チンチラの撫で方と撫でる場所!触ると耳をぺたんと畳む場所は?

今回は、チンチラの撫で方と撫でると喜ぶ体の場所について紹介します。チンチラは体のある部分を撫でられると、条件反射的に耳をぺたんと畳むことがあります。普段はぴんと立った大きな耳が、急に垂れた姿はとても可愛いものです。

Sponsored Links

チンチラを撫でると喜ぶ体の場所

チンチラ,撫で方,撫でる場所,耳,ぺたん,畳む,画像1チンチラを撫でると喜ぶ場所は、主にチンチラの頭部とその周辺です。チンチラの頭頂部や耳の後ろ、頬、首周りを優しく撫でてあげると喜びます。

これらの場所は、仲の良いチンチラ同士が、お互いに毛繕いをし合う場所でもあります。チンチラは口を使って、仲の良い相手に毛繕いをしますが、飼い主さんが撫でる時は、チンチラの口の代わりに指先を使って優しく撫でてあげましょう。

チンチラ同士の毛繕いは、コミュニケーション方法のひとつとして行いますが、そもそもチンチラにとって毛繕いは、体毛のお手入れのために行います。

Sponsored Links

チンチラは口や前足を上手に使って、毎日毛繕いをします。しかし、チンチラの頭頂部や耳の後ろ、頬、首周りは、自分の口を使って毛繕いできない場所なので、飼い主さんが毛繕いのお手伝いをするつもりで、優しく撫でてあげると良いでしょう。

これらの撫でる場所は、実は、チンチラの体の中で、毛玉ができやすい場所でもあります。特に、チンチラの頬から首の側面にかけては毛玉ができやすいので、チンチラを撫でながら毛玉ができていないをチェックしてあげると良いと思います。

チンチラの撫で方

チンチラ,撫で方,撫でる場所,耳,ぺたん,畳む,画像2チンチラの体毛は非常に細く毛量が多いので、体毛の表面だけを撫でるだけでは、毛のお手入れになりません。ですから、飼い主さんが撫でてあげる時は、指先を使って優しく掻くような撫で方が良いでしょう。毛の根元の方まで指先を入れて、優しくマッサージをしてあげるつもりで撫でてあげると、毛玉の予防にもなります。

チンチラは、特に頬や首周りを撫でられること好みます。飼い主さんから触れられることに慣れているチンチラは、自ら首を上げて撫でやすいように体を傾けることもあります。

チンチラの耳は、普段は立てて周囲の音を聞いていますが、チンチラの頭頂部を撫でると、耳がぺたんと垂れて畳むような仕草を見せることがあります。

これは、頭を撫でられると気持ち良くて耳を畳むのか、それとも撫でやすいように耳を下げているのか分かりませんが、逃げないところを見るとまんざらでもないのでしょう。

Sponsored Links

チンチラを撫でてあげることは、飼い主さんがチンチラの毛繕いのお手伝いをしていることでもあるので、小動物用のブラシを使って毛のお手入れをしてあげる撫で方でも良いです。

チンチラの中にはブラシを怖がる子もいるので、飼い主さんの手のひらに収まる程度の小さなブラシを使うことがおすすめです。この商品は、ウサギやチンチラ、フェレットなどに使える手のひらサイズのブラシです。‎合成ゴム製の柔らかいブラシなので安心して使えます。

チンチラに使える手のひらサイズのブラシ

ミニアニマン ウサギのビューティーグルーマー

Sponsored Links

おすすめの記事

チンチラの多頭飼い!オス同士とメス同士のケージはどうする?

チンチラの毛並みを良くする毛玉の取り方

文鳥が嘴を擦る!カチカチと鳴らす!オスとメスの嘴音で育む愛情表現とは?

犬とオモチャで引っ張りっこ!遊びなら学ぶ「オスワリ」の教え方

猫の爪とぎの気持ちと理由は?飼い主に爪とぎする・爪とぎ用品を使ってくれない時のしつけ

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

チンチラ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール