猫と人間のつき合いはいつどこで始まったのか?猫が古代エジプトで神になる

猫と人間の歴史はとても古く、動物と人間の関係としても特別なもので、いわゆる家畜ではく、お互いが対等に付き合う関係を築いてきました。

それでは、なぜそのような特別な関係を築くことができたのか?猫と人間のつき合いは、いつどこで始まったのか?

歴史上最も猫を愛したと言われる古代エジプト人と猫の関係など、猫と人間の歴史について紹介します。

Sponsored Links

猫と人間のつき合いは、いつどこで始まったのか?

猫と人間のつき合いは、いつどこで始まったのか?その謎を解く手がかりが、アジアの西の端に位置するキプロス島にある遺跡から発見されました。

遺跡の年代は、今から約1万年前の紀元前約8000年(新石器時代)頃です。シロロカンボス遺跡から掘り出されたのが人間に寄り添うように埋葬されていた猫の骨でした。

猫と人間は、1万年前の西アジア周辺で出会ったというのが、現在は有力な説とされています。

Sponsored Links

その頃の人間は、麦などの穀物を栽培する農耕を始めていました。動物などの狩りをする生活から、収穫した穀物を貯蔵するという生活にかわっていました。

穀物貯蔵庫に保存した穀物はネズミの被害にあっていたと考えられ、西アジア周辺の遺跡からは骨を削って作ったネズミの像が見付かっています。人間はネズミの被害に酷く悩まされていたのだろうか?

猫-人間-いつ-どこで-画像

そんなネズミを獲物として狩っていたのが、猫の先祖と言われるリビアヤマネコです。おそらく猫と人間は、穀物を守る倉庫番以上の親密な関係を築いていたのだろう。

それでは、違う動物にもかかわらず、なぜ人間は猫を可愛いと思うのだろうか?

猫は他の動物に比べると、目が顔の正面についている。これは人間と同じです。そういった特徴が人間にとって親近感を抱かせる要素の1つとなっています。

しかも、猫の先祖のリビアヤマネコは、人間を警戒するどころか人間に愛想を振りまいていた可能性もあると言われています。

猫が人間に対して近くに座ったり、体を横にしてゴロンとなったり、という行動が知られています。そういった行動をとることは、リビアヤマネコが人間に対して警戒心が弱いという側面があったのかもしれません。

猫が進化の過程で身につけた習性が、たまたま人間と相性がよかったのかもしれません。

Sponsored Links

猫の進化

『ミアキス(6000万年前)』
猫と犬の共通の祖先。

『プロアイルルス(3000万年前)』
ネコ科動物の最初の先祖。

『プセウダエルルス(2000万年前)』
主に樹上で生活していた。

『リビアヤマネコ(およそ200万年前)』
低木林や砂漠で生活していた。ネズミ・鳥・リスを食べる。

今から6000万年前にミアキスという生き物が地球上に出現して、この生き物は猫や犬、イタチ、クマの共通祖先と考えられています。

現在、ネコ科の動物は約40種ほどいますが、そのうちの1つがリビアヤマネコです。リビアヤマネコと人間の出会いは、リビアヤマネコの方から人間に近づいてきたと考えられています。家畜というのは通常は人間が無理やり捕まえてくるものですが、リビアヤマネコの場合は猫のほうから近づいてきたと考えられています。今でも猫と人間は対等な関係と言えます。

猫たちは人間と出会い、徐々にその役割や生息地もかわってきました。およそ1万年前に西アジアで猫と人間は出会ったわけですが、その後およそ4000年前には東はパキスタン、西はエジプトへ猫の生息地は広がりました。そして、およそ2000年前には東はインド、さらには中国まで広がり、西はヨーロッパまで生息地が広がりました。

それでは、猫が日本に来たのはいつなのか?手掛かりは長崎県カラカミ遺跡(弥生時代)から出土した猫と見られる骨です。猫は中国や朝鮮半島を経由して日本にやってきたと考えられています。

猫-人間-いつ-どこで-ワイルドキャット-画像

猫が古代エジプトで神になる

人間による猫の飼育は、次第に西アジアの外に広がり、今からおよそ4000年前に古代エジプトに辿り着きます。古代エジプトは、3000年もの長きに渡りいくつもの王朝がかわり高度な文明を築きあげました。

18番目の王朝を過ぎた頃、人間は猫の事を神として崇め始めたという歴史があります。しかし、なぜ猫が神になったのか?

実は、古代エジプト人には恐れているものがありました。太陽信仰では暗闇を恐れていたのです。辺りを暗闇が支配する夜に、人々はその恐怖を打ち破る力を猫のある特徴に見出していました。それは輝きを放つ猫の目です。

古代エジプト人は、光り輝く猫の目に太陽の姿を重ねて、猫を崇めるようになったと考えられています。人類の長い歴史の中で、古代エジプト人のように猫を大切にした人々はいない。猫の銅像を作っては黄金できらびやかに飾ったり、猫が亡くなると深く嘆き悲しんで猫のミイラにして手厚く葬ったのです。

猫-人間-いつ-どこで-エジプト-画像

しかし、22番目の王朝の時代に、猫を大切に思う民衆の気持ちは、ある王に利用されていまいます。その王の名はパミィ(BC773~767頃)で、これはオス猫という意味です。猫の名を借りた王は、猫を祀る神殿のそばに都を築き、民衆の心をまとめようとしました。

国の重大事を決める際に「猫のお告げ」というかたちで決定していた可能性があると言われています。神となった猫は国の行方に大きな影響力をもっていた、これが後の時代にエジプト人たちを苦しめることになります。

古代マケドニア人が記した書物「ポリュアイノス(戦術書)」の中には、エジプトは敵国であるペルシアと激しい争うをしていた、この時にペルシアは争いの最前列に猫を並べてエジプトの攻撃を防いだと言います。エジプト人は猫を傷つけることを恐れて反撃できずに敗れてしまった。この戦いの後にエジプトの1つの王朝が終焉をむかえる結果となりました。

Sponsored Links

おすすめの記事

猫がご飯を少し残す原因は?フードは出しっぱなしでいいの!?

猫の夜鳴き・夜暴れる理由と対策!寝れないで鳴く原因は夜行性なのか?

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

犬がウンチを食べる?うれしょんの原因は?犬の粗相の理由と対策を紹介!

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール