ハリネズミの温度管理方法(夏・冬)湿度が高いと…

ハリネズミは、温度が暑過ぎても寒過ぎても、夏眠または冬眠してしまう動物です。ですから、温度管理が重要になります。また、湿度にも敏感で、空気が乾燥していたり湿度が高いと、肌トラブルを引き起こすことがあるので注意が必要です。

Sponsored Links

ハリネズミの理想的な温度・湿度

温度:17℃~28℃
湿度:40%

ハリネズミを飼育する時の理想的な温度と湿度は、温度:17℃~28℃、湿度:40%です。これは人間も快適に感じる範囲の温湿度なので、比較的管理しやすいと言えますが、四六時中この温湿度を維持するとなると大変なことです。

特に夏と冬の時期はエアコンをつけっぱなしにしないと、この理想的な温湿度を保つことは困難です。温度の調節はエアコンやペット用のヒーターを使用して管理します。湿度管理の方法は、エアコンの除湿運転や、除湿器、加湿器などを利用してコントロールします。

ハリネズミは、夏に温度が高過ぎても夏眠してしまい、冬に温度が低過ぎても冬眠してしまいます。ハリネズミ、リス、ハムスターなどの飼育では、夏眠・冬眠はさせない方が良いです。

Sponsored Links

ハリネズミを夏眠・冬眠させてはいけない理由

クマやリス、ハムスターなどの冬眠をする動物は、冬の厳しい寒さで体力を消耗することを避けるために冬眠します。ハリネズミも同様に、夏の暑さや冬の寒さによって体力の消耗を避けるために眠ります。

一見、ペットのハリネズミも寒い時は冬眠させた方が良いように思えますが、実は冬眠した動物よりも冬眠していない動物の方が寿命が長いと言われています。冬眠は生き抜く術とはいえ、体に負担をかけることでもあるのです。

また、長期間、眠ることによって生活のリズムの変化から体調を崩すこともあるので、ペットのハリネズミは夏眠・冬眠させてはいけません。

ハリネズミの温度・湿度管理方法

夏の温度・湿度管理

夏場の温度・湿度管理は、基本的にはエアコンで適した温湿度をコントロールします。日本の夏は高温多湿になるので、エアコンは除湿運転を使うと良いでしょう。ただし、エアコンの除湿運転だけで、室内の湿度を40%にすることは困難です。

その場合は洗濯物の部屋干しでも使う除湿器を補助的に使用すると効果的です。意外と夏場の湿度管理を怠りがちなので、しっかり気を配ってあげましょう。

室内の温度がなかなか冷えないからと言って、エアコンの風をハリネズミが入っているケージに直接当てることはNGです。ハリネズミが体調を崩す原因になるので絶対にやってはいけません。

湿度が高いと…

ハリネズミは全身ハリだらけのワイルドな見た目に反して、実は敏感肌です。夏場や梅雨時などに湿度が高いと、肌トラブルを起こすことがあります。できる限り、湿度40%に近い状態で飼育するように心掛けましょう。

Sponsored Links

冬の温度・湿度管理

ハリネズミが快適に暮らすことができる理想的な温度は17℃~28℃です。日本の冬は、0℃を下回る地域があるほど、厳しい寒さになるので暖房は必須です。エアコンの暖房を利用して部屋全体を暖めるのが基本ですが、重要なことはハリネズミが暮らしているケージ内の温度なので、ペット用のパネルヒーターを使って適温まで暖めます。ヒーターはケージの下に敷くタイプと、ケージの上に設置するタイプがあるので、これらを両方使うと効果的です。

下部用ヒーター

みどり商会 ピタリ適温プラス 2号

上部用ヒーター

みどり商会 暖突 M

冬は乾燥に要注意

ハリネズミは梅雨時に湿度が高いと肌トラブルを起こすということすでに述べましたが、敏感肌ゆえに冬場の乾燥でも肌トラブルを引き起こすことがあります。

ヒーターを使用すると、ケージ内の湿度が極端に低くなることがあります。空気が乾燥するとカサカサ肌になって、ハリネズミが体を掻き始めることがあるので注意が必要です。

ハリネズミに適した湿度を保つためには、ケージの近くに加湿器を置くと効果的です。加湿器の代わりに濡れタオルを置くという方法もありますが、ケージにヒーターを使っているので、すぐ乾いてしまうので、加湿器を使う方が良いかと思います。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミのエサの量と食事回数!キャットフードで代用していいの?

ハリネズミが懐かない原因!可愛くないと思う前に知るべき事

ハリネズミの鳴き声の種類と意味(キーキー・キューキュー・クックッ・グルグル)鼻や喉を鳴らす時の気持ちは?

デグーがケージを噛む理由とかじり癖対策

モルモットとハムスターの違い(寿命・食事など)

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール