ハシビロコウの生態の不思議

ハシビロコウの生態は、コウノトリやサギ、ペリカンなどに類似するところもありますが、どの種類とも直接的な類縁関係がなく、ハシビロコウの一種で一科を成す謎の多い鳥です。

じっと動かないことが多くても飛べないわけではない、地味な灰色の羽根のようで、よく見る青く輝くこともある、そんなハシビロコウの不思議な魅力について紹介していきます。

Sponsored Links

ハシビロコウの分類上の不思議

ハシビロコウ-生態-画像

和名:ハシビロコウ(意味:クチバシの広いコウノトリ)
英名:Shoebill(意味:靴のようなクチバシ)
学名:Balaeniceps rex(意味:クジラの頭の王様)
分類:ペリカン目-ハシビロコウ科
生息地:中央アフリカの湿地地帯とその周辺の草原地帯
体長:約1.0~1.4メートル
体重:約4~7キログラム
寿命:約30~40年

名前の由来

ハシビロコウは、これまでコウノトリに似た鳥だと考えられてきました。そのため和名の「ハシビロコウ」は「ハシビロ=クチバシが広い」「コウ=コウノトリ」という意味から名付けられました。今では遺伝子研究の結果ペリカンに近い鳥だと考えられています。

英名の「Shoebill」は「shoe=靴」「bill=クチバシ」という意味で、ハシビロコウのクチバシが、まるで大きな木靴のような色と形をしていることが由来しています。

学名の「Balaeniceps rex」は、ラテン語で「balaena=クジラ」「ceps=頭」「rex=王様」という意味から名付けられました。

どの名前も、ハシビロコウの頭部が由来になっていることから、大きな頭とクチバシが印象的な鳥であることが分かります。

一科一種の珍しい鳥

ハシビロコウは、これまでコウノトリやサギ、ペリカンなどの特徴を合わせ持つ鳥と考えられてきました。以前はコウノトリ属に分類されていましたが、現在では遺伝子研究の結果、ペリカンに近い動物であると判断され、ペリカン属に分類されています。

ただし、どの種類にも直接的な類縁関係はなく、ハシビロコウの一種で一科を成す珍しい鳥です。

Sponsored Links

ハシビロコウの生態の不思議

ハシビロコウの生息地

野生のハシビロコウは、アフリカ東部から中央部にある湿地地帯、及ぶその周辺の草原地帯に生息しています。これはカミガヤツリ(パピルス)という植物の分布と同じことで知られています。

ハシビロコウはアフリカの様々な国で目撃されており、中央アフリカ共和国、タンザニア、ウガンダ、スーダン、ルワンダ、コンゴ共和国、ザンビア、マラウィ、エチオピアなどで生息が確認されています。

ハシビロコウは、基本的には遠くまで移動せずに生活する留鳥です。ただし、食べ物不足などの何らかの理由がある場合は、より良い環境を求めて少しずつ移動します。

第3のまぶた

ハシビロコウ-生態-瞬膜-画像ハシビロコウの目には「第3のまぶた」と呼ばれる瞬膜(しゅんまく)があります。これは通常のまぶたとは別に白っぽい膜が眼球を覆い、水や泥など目に入るのを防ぐ働きをしています。膜の色が白いので、まるで白目をむいているように見えますが、そうではありません。

瞬膜はハシビロコウに限らず、他の鳥類や爬虫類にもよく見られる器官です。両生類、魚類、哺乳類でも一部の種に瞬膜を見ることができます。膜の色が白いものもあれば半透明のものもあります。

また、ハシビロコウの目は、若いうちは黄色の瞳をしていて、成熟すると青色の瞳になります。

独りでいる方が落ち着く

ハシビロコウは繁殖の時期を除いて、ほとんど時間を単独で行動します。複数のハシビロコウを飼育している動物園では、お互いが一定の距離を空けて干渉せずに生活している姿を見ることができます。

これは、たとえ血縁関係にあるハシビロコウ同士でも、成熟した鳥が近づいて一緒に暮らすことはありません。ただし、繁殖期の生態を除きます。

Sponsored Links

クチバシを打ち鳴らしてコミュニケーション

ハシビロコウは声を出す機能が退化しているので、鳴き声を出すことが苦手です。その代わりに、クチバシを叩き合わせてコミュニケーションをとります。この動作を「クラッタリング」と言い、ハシビロコウの他にも、コウノトリなどの鳴くことが苦手な鳥に見られる動作です。

お辞儀で愛情表現

ハシビロコウは、首を左右に軽く振りながら頭を下げる、お辞儀のような動作をすることで相手に愛情を伝えます。この動作は、オスとメスの求愛表現で行われることもあれば、動物園では大好きな飼育員さんに親しみを込めてお辞儀のような動作をすることもあります。

ハシビロコウは、草の間に拾い集めた植物を積み上げて、卵を産むための産座を作ります。直径1メートル程の産座の上に1、2個の卵を産み、オスメス交代で抱卵します。約30日程抱卵してかえった雛鳥は、その3年程で成熟します。

実はゴージャス!青く輝く羽根

ハシビロコウ-生態-羽根の色-画像ハシビロコウの羽根は灰色の部分が多く、一見地味な鳥のように思えますが、光の加減で青く見えることがあります。ハシビロコウはもともと大きな鳥なので、その体が青くキラキラと輝く姿はとてもゴージャスで圧倒されます。

ただし、ハシビロコウはなかなか動かない鳥なので、青く輝く姿を見るチャンスは少ないかもしれません。

また、ハシビロコウの頭部には、特徴的に長く伸びた羽根があります。これを冠羽(かんう)と言い、威嚇する時など感情によって羽根が立ち上がることがあります。

動かない鳥

ハシビロコウは「動かない鳥」として知られています。これはハイギョ(肺魚)などの川魚を狩る時に、ハシビロコウが長時間動かずに魚が近づいてくるのをじっと待つ習性があるためです。ハシビロコウの好物であるハイギョは肺呼吸をする魚で、呼吸をするために水面に浮かび上がってくるところを、大きなクチバシで狙います。

ただし、狩りをしていない時のハシビロコウは自然に動きます。歩いたり、クチバシを打ち鳴らしたらり、時には翼を広げて飛ぶこともあります。

ハシビロコウの主食は、ハイギョやポリプテルス(古代魚の一種)などの淡水魚ですが、時にはカエルやヘビ、昆虫、小型の哺乳類などを食べることがあります。動物園ではニジマスやコイなど、日本の淡水魚を与えていることが多いです。

足に尿をかけて涼をとる

ハシビロコウは自分の足に尿をかけて、その蒸発による気化熱を利用して涼をとります。この行動はハシビロコウと類似している鳥と言われるコウノトリにも見られる生態です。

足にかかった尿は白く跡を残すので、動物園ではハシビロコウの足が白く汚れている様子を見ることができます。

ハシビロコウのいる動物園の情報も合わせてご覧ください。

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?
ハシビロコウのふたばちゃんが動画サイトで話題になったことをきっかけに、密かなハシビロコウ・ブームが巻き起こっている昨今ですが、実はその他にもハシビロコウがいる動物園がいくつかあることをご存じでしょうか?意外にもハシビロコウは都心にある動...

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

ウサギがカーペットを掘る・かじる理由!前足バタバタでストレス解消グッズを紹介!

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)は人工餌のみで大丈夫?食べない時の対処法を紹介!

シラサギとアオサギの違い!田んぼのサギは渡り鳥?

ハリネズミが懐かない原因!可愛くないと思う前に知るべき事

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

動物の雑学
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール