フクロモモンガとモモンガの違い

フクロモモンガは、一般的にモモンガと呼ばれるモモンガ族に属する哺乳類とは違い、腹部に育児用の袋をもった有袋類に分類される動物です。

モモンガ族に属する動物は、ニホンモモンガやアメリカモモンガ、タイリクモモンガなどがいますが、今回はアメリカモモンガの生態を例に挙げて、フクロモモンガとの違いを紹介します。

Sponsored Links

フクロモモンガとモモンガの違い

フクロモモンガ

フクロモモンガ,モモンガ,違い 画像1

双前歯目-フクロモモンガ科-フクロモモンガ属
メスには育児用の袋がある有袋類(カンガルーの仲間)
オーストラリア北部・南部・東部、タスマニア島、インドネシア、パプアニューギニアなどに生息する
毛色はグレーに黒の縞模様が特徴
食性は草食傾向が強い雑食(アカシアやユーカリの樹液、果実、花粉、昆虫)

アメリカモモンガ

フクロモモンガ,モモンガ,違い 画像2

げっ歯目-リス科-アメリカモモンガ属
育児用の袋がない哺乳類(リスの仲間)
アメリカ東部、カナダ南東部、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラスなどに生息
毛色は主に茶色で腹部がクリーム色
食性は草食傾向が強い雑食(木の実、果実、樹皮、花、昆虫)

Sponsored Links

フクロモモンガはカンガルーの仲間、アメリカモモンガはリスの仲間

フクロモモンガとアメリカモモンガは、いずれも体長20cmほどの小型の動物で、木々の間を飛行して移動するための「皮膜」をもっていることなど、共通する特徴が見られますが、分類上に大きな違いがあります。

フクロモモンガは、双前歯目-フクロモモンガ科-フクロモモンガ属に分類される動物で、カンガルーやコアラ、ウォンバットなどの仲間です。双前歯目は、主にオーストラリアに生息する有袋類が多いです。

フクロモモンガの生息地は、オーストリアの北部・南部・東部、タスマニア島まで広く分布していて、その他にもインドネシアやパプアニューギニアで生息が確認されています。

フクロモモンガのメスは、腹部に「育児嚢(いくじのう)」と呼ばれる育児用の袋をもっていて、この中でまだ未熟な子供を育てるのが特徴です。

一方、アメリカモモンガは、げっ歯目-リス科-アメリカモモンガ属に分類される動物で、リスやネズミの仲間です。ですから、育児用の袋はありません。

アメリカモモンガは、その名の通り主にアメリカ東部に生息しています。その他にも、アメリカとの国境付近のカナダ南東部や、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラスなどで生息が確認されています。

Sponsored Links

フクロモモンガは縞模様の毛色が特徴

フクロモモンガとアメリカモモンガは、それぞれの毛色に違いがあります。フクロモモンガの毛色は、グレーに黒の縞模様があるのが特徴です。鼻筋から頭の上、背中にかけて、黒いラインがはいっています。

一方、アメリカモモンガは頭部から背中にかけての毛色は茶色です。腹部の毛色は、フクロモモンガとアメリカモモンガのどちらともクリーム色です。

近年、フクロモモンガはペットとして人気が高まり、ブリーディングが盛んに行われて、毛色のカラーバリエーションが増えています。なかには、黒の縞模様が少なく、ほとんどの毛がクリーム色の個体もいます。

食性の違い

フクロモモンガとアメリカモモンガは、それぞれが生息する地域は違いますが、どちらも森林地帯で暮らす動物です。そのため、食性は果実や花などを食べる草食性の傾向が強く、時には昆虫なども食べる雑食性の動物です。

フクロモモンガは、アカシアやユーカリの多い森林地帯に生息しているので、アカシアやユーカリの樹液を飲んだり、花粉を食べることがあります。そして、アメリカモモンガはリスの仲間なので、植物の種子を食べることがあります。

Sponsored Links

おすすめの記事

フクロモモンガが噛む理由と対策!痛い噛み癖の対処法

フクロモモンガの爪切り方法と頻度は?爪とぎパーチや爪やすりがおすすめ!

ハリネズミの温度管理方法(夏・冬)湿度が高いと…

モルモットを撫でると喜ぶところは?良い撫で方でモルモットが鳴く!伸びる!

ウサギが急に走る突然暴れる理由

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

フクロモモンガ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール