フクロモモンガを撫でると喜ぶ場所は?慣れるまでは段階的に!

フクロモモンガは、とても警戒心が強い動物なので、まだ人間に慣れていない場合は、なかなか体を撫でさせてくれない子が多いです。嫌がるフクロモモンガを無理に触るのではなく、慣れるまでは段階的に接することが大切です。

もともとフクロモモンガは仲間同士で体を寄せ合って暮らす動物なので、人間への警戒心さえ無くなれば、触れ合うことで安心感を抱くようになります。フクロモモンガが心を許してくれた時に、どこを撫でると喜んでくれるのか。今回は、フクロモモンガを撫でると喜ぶ場所について紹介します。

Sponsored Links

フクロモモンガを撫でると喜ぶ場所

・顎の下
・耳の後ろ
・頬
・頭頂部から背中にかけて

以上がフクロモモンガを撫でると喜ぶ場所になります。個体差はありますが、主に頭部やその周辺を優しく撫でると喜んでくれる子が多いです。

フクロモモンガ,撫でる場所,慣れるまで,手フクロモモンガは、頭部と胸部に臭腺があり、その部分をこすりつけることで臭い付けをします。臭い付けは縄張りの主張や仲間同士のスキンシップの際に行われます。フクロモモンガ同士で頭部や胸部をこすりつけてコミュニケーションをとることがあるので、飼い主さんが撫でる場所もこの部分が良いとされています。

特に、フクロモモンガの「顎の下」「耳の後ろ」「頬」などを、優しく撫でると気持ち良さそうな表情になって、喜んでくれることが多いです。また、「頭頂部から背中にかけて」優しくマッサージしてあげると、うっとりとした表情でリラックスしてくれる子もいます。

フクロモモンガの性格は個体差があるので、撫でると喜ぶ場所もその子によって微妙に違うことがあります。フクロモモンガの体に優しく触れながら、その子が喜ぶ場所を探ってみましょう。

Sponsored Links

慣れるまでは段階的に

フクロモモンガ,撫でる場所,慣れるまでそもそもフクロモモンガがまだ慣れていなくて、体を触らせてくれないという場合は、たとえフクロモモンガを撫でると喜ぶ場所でも嫌がります。まずは、フクロモモンガの体に触れることを許してもらえるように、慣れるまでは段階的に接することが大切です。

フクロモモンガをお迎えしたばかりの頃は、まずは環境に慣れてもらうことを最優先にします。できるだけフクロモモンガに干渉せずに、新しいケージや部屋の環境に慣れるのをそっと見守ります。この時期に無理にフクロモモンガの体に触れて警戒心を強めてしまうと、その後なかなか慣れなてくれないということがあるので注意が必要です。

フクロモモンガをお迎えしてから1週間ほど経ち、環境に慣れてきたら、次は飼い主さんの手から食べ物を与えて、人間の手は怖くないものだと認識させます。最初は手から直接食べ物を与えることは難しいので、スポイトにミルクやゼリーを含ませて与えると良いでしょう。

Sponsored Links

毎日スポイトから与えていると、次第に警戒心が薄れてきます。フクロモモンガが飼い主さんの手は怖いものではなく、美味しい食べ物を与えてくれる良いものだと認識してきたら、スポイトで与えながら、ゆっくりと手をフクロモモンガの体に近づけて軽く触れてみます。

これを毎日繰り返し行うことで、徐々にお互いの距離を近づけていき、最終的には、フクロモモンガを撫でると喜ぶ場所の「顎の下」「耳の後ろ」「頬」「頭頂部から背中にかけて」などを触れることができるようにしていきます。

Sponsored Links

おすすめの記事

フクロモモンガのベビーにミルクはいつまで?餌はいつから与えればいいの?

フクロモモンガの鳴き声の種類と意味(シューシュー・ワンワン・カチカチ・キュッ)威嚇を表す鳴き方は?

ハムスターが寝床を変える!寝床で寝ないで狭いところで寝る理由

チンチラの大型ケージ4階建て!おすすめはフェレットケージを代用!

ハリネズミの食費はいくら?毎月の餌代は意外とかからない

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フクロモモンガ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール