ハムスターにミルワームはいつから?頻度と適量は?代わりの動物性タンパク質も紹介!

今回は、ハムスターにミルワームを与える際の注意点を紹介します。いつから与えれば良いのか?頻度と適量はどのくらいなのか?など、ミルワームの与え方を解説していきます。記事の後半では、ミルワームの代わりになる食材も紹介しているので参考にしてみてください。

Sponsored Links

ハムスターにミルワームを与えるのはいつから?

ハムスター,ミルワーム,いつから,頻度,量,代わり,動物性タンパク質,画像1ミルワームとは、ゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫の総称で、主にチャイロコメノゴミムシダマシの幼虫がペット用の餌として販売されています。ミルワームの生餌もあれば、缶詰や乾燥させたミルワームも販売されています。

一般的に、ペットショップで販売されているハムスターは、生後1~2ヶ月程度の子です。この時期からミルワームを与えても問題ありません。

ただし、ペットショップでどのような餌を与えて育てていたかによって、その個体が好む食事が異なります。中には、ミルワームを与えても餌と認識できずに食べない子もいるかもしれません。

ですから、ハムスターがいつからミルワームを食べるようになるかは、個体の飼育環境や性格によるところが大きいです。

ペットショップでハムスターを購入する前に、店員さんにハムスターの餌やり飼育環境などを聞いておくと良いでしょう。

Sponsored Links

ハムスターにミルワームを与える量

ハムスターに与えるミルワームの量は、ハムスターの体の大きさによって異なります。

ゴールデンハムスターやキンクマハムスターなどのやや大き目のハムスターであれば、1回与えるミルワームの量は3~4匹ほどです。

ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターなどの小型のハムスターには、1回与えるミルワームの量が2~3匹ほどになります。

ハムスターの主食は栄養バランスの良いペレットになります。ミルワームはあくまで副食です。

昆虫食を好むハムスターにとって、ミルワームは嗜好性の高い食べ物です。一度にたくさんの量を与えてしまうと、肝心のペレットを食べなくなってしまうことがあるので、ミルワームの与え過ぎには注意が必要です。

Sponsored Links

ハムスターにミルワームを与える頻度

ハムスターにミルワームを与えるのは3日に1回程度で十分です。野生のハムスターも昆虫食を好みますが、いつも食べているわけではありません。季節的に昆虫がいない時期もあります。

ハムスターの食性は草食傾向が強い雑食です。たまに昆虫を食べて動物性タンパク質を補う程度で十分なのです。

生後6ヶ月くらいの成長期のハムスターには、副食としてミルワームを与えると良いのですが、1歳半を過ぎた高齢のハムスターには、ミルワームを与えるのは良くありません。

高齢のハムスターにタンパク質を与えるのは悪いことではないのですが、ミルワームには脂肪分が多く含まれているので、避けた方が無難です。

ミルワームの代わりになるもの

ハムスター,ミルワーム,いつから,頻度,量,代わり,動物性タンパク質,画像2飼い主さんの中には、昆虫が苦手という方もいらっしゃると思います。そんな方のために、ミルワームの代わりに与えることで、動物性タンパク質を摂取できるものを紹介します。

ハムスター愛好家の中では、煮干しをハムスターに与えることで動物性タンパク質を摂取させるということ多いです。厳密に言えば、野生のハムスターが魚を食べる機会があるかどうかは微妙なところですが、煮干しでしたらスーパーなどで手軽に入手することが可能です。

その他には、ミルワームの代わりに少量の茹でたササミをハムスターに与えるということもあります。

または、昆虫をペレット状にしたペット用品もあります。この商品は、ミルワームとシルクワームとコオロギを粉末状にして、与えやすいペレットタイプにしたものです。昆虫の見た目が苦手という飼い主さんのお悩みも、これで解決するのではないでしょうか。

昆虫食スナック

虫グルメ 昆虫食スナック 70g

動物性タンパク質が不足するとハムスターが狂暴化するということもあるようです。ハムスターの食事と攻撃性の関係については、以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

ハムスターが噛むようになった理由は?噛み癖の直し方を紹介!
ハムスターを飼育していると、急に狂暴化して飼い主さんの手を噛むようになったということがよくあります。噛み癖の直し方が書かれたネットの情報では、「動物性タンパク質を与える」「手に慣れさせる」などの対処法が紹介されていますが、そもそも、ハムスタ...

Sponsored Links

おすすめの記事

ハムスターの可愛い陶器ハウス!おすすめはコレだ!

ハムスターが餌を隠す・溜め込む理由は?餌がすぐなくなる時は1日の餌の量に要注意!

レオパの隠れ家!おすすめのセカンドシェルターはコレ!

子犬の甘噛みはいつまで?甘噛みを止めない理由や意味、止めさせるしつけを紹介!

猫が鼻をつけてくる・鼻をこすりつける理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハムスター
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール