モルモットはトイレを覚えるのは無理!?しつけ無しのトイレ対策!

モルモットは、猫や犬のようにトイレの場所を覚えることが難しい動物です。ですから、モルモットにトイレをしつけようとしても失敗に終わることが多いです。

しかし、モルモットはケージ内の同じ場所で排泄する傾向があるので、その場所にトイレを設置することで、対策することができます。

Sponsored Links

モルモットがいつもおしっこをする場所はどこ?

モルモット-トイレ-覚える-しつけ-対策-画像1個体差はありますが、基本的にモルモットは、ケージ内の四隅や壁際で排尿する傾向があります。おしりが壁に着きそうな隅っこで排泄することが多いです。

ただし、我慢できずにケージの中央近くで糞尿をしてしまうこともあれば、縄張り意識などの他の理由で違った場所に排尿することもあります。

まずは、自分が飼育しているモルモットが、ケージ内のどの場所で排泄しているのかを、事前に知っておく必要があります。

Sponsored Links

ケージ内の四隅にトイレシートを敷く

モルモットは、ケージ内の四隅で排尿する傾向があります。いつもおしっこをする場所が分かれば、その場所にトイレシートを敷いて対応することが可能です。

ケージ内の飼育環境によって空いたスペースで排尿することもあるので、モルモットが壁際で排尿することもよくあります。

設置するトイレシートは消臭タイプのものを使用すると良いでしょう。ウサギ用のトイレシートがモルモットなどの小動物全般に使えます。

消臭タイプのトイレシート

ミニマルランド うさぎの消臭シーツ 60枚

ハウス選びと設置場所を工夫する

モルモット-トイレ-覚える-しつけ-対策-画像2モルモットの寝床としてハウスを設置してあげたのに、ハウス内で糞尿をしてしまい、ハウスがトイレになってしまうということが少なくありません。

ハウス内でモルモットが排泄すると、内部に嫌な臭いが染み込んでしまうので、できればハウスの外で排尿することが望ましい。

モルモットはおしりが着きそう隅っこで排尿する傾向があるので、おしりが着かない筒状のハウスを選んで設置すると、ハウス内で排泄しなくなることがあります。

筒状のハウス

SANKO とびばこハウス L

また、ハウスをケージの中央に設置することで、四隅にスペースができるので、その場所にモルモットを誘導して排泄させるという効果も期待できます。

ケージ内に置くものの位置を変えることで、モルモットを空きスペースに誘導し、その場所をトイレとして使ってもらうという作戦です。モルモットはケージの隅でおしっこをする傾向があるので、その場所を空けておいて、事前にトイレシートを敷いておくと掃除が楽になります。

Sponsored Links

野生のモルモットは、猛禽類などに襲われる危険性を常に感じている臆病な動物なので、無理にトイレを覚えるようにさせるなど、厳しいしつけを行うと、飼い主さんのことを嫌いになってしまうことがあるので、無理矢理しつけることはやらないようにしましょう。

むしろ、飼育しているモルモットの生活習慣に合わせて、トイレシートを敷いたり、ハウスの配置を工夫したりして、対応した方が飼育が楽になります。モルモットがいつも排尿する場所は個体差があるので、まずは、自分が飼育しているモルモットの生活習慣をよく観察して、いつも排尿する場所を知っておくことが大切です。

Sponsored Links

おすすめの記事

モルモットの鳴き声の意味「グルグル・キュルキュル・キュイキュイ・クルクル・プイプイ」など種類と大きさで気持ちが分かる

モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

ウサギがカーペットを掘る・かじる理由!前足バタバタでストレス解消グッズを紹介!

ハリネズミのエサの量と食事回数!キャットフードで代用していいの?

ハムスターの毛づくろいの意味!長い時間激しいグルーミングを頻繁する場合は?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

モルモット
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール