ハムスターが床材を掘る理由は?土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介!

ハムスターを飼育した経験がある方であれば、ハムスターが床材を掘るのが大好きな動物だということをご存じだと思います。素早く前足を動かして床材を掘り、後ろ足で外に掻き出す。小さな体を懸命に使って掘り進めていく姿は、なんとも可愛らしいものです。

穴掘りに夢中になるハムスターですが、いったい何のために床材を掘るのでしょうか。今回はハムスターが床材を掘る理由や、土の床材で飼育するメリット・デメリットについて紹介します。

Sponsored Links

ハムスターが床材を掘る理由

ハムスターが床材を掘る主な理由は2つあります。1つ目の理由は「巣穴作り」のためです。2つ目の理由は「餌を探している」ということが考えられます。それでは1つひとつ確認していきましょう。

巣穴作り

ハムスター 床材 画像野生のハムスターは、岩場などの狭い空間を好み、そこを巣穴にして暮らしています。巣穴に丁度良い場所がない場合は、自ら地面に穴を掘って巣穴を作ることもあります。地面を掘った巣穴は、時に2mを超えることもあります。深い巣穴作りは、夏の猛暑や冬の厳しい寒さから身を守る意味でもあります。

ペットとして飼われているハムスターも、床材を掘って隠れ家のような空間を作ることがあります。ペットのハムスターには、すでに巣箱が用意されているので、床材を掘った巣穴は必要ないように思われますが、狭くて安心できる空間を自分で作るという習性は、ペットのハムスターでも持っているようです。

Sponsored Links

床材を掘って作った巣穴に、餌を持ち帰ってゆっくり食べたり、安心できる空間で思う存分毛づくろいをしたりします。ところが、寝る場所はいつもの巣箱の中という具合です。野生のハムスターの場合は、このような安心できる隠れ家をいくつか持っているものなので、ペットのハムスターも床材を掘って作った巣穴が、いくつかある隠れ家のうちの1つとして使っているということが言えます。

餌を探している

ハムスター 飼育 画像1ハムスターが床材を掘るのは、床材に埋もれた餌を探しているということも理由の1つとして考えられます。野生のハムスターは、こぼれ落ちた植物の種子を、土の中から掘り起こして食べることがあります。ペットのハムスターでも、こぼれ落ちた餌を床材の中から見付けることもあります。以前に餌を見付けたという体験から、宝探しのように床材を掘って餌を見付けようとします。

Sponsored Links

ペットのハムスターが、回し車で猛ダッシュした後に、床材を掘って餌を探し、再び回し車で走っては、また床材を掘るという仕草を見せることがあります。これは、ハムスターが回し車で走ることで、別の場所に移動したと勘違いして、そのたびに床材を掘って餌を探していると考えられています。

野生のハムスターも餌をお求めて、移動しながら暮らしているので、ペットのハムスターも同様の習性が考えられます。ハムスターが回し車で走る理由については、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

ハムスターが回し車で走る理由は?一晩で走る距離や速度はどのくらい?
ハムスターの飼育で回し車は必須アイテムですが、毎晩、回し車で必死に走っているハムスターを見ていると、なぜそんなに一所懸命走っているのか?そんなに回し車が好きなのか?と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そもそも、ケージの中...

ハムスターを土の床材で飼育するメリット・デメリット

ハムスターの飼育は、木材を細かくしたチップ類を床材に使うのが一般的ですが、ハムスターの掘る習性を活かして、土の床材で飼育することもあります。使用する床材については、お好みのものを使えば良いと思いますが、ここでは、土の床材で飼育するメリット・デメリットを紹介します。

メリット

ハムスターの尿は、とても濃く臭いもキツイのが特徴です。チップの床材を使っている場合は、頻繁に交換しないといけません。しかし、土の床材にはバクテリアがいるので、ハムスターの糞尿に含まれる臭い成分を自然に分解して、嫌な臭いを軽減してくれるというメリットがあります。

また、土の床材は交換する必要がなく、土に混じった食べ残しや糞などを振るいにかけて取り除き、床材が減ったら新しい土を加えるというのが一般的です。あまりに大きな食べ残しやたくさんの糞は、バクテリアで分解しきれないので、取り除く必要があります。

デメリット

土の床材は、特に梅雨の時期から夏場にかけてカビが発生しやすいのがデメリットです。床材に発生したカビが原因で、ハムスターが肌トラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

土の床材は頻繁に交換するものではないので、通気性を良くするなどして管理することが大切です。

おすすめの土の床材

H・H・J(ハッピー・ホリディ・ジャパン)ハッピーホリディ NEWネイチャーランド 2L

補充用バクテリア

H・H・J(ハッピー・ホリディ・ジャパン)ニューネイチャーランド用 バクテリア補充液 小動物用スプレー 500cc

同メーカーより、さらにグレードが高く消臭効果が期待できる床材も販売されていますが、やや高額なので、初めて土の床材で飼育する方は、比較的安価なこちらの床材を試してから、他の床材も検討してみると良いと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの毛づくろいの意味!長い時間激しいグルーミングを頻繁にする場合は?

ハムスターの鳴き声の意味「キュッキュッ・プスプス・クックッ・キュー・ククク・プププ・ギー」

ハムスターの飼い方!夏と冬は温度・湿度に注意!ゴールデンの寿命とは?

ハリネズミが巣作りする時は?巣箱の中に床材がいっぱい!

モルモットの毛が逆立つ種類

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール