モルモットの毛がない種類「スキニーギニアピッグ」

今回は、モルモットの毛がない種類の「スキニーギニアピッグ」について紹介します。スキニーギニアピッグを飼育する際に気を付けておきたい事や、無毛種のモルモットがいつどこで誕生したのかなどを解説していきます。

Sponsored Links

モルモットの毛がない種類

モルモット,毛がない,種類,スキニーギニアピッグ毛がないモルモットの種類として知られているのは「スキニーギニアピッグ」と呼ばれる品種です。「skinny(スキニー)=肌っぽい」「guinea pig(ギニアピッグ)=モルモット」という意味です。

毛がないと言っても全くないわけではなく、鼻先や足先などに部分的に薄い毛が生えている個体もいます。毛の色や肌の色は様々なタイプが存在し、全身が黒い個体や肌色の個体、茶色の模様がある個体などがいます。メラニン色素(黒い色素)が欠乏して目が赤いアルビノのスキニーギニアピッグも存在します。

スキニーギニアピッグの育て方は、基本的には通常の毛がある種類のモルモットと同じですが、スキニーギニアピッグは無毛種のため、温度管理を気を付ける必要があります。

Sponsored Links

スキニーギニアピッグの最適温度は20~26℃ほどで、これは毛のあるモルモットよりも少し高い設定になります。無毛種と言っても皮膚が弱いわけではなく、有毛種の皮膚と同じですが、毛がないため日焼けや寒さ、乾燥などの抵抗力は低いです。

そのため、温湿度管理をしっかり行い、野菜などからのビタミン摂取で抵抗力を付け、ぬるま湯を含ませたタオルなどで体を拭いてあげるなどして、皮膚を清潔に保つ必要があります。

スキニーギニアピッグはいつどこで誕生したのか

毛のないモルモットは、1978年にモントリオールの研究所で自然発生的な遺伝子変異で誕生したと言われています。ですから、もともとは研究のために飼われていたモルモットだったわけです。その後モルモットの無毛種は、1982年になるとアメリカの製薬会社で皮膚の研究として使用されるようになりました。

ペットとして流通しているスキニーギニアピッグは、このモルモットの無毛種と通常のモルモットの有毛種を交配したものです。

Sponsored Links

無毛種のスキニーギニアピッグ同士を交配すると、毛がないモルモットが生まれるのですが、繁殖プロセスとして、少なくとも1世代おきに有毛種の遺伝子を加えて、異系交配する必要があると考えられています。

ただし、モルモットの無毛種と有毛種の交配により、無毛種の遺伝子を持つ個体が生まれたとしても、必ずしも毛がないモルモットになるとは限らない。

人間とモルモットの付き合いは長い歴史がありますが、スキニーギニアピッグは比較的新しい品種と言えます。カナダやアメリカ、ヨーロッパなど、世界中でスキニーギニアピッグの愛好家も増えています。日本でも1990年代後半くらいから徐々に人気が高まってきています。

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットの毛が長い種類

モルモットの毛が逆立つ種類

イシガメ・クサガメ・ゼニガメの違いと見分け方

初めて犬を飼う(犬種・準備・費用)初心者でも飼いやすい犬ランキングを紹介!

猫が顎を乗せる意味と理由!猫が顎をつけて寝るのはなぜ?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

モルモット
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール