イタチとカワウソの違い!カワウソはフェレットよりもラッコに近い!

今回は、イタチとカワウソの違いについて紹介します。ペットのフェレットやカワウソなどは大きく見るとイタチの仲間になります。イタチの仲間と言える動物が、進化の過程で陸、川、海へと生息地を移動していったと考えられています。

Sponsored Links

イタチとカワウソの違い

イタチ

イタチ カワウソ 違い 画像1
哺乳綱-食肉目-イタチ科-イタチ属
陸上に生息する
水かきがない

カワウソ

イタチ カワウソ 違い 画像2
哺乳綱-食肉目-イタチ科-カワウソ亜科
陸上と水中の両方で活動する
水かきがある

Sponsored Links

分類上の違い!カワウソはラッコに近い

イタチとは、イタチ科イタチ属に分類される動物の総称で、ニホンイタチやチョウセンイタチなどの他に、フェレット、オコジョ、イイズナ、ミンクなどもイタチ属に含まれます。見た目がよく似ているテンやクズリはイタチ亜科に分類されますが、いずれも類縁関係が近い動物と言えます。

カワウソも大きく見ればイタチの仲間で、そこから派生したカワウソ亜科に分類される動物です。カワウソ亜科には、その他にもラッコなどが含まれています。

水中での活動を得意としているカワウソは、陸上のみに生息するフェレットやミンクなどよりも、どちらかと言うと、カッコの方が類縁関係が近いと言えます。分類上もカワウソとラッコは同じカワウソ亜科に属してします。

Sponsored Links

生息地の違い!陸から川、海へと進化

もともとイタチの仲間の動物は、陸上で暮らしていましたが、進化の過程で川や海で活動できる種類が出現してきました。陸上だけではなく水中でも活発に活動できる種類がカワウソで、陸での生活に依存することなく、海上のみの生活ができるようになったのがラッコだと考えられています。

陸上と水中を行き来するカワウソの四肢には、水かきがあります。ラッコの後脚の水かきは、さらに進化して魚のヒレのようになっています。

また、水中での生活に適応して、鼻孔や耳孔を閉じることができます。そして、カワウソ亜科に属する動物うち、ラッコだけが陸上で活動せずに海上のみに生息するという特徴があります。

イタチやカワウソに限らず、動物が生息地を移動する理由については、様々ことが考えられますが、代表的な理由の1つとして「食べ物を求めて移動する」ということが挙げられます。

イタチとカワウソの食性は、どちらも動物食が強い雑食です。基本的には、魚やカニなどの甲殻類、カエルなどを食べる肉食ですが、時にはヤマブドウなどの植物の果実も食べることがあります。

フェレットとカワウソの臭い違い

フェレットやカワウソに限らず、食肉目に属する動物のほとんどが、強い臭いを放つ液を溜める肛門腺(臭腺)を持っています。この臭腺からの分泌液は、糞尿に混ざって体外に分泌されます。この臭いは、自分のテリトリーを示すマーキングに使われます。

しかし、日本国内のペットショップで販売されているフェレットの多くは、すでに臭腺除去、去勢・避妊が施されていることがほとんどなので、個体差はありますが、あまり臭いは気になりません。

フェレットは、他のイタチ科の動物とは違い、野生のヨーロッパケナガイタチを家畜化されたものなので、人間とフェレットとの関わりはとても古く、古代ギリシャまたは古代エジプトが起源とされています。ペットとしての歴史が長い種類なのです。

一方、カワウソはペットとして飼うことは比較的少なく、水族館で飼育しているカワウソは自然に近いことが重要なので、臭腺除去を行いことありません。ですから、独特の獣臭がします。

Sponsored Links

おすすめの記事

フェレットの鳴き声の意味と種類「キュン・クー・キュー・クックックッ・スンスン・シュー」

チンチラの温度管理!夏と冬のエアコン対策

ケヅメリクガメの餌の量がスゴイ!食費を抑える方法を紹介!

犬が鼻をつけてくる理由

猫のシニアは何歳から?平均寿命は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール