ハリネズミに部屋んぽは必要なの?時間はどのくらい?

ペットをケージから出して部屋の中を散歩させる、通称「部屋んぽ」は、小動物を飼育されている飼い主さんの間ではお馴染みの飼育方法になりますが、果たしてハリネズミの飼育において本当に部屋んぽは必要なのでしょうか。また、ハリネズミを部屋んぽさせる時間はどのくらいが目安なのでしょうか。今回は、ハリネズミの部屋んぽの必要性と時間の目安について紹介します。

Sponsored Links

ハリネズミに部屋んぽは必要なの?

あくまで個人的な意見ではありますが、ハリネズミを部屋んぽさせることは、飼い主さんとのコミュニケーションの時間なので、仲良くなるためには有意義な時間になると思いますが、必ず必要というわけではないように思えます。

たとえば、チンチラやデグーなど、活発に動く小動物は、ケージから出してあげると飛び跳ねたり、走り回ったりして、広いスペースを存分に楽しみます。ところが、ハリネズミを部屋んぽさせてみると、周囲のにおいを確認しながら、恐る恐るゆっくりと歩き回ります。

このような反応の違いは、ハリネズミはあまり目がよくないので、嗅覚を頼りに行動する動物であるからです。目はぼんやりと白黒で見えていると言われています。ハリネズミは名前に「ネズミ」と付いていますが、実はモグラの仲間です。チンチラやデグーは活発に走り回るネズミの仲間で、ハリネズミとは根本的に違うわけです。

Sponsored Links

ハリネズミを部屋んぽさせようと広いスペースに出してあげても、走ることはほとんどありません。太り過ぎのハリネズミを運動させようとして、部屋んぽさせるのであれば、むしろ餌の量をコントロールした方が良さそうです。

ハリネズミを大きめのケージで飼育している場合は、そこまで部屋んぽが重要ではないように思えますが、野生のハリネズミは食べ物を求めて歩き回ることがあるので、全く部屋んぽが必要ないとは言い切れない。部屋んぽすることが、飼い主さんとハリネズミのお互いに負担がないものであれば良いと思います。

Sponsored Links

ハリネズミの部屋んぽの時間はどのくらい?

ハリネズミは夜行性の動物で、最も活発に行動する時間帯は深夜0時から3時頃です。その他の時間帯は眠そうにウトウトしているか、昼間は寝床に入って出てこないことが多いです。ですから、ハリネズミを部屋んぽさせるとなると、必然的に深夜の時間帯になります。

昼間は仕事をしている飼い主さんにとっては、深夜の時間帯にハリネズミを長時間部屋んぽさせることは大変なことです。お互いの負担のないように、部屋んぽは長くても30分程度で十分だと思います。

たとえば、チンチラやデグーであれば、毎日部屋んぽさせないとケージ内で暴れたり、ケージを噛んだりして、早くケージから出してくれとアピールしてきます。しかし、ハリネズミの場合はそのようなことはほとんどないので、飼い主さんが深夜に相手をしてあげられる時に、ハリネズミを部屋んぽさせてあげると良いでしょう。ハリネズミを部屋んぽさせる時は、サークルで囲いをして危険のない空間で行うようにしましょう。

ハリネズミはトコトコと歩き回ることはありますが、全力で走ることはほとんどありません。このような動物の飼育において、回し車の設置は必要なのかということについて書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

ハリネズミが回し車を回さないけど必要あるの?回し車なしの飼育は?
ハリネズミの飼育で、ケージ内に回し車を設置することがありますが、せっかく回し車を置いてもハリネズミが回し車を回さないということがよくあります。そもそも、ハリネズミの飼育で回し車は本当に必要なのでしょうか。あくまで個人的な考えですが、ハリ...

Sponsored Links

おすすめの記事

ハリネズミの針の生え変わり!針が大量に抜けるのは成長期!?

ハリネズミが水を飲まない!給水器はストロー式よりお皿式がおすすめ!

モルモットが寝る時間帯や睡眠時間は?寝る時は目を開けたまま!?

レオパのキッチンペーパーの交換頻度は?湿度管理はどうする?

デグーの砂浴び容器はボトルでいいの?砂は再利用できる?

【PR】愛犬のお留守番が心配なあなたに

【Furboドッグカメラ】は、スマホと連動して使えるペット用カメラです。外出先からお留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊んだりすることができます。

お留守番している愛犬が吠えるとスマホに自動通知され、家で何が起きているのかを素早く確認することができます。内蔵されたカメラで愛犬の様子を見たり、マイクとスピーカーで愛犬に話しかけることが可能です。

本体内部には、愛犬のお気に入りのおやつを入れることができます。スマホの遠隔操作によって、おやつのドッグフードがポ~ンと飛び出し、離れていても愛犬と遊ぶことができます。使用動画&レビュー公開中>>>心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

【PR】ペットの抜け毛がつきにくくなる洗剤

リモサボン』は、洗濯するだけでペットの抜け毛が衣類につきにくくなる液体洗剤です。衣類についたペットの抜け毛が、なかなか取れない最大の原因は「静電気」です。リモサボンは、衣類の繊維とペットの抜け毛をダブル・コーティングすることで、静電気の発生を抑えて抜け毛を衣類から離れやすくします。

さらには、ペット独特の嫌な臭いに効果を発揮する「チャ乾留液」と「リシノレイン酸亜鉛」が配合されているので、衣類はもちろん、クッションやタオル類などに使うことで臭い対策になります。リモサボンは、中性で無着色・蛍光剤なしのため幅広い素材の衣類にご利用いただけます。>>>リモサボン

【PR】意外と無かった!両面吸収タイプのペットシーツ

プレミアムペットシーツ デオ・ダブル』は、犬猫用では珍しい両面吸収タイプのペットシーツです。両面から吸収できるペットシーツは、ウサギなどの小動物用はよく見かけますが、大きいサイズのものはなかなかありません。

一般的なペットシーツは片面吸収タイプで、裏面はビニールになっているため、ペットのオシッコの量が多かったり、シーツをひっくり返してしまったりすると、オシッコが溢れて床がビチャビチャになってしまうことも…。せっかくシーツの上でオシッコができているのに、これでは全然掃除の手間が減っていない。

プレミアムペットシーツ デオ・ダブルには、吸収ポリマーが通常のペットシーツの2倍以上も使用しているので、オシッコをたっぷり吸収できます。(※ 一般的なペットシーツに含まれるポリマーは5g前後、デオ・ダブルにはポリマーを12gも使用しています。)さらに、両面吸収タイプなので、ペットがシーツをひっくり返してしまっても安心です。>>>片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!

ハリネズミ
\ よろしければシェアお願いします /
リトルテール