ハリネズミの床材おすすめはコレ!紙や広葉樹を食べるのが心配な時は?

ハリネズミの飼育において使用される床材は様々なものがあります。ペットシーツや新聞紙、広葉樹のチップ、クルミの殻、トウモロコシの穂軸など、いろいろあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまう飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ハリネズミの床材選びのポイントは、「吸収性」「安全面」「コスパ」の3つです。特に安全面には注意が必要です。万が一ハリネズミが床材を食べることがあっても、心配が少ない床材をおすすめしたいです。

Sponsored Links

ペットシーツのみでは床材の意味がない

ペットシーツはポリマーと呼ばれる吸収性に優れた素材が中に入っているので、ペットがオシッコしてもしっかり吸い取ってくれます。他の動物のトイレ用には良いのですが、ハリネズミはモグラの仲間なので掘るのが大好きな動物です。

ハリネズミがペットシーツの下に潜り込んだり、ペットシーツを爪で引っ掻いてボロボロにしてしまったりして、結局は床材として機能していないことが多いです。また、ペットシーツの中に消臭剤が入っていた場合は、ハリネズミが誤って食べることがあれば安全面においても心配です。

このような事態を懸念して、ペットシーツの上に広葉樹チップを敷き詰める方法もありますが、2種類の床材を使用しているので、コスパ的にあまり良いものではありません。

Sponsored Links

広葉樹チップは木屑が舞いやすい

広葉樹チップは吸収性に優れた素材ですが、床材に使うと細かい木屑が舞い上がって、ハリネズミにとってあまり良くないことが起こることがあるので、あまりおすすめできないです。たとえば、ハリネズミが細かい木屑を吸い込んでしまうと、鼻水が止まらなくなってしまうことがあります。また、目に入った木屑を前足で取ろうして傷付けてしまうこともあります。

一般的に針葉樹チップよりは広葉樹チップの方が良いとされていますが、どうしても木材をハリネズミの床材として使いたいという場合は、木材チップよりも木質ペレットの方が良いように思えます。

木質ペレットとは、木屑を高圧で固めてペレット状に切ったものです。木質ペレットはチップと比べて木屑が舞いにくく、オシッコを吸うと粉々になるのが特徴です。

Sponsored Links

ハリネズミが古紙や新聞紙を食べるのが心配

ハリネズミの床材に新聞紙を使用することもありますが、印刷に使用したインクはハリネズミにとって良いものではないので、万が一誤飲してしまうのが心配です。また、新聞紙を床に敷いただけでは、吸収性の低いです。

ハリネズミの床材用に、古紙を高圧で固めて細かく切ったペット用品も販売されていますが、見た目が黒いことからインクの心配は拭えない。ただし、古紙を高圧で固めているので、吸収性やコスパの面から考えると悪くはないように思えます。

ハリネズミの床材おすすめはコレ!

コーンサンド

【セット販売】CASA ハリネズミのコーンサンド 5L×3コ


コーンサンドは、トウモロコシの穂軸を細かく切った床材です。コーンサンドは吸収性が高く、天然素材なのでハリネズミが誤飲しても心配は少ないです。この商品の値段は他メーカーの古紙の床材よりも少し高いですが、安全面から考えてコーンサンドの方がおすすめです。セット販売で通常より安く購入しておくと良いかと思います。

クルミリター

はりねずみんみん共和国 オリジナルくるみリター5L kurumilitter


クルミリターは、クルミの殻を細かくした床材です。各メーカーで値段は異なりますが、コーンサンドよりもやや高額な場合が多いです。ただし、クルミリターは吸収性が高く、粉っぽくなりにくいので床材として使いやすいです。クルミの床材は、ハリネズミだけではなく、主に爬虫類の床材としても人気です。もちろんクルミは天然素材なので、ハリネズミが誤って食べることがあっても心配は少ないです。

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミに部屋んぽは必要なの?時間はどのくらい?

ハリネズミが砂浴びしない!砂を食べる場合は誤飲OKな素材を使用!

ハシビロコウがいる動物園一覧!日本に何羽いるの?

フトアゴヒゲトカゲの顎が膨らむ・体を膨らませる理由

フクロモモンガの餌代はいくら?毎月の食費の目安を紹介!

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール