チンチラが尻尾を振る理由!暴れるオスは?

チンチラは体のバランスをとるために尻尾を動かすことはあっても、犬や猫のように尻尾を振ることで気持ちを表すことは、あまりありません。しかし、個体によっては尻尾を振るチンチラもいて、あまり見かけない仕草だからこそ、見た時は気になるものです。

チンチラが尻尾を振って、ソワソワして落ち着きがなかったり、室内散歩中に急に走り出したり、またはケージ内で暴れる時などには、発情期であることが理由の1つとして考えられます。

Sponsored Links

チンチラが尻尾を振る・暴れる理由

チンチラの発情期

チンチラ 顔 画像生まれてから5~9ヶ月ほど経ち、成熟したチンチラのメスは、約40日周期(24~45日ほど)で発情期が訪れます。それに伴いチンチラのオスにも発情期が訪れ、1ヶ月のうち数日間はソワソワして落ち着きのない時があります。

チンチラのメスの発情期は、一見して行動からは分かりにくいですが、チンチラのオスの発情期は、落ち着きのない行動ですぐ分かります。いつもは大人しい性格のオスでも、発情期になるとケージ内を暴れるように飛び跳ねて移動したり、食器をひっくり返したり、ケージから出してあげると急に走り出したりすることもあります。

また、チンチラの繁殖には、メスは身体的な準備がありますが、オスにはその期間がないので、ソワソワと落ち着きのない期間の長さは、とても個体差があります。

Sponsored Links

チンチラが尻尾を振るのは嬉しい時とは限らない

チンチラが尻尾を振る理由については個体差があるので一概に言えませんが、チンチラが尻尾を振る時は、犬が尻尾を振ってる時のように、嬉しい気持ちや楽しい気持ちを表しているわけではないことが多いです。

自然界でのチンチラは、猛禽類などに狙われる弱い動物です。常に周囲の様子を伺って安全であるか確認しながら暮らしています。チンチラがじっと動かずに周囲の音や臭いを確認している姿を見ることがあります。

このような時に尻尾だけ動いていることは、天敵に見付かる恐れがあるので、あり得ないわけです。それでもチンチラが尻尾を振る理由は、どうしても落ち着いていられない気持ちの表れであることが考えられます。

Sponsored Links

発情期のオスのチンチラが尻尾を振ることがある

そもそも、チンチラが尻尾を振ることはあまりないことですが、発情期のオスのチンチラが尻尾を振ることがあります。ソワソワした気持ちや軽い苛立ちから、どうしても落ち着いていられなくて、尻尾を振る仕草を見せることがあります。

このような時には、無理に触ったり抱っこしたりせずに、チンチラの気分が晴れるようなものを与えてあげると良いでしょう。たとえば、噛みごたえのあるオヤツを与えたり、回し車を設置したり、チンチラがかじっても大丈夫なクッションやぬいぐるみ、かじり木などを与えたりして、ストレスを発散させてあげましょう。

また、チンチラが嬉しい時は、仕草よりも鳴き声で表すことが多いです。チンチラの鳴き声の意味について書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

チンチラの鳴き声の種類と意味(キュー・プー・クックッ・ワンワン・ギャーギャー)不満な時の大きい鳴き声は?
今回はチンチラの鳴き声の種類と意味について紹介します。チンチラは頻繁に鳴く動物ではありませんが、寂しい時や不満がある時など自分の気持ちを表すために「キュー・プー・クックッ・ギャーギャー」と様々な鳴き声を出すことがあります。時には、まるで...

Sponsored Links

おすすめの記事

チンチラがケージを噛む理由と対策

チンチラの砂浴び対策!砂が舞う悩みには飛び散りにくい容器がおすすめ!

モルモットの毛が長い種類

デグーとハムスターの違い(寿命・食事など)

ウサギが急に走る突然暴れる理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

チンチラ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール