チンチラの大型ケージ4階建て!おすすめはフェレットケージで代用!

チンチラはピョンピョンと跳び回って移動するので、ケージが狭いと感じることが多々あります。そんな時は大型ケージを検討してみてはいかがでしょうか。大型ケージと言っても横に広いものは置く場所に困るので、高さのある4階建てケージがおすすめです。

チンチラ専用の4階建てケージはなかなか無いので、フェレット専用のケージで代用することになります。しかも、国内のペットメーカーではなかなか見付けることが難しいので、海外のペットメーカーのケージになります。

Sponsored Links

チンチラ用の3階建てケージはあるのだけど…

Gifty 3階建て広々ケージ チンチラ リス 大型 ケージ スノコ付き 通院 避難 デグー うさぎ 小動物用 おでかけ キャリー

3階建てケージであれば、チンチラやフェレット、デグー、リスなどの小動物専用のペット用品があります。しかし、この商品のサイズは「幅440×奥行き300×高さ600mm」なので、高さは十分だと思いますが、チンチラを飼育するには横幅と奥行きが若干狭いような印象を受けます。たとえば、デグーやリスなどの飼育には丁度良い広さだと思います。

Sponsored Links

ただし、これは個人的な感想なので、飼い主さんによってはこの広さで十分と感じる方もいらっしゃると思うので、それぞれの判断に委ねます。この商品の生産国は中国ですが、販売元は日本のメーカーです。

チンチラ,大型,ケージ,4階建て,おすすめ

フェレットケージを代用!おすすめは大型ケージ4階建て

【WARE MANUFACTURING】LRSフェレットホーム

この商品は、アメリカで人気のペットメーカー「WARE MANUFACTURING」のフェレット用に作られたケージです。チンチラ専用の4階建て大型ケージはなかなか無いので、フェレットケージで代用する飼い主さんをネット上で見掛けることが多いです。

フェレット用のケージなので、内装を変えてチンチラの生活に合った環境にすることが必要です。たとえば、上の階に行くためのスロープを取り除いて、チンチラが飛び跳ねて移動できるように、足場になるステップを設置してみるなど、いろいろと工夫してみると良いと思います。

Sponsored Links

このケージのサイズは「横813×奥行530×高さ1270mm」でとても広く、キャスター付きなので移動も簡単なのでおすすめです。ただし、海外の商品なので、ケージを組み立る際に曖昧な設計でネジが入りにくかったり、ケージに若干のキズがある可能性も完全には否定できないので、購入後にある程度のメンテナンスをすることは覚悟しておく必要があるかもしれません。

「WARE MANUFACTURING」が手掛けた4階建ての大型ケージは他のデザインの商品もあるので、お好みのケージを探してみるのも良いと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

チンチラが牧草を食べない!チモシーを飽きて捨てる時は?

チンチラはトイレ覚える?しつけよりも置く場所を工夫しよう!

文鳥がジャンプする!上下にぴょんぴょん跳ねる意味は?

ウサギの毛の色が変わるのは換毛期

ハムスターが噛むようになった理由は?噛み癖の直し方を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

チンチラ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール