イシガメ・クサガメ・ゼニガメの違いと見分け方

日本固有種のカメの1つとして「ニホンイシガメ」が挙げられますが、それと似たカメで「クサガメ」や「ゼニガメ」という名前もよく耳にします。それではニホンイシガメとクサガメとゼニガメは、どのような違いがあるのでしょうか。今回はこれらのカメの違いと見分け方について紹介します。

Sponsored Links

ニホンイシガメとクサガメの特徴の違い

ニホンイシガメの特徴


・日本固有種
・背中の甲羅が黄色がかった黒
・腹部の甲羅は真っ黒
・甲羅の中央に1本ラインの山がある
・顔に模様がない

クサガメの特徴


・外来種
・甲羅全体が赤っぽい黒
・腹部の甲羅に薄い黄色の模様がある
・甲羅の中央と左右に計3本ラインの山がある
・首から顔に黄色の模様がある

Sponsored Links

ニホンイシガメとクサガメの見分け方

ニホンイシガメとクサガメの大きな違いは、ニホンイシガメは日本固有種であり、クサガメは外来種であるという点です。クサガメの原産国は中国や韓国で、200年以上前に朝鮮半島から日本に輸入されたと考えられています。

ニホンイシガメとクサガメの甲羅の違いは、ニホンイシガメは黄色っぽい黒で、クサガメは赤っぽい黒という特徴があります。しかし、甲羅の色や形は個体差があるので、時には見分けることが難しいこともあります。

ニホンイシガメとクサガメの違いを簡単に見分けるポイントは、顔に模様があるかどうかです。ニホンイシガメの顔には模様はありませんが、クサガメには首から顔にかけて黄色の模様があります。

ゼニガメとは?

本来、ニホンイシガメの幼体のことをゼニガメと言っていましたが、近年ではクサガメの幼体のことをゼニガメと言う傾向があります。

ニホンイシガメは黄色っぽい甲羅をしているので、その幼体の小さく丸い甲羅が「銭(ゼニ)」のように見えることからゼニガメと呼ばれるようになったと言われています。

しかし、近年ではニホンイシガメの数が減少し、クサガメの方が多く流通するようになったため、クサガメの幼体をゼニガメと呼ぶようになりました。

Sponsored Links

ニホンイシガメとクサガメの見分けがつかない理由

古くは朝鮮半島から日本に持ち込まれたクサガメが、いつしか日本の自然界にも生息するようになり、やがては日本固有種であるニホンイシガメとクサガメが交配して雑種が生まれるようになりました。

そのため、ニホンイシガメとクサガメのそれぞれの特徴を持ち合わせたハイブリッドなカメが存在し、外見だけでは見分けがつかないことがあるのです。たとえば、クサガメの特徴である顔の模様があるけど、腹部の甲羅はニホンイシガメのように真っ黒というカメが存在するわけです。

ニホンイシガメとクサガメの雑種は、父方のカメと母方のカメのどちらの特徴を色濃く受け継いでいるかで、外見が変わるのでDNA検査をしないと違いが分からないこともあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

イタチとカワウソの違い!カワウソはフェレットよりもラッコに近い!

クジラがいる水族館一覧!ゴンドウクジラとイルカの違いは?

ハムスターが嫌がる音と嫌いな匂い

子犬の甘噛みはいつまで?甘噛みを止めない理由や意味、止めさせるしつけを紹介!

猫は夜に電気を消してもOK!寝ないで暴れる理由と対策

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール