フクロモモンガのベビーにミルクはいつまで?餌はいつから与えればいいの?

今回は、フクロモモンガのベビーに与える食事についてです。ミルクはいつまで与えればいいのか、または、餌のペレットはいつから与えればいいのかなど、ベビー期の飼育方法を紹介します。

Sponsored Links

フクロモモンガのベビーにミルクはいつまで与えればいいの?

フクロモモンガのベビーの飼育において、毎日ミルクを与えることはとても重要です。基本的には1日3回与えるます。昼間は働いている飼い主さんの場合は、1回目は仕事に行く前の朝にミルクを与え、2回目は仕事から帰宅した夕方にミルクを与えます。そして、3回目は飼い主さんが寝る前の深夜にミルクを与えるという1日のサイクルを繰り返します。

フクロモモンガの飼育方法は、まだまだ確率されていないところがが多いため、ベビーにいつまでミルクを与えるのかは、飼い主さんによって異なります。ベビー期からヤング期に変わった時点でミルクを与えなくする方もいらっしゃいますし、フクロモモンガが成熟してからも、おやつとしてミルクを与えるという場合もあります。

また、人によってはフクロモモンガのベビー期は、ミルク離れをしたらヤング期に入るという考え方もあるようです。ですから、ここではフクロモモンガが成熟するまでの期間についても紹介します。

Sponsored Links

フクロモモンガが成熟するまでの期間

ベビー期・・・脱嚢後2~4ヶ月頃
ヤング期・・・脱嚢後6~10ヶ月頃
成体・・・1歳で成熟する

フクロモモンガのベビー期やヤング期などの期間は、脱嚢後からの期間で示します。脱嚢とは、フクロモモンガのお母さんのお腹にある袋から赤ちゃんが出たことを言います。

フクロモモンガなどの有袋類のメスの腹部には、出産後のまだ未熟な赤ちゃんを育てるための袋があります。この袋を育児嚢と言い、ある程度成長した赤ちゃんがここから出ることを脱嚢と言います。フクロモモンガの赤ちゃんは、出産後およそ60日で脱嚢すると言われています。

一般的にフクロモモンガの成長は、ベビー期が脱嚢後2~4ヶ月頃で、ヤング期が脱嚢後6~10ヶ月頃です。そして、1歳を過ぎたら成体になります。

仮にベビー期からヤング期の移行をミルク離れをしたことで区切るとするならば、脱嚢後4~6ヶ月頃がミルクを与えるのを止める時期になります。フクロモモンガの成長速度は個体差があるので、一概には言えませんが、ミルクから餌のペレットに切り替える時期の目安にはなるのではないでしょうか。

ただしミルクは栄養面で優れているので、成熟したフクロモモンガに与えても問題はありません。むしろ、ヤング期や成体期に入っても餌のペレットを食べないことの方が問題です。

Sponsored Links

フクロモモンガのベビーに餌(ペレット)はいつから与えればいいの?

フクロモモンガのベビーの飼育は、ミルクのみで育てても問題はありませんが、早いうちからペレットに慣らしておくことも大切です。ベビー期のうちから置き餌としてペレットを与えておきましょう。

ベビー期のフクロモモンガがペレットを食べる量はとても少ないですが、1日3回ミルクを与えることに加えて、夜にペレットを与えておきます。ベビーでも食べやすいように、ペレットにミルクをかけてふやかしてあげると良いでしょう。傷んだペレットはすぐに回収するようにしてください。

フクロモモンガ専用のペレットは、必要な栄養がバランス良く含まれているので、これからフクロモモンガが成長していくにつれて、とても大切な主食になります。この主食であるペレットを食べずに、嗜好性の高いおやつばかり食べていると、栄養が偏ってしまう恐れがあるので注意が必要です。ですらから、餌を食べる量は少なくても、ベビーのうちからペレットに慣らしておくことが重要です。

Sponsored Links

おすすめの記事

フクロモモンガの夜鳴きの原因と対策!夜中うるさい!鳴き止まない時は?

フクロモモンガの寝る時間帯は?睡眠時間は何時間?

モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

チンチラが牧草を食べない!チモシーを飽きて捨てる時は?

日本でパンダがいる動物園は?全国に何頭いるの?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フクロモモンガ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール