2つに分類されます。日本で飼われている猫の8割以上が雑種で、毛の色によって三毛猫やキジトラ、サバトラと呼ばれていますが、それによって性格が決まっているわけではありません。

日本にいる雑種の猫の祖先はリビアヤマネコと言われていますが、多くの血統が混ざり合っているので、それぞれの性格は個体差があります。たとえ兄弟や親子であっても性格が違うことがよくあります。

Sponsored Links

「純血種」と「雑種」の違い

「純血種」

雑種-三毛猫-キジトラ-サバトラ-性格-純血猫-画像純血種は、スコティッシュ・フォールド、アビシニアン、アメリカン・ショートヘアなど、世界で約100種類ほどが認められています。中には、日本に昔からいる尻尾がポンポンのように丸く短い猫も「ジャパニーズ・ボブテイル」という名前で登録されています。その可愛らしさからアメリカ人に人気があり、繁殖に成功したと言われています。

純血種の特徴は、その猫本来の姿形や性格を保っていることです。長い毛の猫が飼いたい、尻尾の短い猫を飼いたい、穏やかな性格の猫を飼いたいなど、飼い主さんに具体的な希望があるのなら、純血種から探してみるのもいいかもしれません。もちろん、たとえばアメリカン・ショートヘアはとても人懐っこい性格の猫ですが、中にはシャイな猫もいるように、それぞれの性格には個体差があります。

Sponsored Links

「雑種」

雑種-三毛猫-キジトラ-サバトラ-性格-画像雑種は文字通り、いろいろな血統が混ざり合った猫のことを言います。よく三毛猫やキジトラ、サバトラなどと呼ばれる猫がいますが、これらの猫は大抵は雑種です。毛色から呼び方が異なります。実は日本で飼われている猫の8割以上が雑種です。もらったり拾ったりして飼い始める人が多いのも、その理由のひとつと言えます。

雑種の猫は、三毛猫だから活発な性格というような特徴はありません。姿形も性格もばらばらです。見た目が似ている兄弟や親子でも性格は違います。だからこそ一緒に暮らしていくうちに、自分が飼っている猫はこんな性格だったんだと、新しい発見が楽しめます。

純血種でも雑種でも自分が飼っている猫の性格を知っていることが大切です。さっきまで一緒に遊んでいた猫が、突然ぷいっとどこかに行ってしまう…。普段はクールなのに、時々膝に乗って甘えてくる…。猫の性格は個体差がありますが、基本的には4つ気持ちが無意識に入れ替わっています。次では、猫の気持ちの変化について解説していきます。

4つの猫の気持ち

猫はとても気まぐれな動物だと言われていますが、猫の気持ちは大きく分けて4つに分類できます。「家猫」「野生」「子猫」「母性・父性」の4つの気持ちが無意識に入れ替わっているので、余計に気まぐれに見えるのかもしれません。

「家猫」の気持ち

猫にとってお腹は急所でもあります。そのお腹を出して熟睡するのは家猫ならではです。危険と隣り合わせの野生の猫は、テリトリーの中でもそんなことはめったにしません。家猫は家の中が安全なことを知っていて、警戒心を解いているからお腹を出してリラックスできるのです。こんな状態は家猫ならではの気持ちなのでしょう。

「野生」の気持ち

普段は穏やかな猫が突然スイッチが入ったように猛ダッシュしたり、お気に入りのオモチャを見せたとたんに目を輝かせて追いかけ回したり、そんな時は猫の野生の気持ちが出ている状態です。どんなに家の中で生活していても、猫の本能とも言える野生の気持ちは残っているものです。

Sponsored Links

「子猫」の気持ち

「子猫の気持ち」とは、子猫が母猫に甘えるように、飼い主さんに甘えたり同居猫に甘えたりする気持ちです。野生の猫は成長するにつれて、自分1匹で生き抜くために「子猫の気持ち」はなくなっていきます。飼い猫の場合はそのような経験がないため、成猫になっても残っていることが多いです。

「母性・父性」の気持ち

子猫をやさしく見守る母猫のように、年下の猫を可愛がる気持ちです。自分の子供ではなくても、年上の猫が同居の年下の猫の毛づくろいをしたり、子猫のトイレの世話をしたりしている時が、この気持ちに相当します。メス猫に多く見られますが、オス猫でもなることがあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫が外を眺めるのが好きな理由

猫の鳴き声の意味(アオーン・クルル・ンー・ニャーオ・カカカ)短い長い、低い高いなど鳴き方の種類別に猫の気持ちを解説!

猫まんまを猫に与えるのはNG?与えちゃダメな食べ物を解説!

猫の爪とぎグッズ(ダンボール)手作り方法

猫が撫でられて嬉しい場所と撫でて良いタイミング

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール