犬の命を助ける仕事!野良犬がいない理由とは?

犬の命を助ける仕事と言うと、真っ先に思い浮かぶ職業はおそらく獣医さんだと思います。ところが、動物保護団体がたくさんの犬たちの命を救っていることは、あまり知られていません。今回は街に野良犬がいない理由や、犬の命を助けるボランティアの仕事について紹介します。

Sponsored Links

野良犬がいない理由

現在、日本では市街地で野良犬を見掛けることは、ほとんどありません。一見良いことのように思えますが、実はその背景にはあまり良くない理由が隠れています。

飼い主さんがいない野良犬を見付けた場合は、行政機関が捕獲しなければならないと、狂犬病予防法に定められています。また、飼い主さんからペットの犬の引き取りを求められた場合は、行政機関が引き取らなければいけないと、動物愛護法に定められています。

そして、保健所や動物愛護センターに移動した犬は、一定の収容期間が過ぎると、とても胸が痛むことですが、人為的に処分することになります。収容期間の長さは、各自治体によって異なりますが、早くて3日ほどです。行政機関は税金によって運営されているので、飼い主さんが見付かるかどうか分からない犬を長い間保管し、飼養するための資金がまわないのが現実です。

Sponsored Links

命を落とす野良犬は年々減っている

子犬-甘噛み-いつまで-止めない-理由-意味-止めさせる-しつけ-兄弟-画像行政機関のやむを得ない処分によって命を落とす犬の数は、年々減少傾向にあります。減少した主な理由は2つあって、1つ目は2012年の動物愛護法の改正により、飼い主さんから行政機関に犬の引き取り依頼があったとしても、不適切な理由であった場合は断っても良いという新しい法律になったためです。

たとえば、販売業者からの引き取りや、老齢など飼育が困難であると認められない理由であった場合は、行政機関が犬の引き取り依頼を断っても良いことになりました。

命を落とす野良犬が減った2つ目の理由は、民間ボランティア団体による助力がもたらした結果と言えます。本来、野良犬の保管や飼養、譲渡などの仕事は行政機関が行うものですが、これらを非営利の動物愛護団体に委託することで、犬たちは命を落とすことなく、新しい飼い主さんが見付かれば譲渡されます。

Sponsored Links

犬の命を助けるボランティアの仕事

非営利の動物愛護団体の仕事は、処分対象となってしまった犬を行政機関から引き取り、新しい飼い主さんが見付かるまで飼育することです。これは寄付や募金などによって運営されるボランティアの仕事になります。

最近では、ふるさと納税のNPO指定寄付によって、地域との繋がりが強い動物愛護団体が多大な貢献をしていることが見受けられます。寄付をする側の人も、寄付することで所得税や住民税の一部を免除されるので、お互いにメリットがあることが成功の理由の1つと言えます。

動物愛護団体にボランティアとして、自分の労働力を提供する場合の具体的な仕事の内容は、「散歩ボランティア」や「預かりさん」などがあります。

「散歩ボランティア」は、動物愛護団体で保護されている犬を散歩してあげるボランティアです。現代人は運動不足になりがちなので、犬と一緒にウォーキングすることで自身の健康維持にも役立つと思います。

「預かりさん」とは、里子候補の犬を一時的に自宅で預かり、里親が見付かるまでお世話をしてあげるというものです。たくさんの犬を保護している施設では、飼育する場所に困ることがあります。ボランティアの方の自宅に犬を預けることで、飼育場所の問題を解決できるのは勿論ですが、人との生活に犬を慣れさせるという点でも有効です。

Sponsored Links

おすすめの記事

ペットの資格は犬猫以外の小動物も学べるのが重要!

犬が言うことを聞かなくなる原因!オテやフセしなくなった理由は?

子供がいる家庭で犬を飼う場合の注意点

猫を飼いたい人必見!猫を飼って後悔しないために知っておく事

猫が前足をたたむ・フミフミする・前足でチョンチョンするなど、前足に関する不思議な行動を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ペット関連の仕事
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール